キャバクラよりセクキャバの方が指名取りやすいってなぜ?

セクキャバ

「セクキャバ」とは、セクシーキャバクラの略で、首都圏を中心に急速に拡大して来た、性風俗とも、水商売とも言えぬ、新種の業態。

基本はキャバクラ、でも内容は、ライト風俗。
「ライト(軽い)風俗」なんて言い方してしまいましたが、そんな言い方するのは本記事だけです。

要は「ヌキ無しの風俗」ってことです(※)。
(※穢れない女性のために詳しく説明すると、「ヌキ」とは「射精」のことです。)
それ以外は、結構なところまでサービスは行きます。

もちろん、おっぱいモミモミOK。

ベロチュウもGO!

場合によっては、膣クリまでINSERT…(指だけ)。
それでも、セクキャバは、れっきとしたキャバクラ。

基本的に、キャバクラのルールが適用されます。

つまり、ドリンクフリーで時間制だったり、高級あるいは女の子用ドリンクの別オーダーもあったりして、しっかりと水商売しています。

それに加え、キャバクラと同じく、ちゃんと「指名」の制度もあるんですね。
さて、ここで気になる話があります。
「キャバクラより、セクキャバの方が、指名を取りやすい!」
どういうことでしょうか?
もし本当なら、働くキャバ嬢には願ったりかなったり。

指名があった方が、給料がアップしますもんね。
「…でも、なんでライト(軽い)風俗のセクキャバが、指名に直結するの?」
おっしゃる通り。本記事では、この点について考えてみました。

指名の種類。

「指名」と言っても、キャバクラには様々なタイプの指名があります。

ちょっとここで、まとめておきましょう。

場内指名

フリーで来た男性客(※)が、キャバクラ店内に居る女の子を見て、その場で指名することです。

しかし大抵は、偶然ついてくれた女の子との話が盛り上がってしまって、その娘との時間が切れてしまった後も「もっと一緒に居たい!」となり、めでたく成立します。
(※特に「~ちゃんに会いに来た」というのではない、指名をしていない男性客のことです。初回の入店客のほとんどが、このタイプです。時間料金しか見ていませんからね。)

本指名

そのお店に居る特定の女の子を、入店前から指名することです。

店内で、スタッフのサポートもあって得られる場内指名とは違い、女の子の素の力だけで、お店の外から、男性客を引き寄せてくることですから当然、お店側からも高い評価を受けます。

「場外指名」とも呼ばれます。

電話もオーケーでしょうが、今では、お店のホームページ経由で行われることが多いみたいです。

同伴

女の子が出勤する前に、店外でデートして、その後お店に行く、というタイプの指名(の一種)です。

ただし、本指名とは違い、お店側も別料金でちゃっかりカウントしています。

雪崩式に「本指名」にも成ってしまうので、同伴プラス本指名は通常、避けられません。

セクキャバにも3つのタイプの指名はある。

こういった色々な手立て(指名)が使われるのは、普通のキャバクラの場合、極論を言うなら、指名した女の子との「枕」(※)を目指しているからなんですが、セクキャバの場合、その目標がすでに達成されているのではないでしょうか。

だって、お店ですでにセクシープレイ満載ですから。
(※はっきりと言えば、セックスすることです。)
こう考えると、「セクキャバでは指名など、いろいろやらなくてもいいのでは?」という素朴な疑問が生じます。
でも、セクキャバは、あくまでキャバクラの一種です。

しっかりと、場内指名(①)、本指名(②)、同伴(③)があります。

面白いことに、この指名料金に限って言えば、セクキャバの料金設定はフツー(5,000円も用意していれば十分)。

基本の時間料金は、普通のキャバクラよりも、お高めなんですけれどもね(7,000円から10,000円が相場)。

場内指名がカギ!

それにしても、誰がやるんでしょうかね、セクキャバの指名。

店内でほとんどエッチできるのに、なんでわざわざ外で食事とか…そんなの、しらじらしくないですか?
こう考えると、同伴(③)タイプの指名は、爽やかすぎてセクキャバらしくないという感じがします(アフターもやってるセクキャバはあるそうですが、お店によって、異なるみたいです)。
じゃあ、本指名(②)が、セクキャバでのメインなのでしょうか。

でも、それはなんか、完全に「風俗の指名」と一緒じゃないですか?

とくに「セクキャバ固有の指名」と呼ばれるに値しない気がします。
結局、残った場内指名(①)こそが、セクキャバの真のメインです。

まさしくこのタイプの指名において、
「キャバクラより、セクキャバの方が、指名を取りやすい!」
と結論づけられるのです。

その理由を、小見出しを変え、考えてみましょう。

セクキャバにおける場内指名

まず、簡単な事例から考えてみます。
普通のキャバクラに、フリーで入店したとします。

初対面の女の子がつきます。その後、楽しくお話。

…やがて、その娘の接客はタイムアップ。
あなたなら、どうしますか?
その娘への愛着はあるでしょうが、ただのお話ですから特段、お金を払ってまで継続することに躊躇してしまうのではないでしょうか。
それに対して、セクキャバ。

やはりフリーで入店。初対面の女の子がつきます。

しかし、違うのは、ここからです。その娘とライト(軽い)風俗。

「き、気持ち良い…」そう思った矢先に、めざとく男性スタッフからチェンジの要請。
あなたなら、どうしますか?
新しい娘が来たら、またイチからやり直しです。

…これは、継続してしまいますよね。
というわけで、セクキャバでは、場内指名せざるを得ない状況に追い込まれるわけです。

セクキャバにおける場内指名(別バージョン)

もっと、あからさまに男性客を「場内指名せざるを得ない状況」に追い込んでしまうセクキャバもあります。
まず、セクキャバなのに、料金設定がひどく安い。

「これは!」と思って入店。すると、ステージの上でダンサーのように、しかしダンサーほど上手くないダンスで、女の子が戯れています。

すると、即座にサービスタイム!!男性スタッフが煽ります。
「ご指名いただければ、女の子とのセクシータイム!!」
…これは、指名せざるを得ませんよね。

だって、指名しなければ「セクキャバ」に成らないですから。
こうして、やっぱり、男性客は、場内指名せざるを得ない状況に追い込まれるわけです。

結論とまとめ

つまり、セクキャバでは、場内指名が、セクシーサービスとぴーったりくっついているんですね。

このぴったり度は、普通のキャバクラの比ではありません。

だから、指名を取りやすいわけです。
「キャバクラより、セクキャバの方が、指名を取りやすい!」
こう言われるときの「指名」の正体は、他ならない「場内指名」なのです。

これが、本記事での結論になります。
もう一度、振り返ってみましょう。

キャバクラには、場内指名(①)、本指名(②)、同伴(③)、3つのタイプの指名があります。
このうち、セクキャバでの指名を考えると、もし同伴(③)だったら「しらじらしい」。本指名(②)だったら「風俗そのままじゃん」。

ともに、セクキャバらしくない指名であることが分かります。
だから、場内指名(①)だけが、セクキャバらしい使命として残ります。

そして今しがた述べた経緯により、実際、セクキャバを指名生産機にしているのは、まさに「場内指名」、そしてそれにまつわるお店の戦略である、そう了解されるわけです。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

セクキャバ
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました