東京オリンピック決定!風俗に規制かかるかな?稼ぎにくくなる?

風俗全般

2020年に東京オリンピックが決定しました。
これは風俗にどのような影響を与えるのでしょうか?オリンピックのような国際イベントがあるときは公共事業が盛んになる一方で、国はイメージを良くしようと風俗への規制を厳しくする傾向にあります。
どのようなことに注意をしたらよいのかについて紹介します。
すぐに、働けなくなるということはないので、安心してください。

東京オリンピックと風俗

東京オリンピックを行うにむけて、国はイメージの良い国作りを目指しています。
ライフラインを整備したり、ボランティアを養成したり、観光地をアピールしたりする一方で、いわゆるイメージの悪いものを排除しようともしています。
その1つが風俗です。
いままでも国際イベントと風俗の摘発はワンセットでした。
東京オリンピックの開催にあたっても風俗への締め付けは避けられないでしょう。

過去の事例

国際イベントと風俗の締め付けはいつもワンセットです。
過去にはこのような事例があります。
どれも風俗業界にとっては痛手ではありますが、あの手この手で生き残ったり、復活したりしています。

1990年

花の万博と関西国際空港の開港にともない、大阪警察が浄化作戦を開始しました。
条例も改正され、大阪のソープランドは全て閉店してしまいました。
しかし、現在でもミナミは巨大な風俗街です。

2002年

日韓FIFAワールドカップの開催にともない、当時の東京都知事であった石原慎太郎知事は歌舞伎町浄化作戦を行いました。
歌舞伎町から風俗店が減ったかわりに鶯谷に増えました。
さらに当時の横浜市長であった中田宏元横浜市長による黄金町の一斉摘発も行われました。
結果、店舗型が多かった風俗はデリヘルなど派遣型の形態が増えることになりました。

韓国では伝統てきな犬肉を提供するお店が野蛮だと非難され、休業したり、閉店したりしました。

2015年10月

ケネディ国務長官の訪日にともない、米子のソープランドの一時休業しました。
現在は問題なく営業しています。

東京オリンピックも取り締まりは避けられない

東京オリンピックの開催のときにも風俗への風当たりはきつくなるのはさけられないでしょう。
しかし、どの程度の取り締まりの厳しさなのか、条例は改正されるのかなどについてはまだまだ未知数です。
今の段階で、お店も女の子もできることはありません。
しかし、一つ言えるのは、取り締まりは劣悪なお店から優先して行われるということです。

つまり、違法店です。
風俗営業の届出書を出していなかったり、18歳未満や高校生が働いていたり、本番行為を強要していたり、外国人が不法滞在で働いているなどです。

働きやすくなる場合も

風俗店の取り締まりの強化というと働いている側からするとマイナスのイメージばかり浮かんでしまいますが、そうとも言えません。
ポジティブにとらえることもできます。
違法店が排除されることで、安心して働けるようになるかもしれません。
また、お客さんも違法店がなくなるということで、安心して遊びにきてくれるようになったり、本強をしなくなったりするかもしれません。

鬱陶しいキャッチやスカウトがなくなる可能性もあります。

ピンサロとソープは要注意

現在の法律でグレーゾーンなのがピンサロとソープです。
オリンピックに関係なくたびたび摘発は行われています。
摘発されたとしても余程のことがなければ女の子はその日のうちに帰してもらえます。
前科がつくこともありません。

ピンサロの場合

ほとんどのピンサロは風俗店としてではなく、飲食店として届け出を出しています。
しかし、当たり前のように性的サービスを行っています。

ソープ

売春が禁止されている日本において、ソープはマッサージを受けに来たお客さんと女の子がたまたま自由恋愛に陥り、本番をしているということになっています。
自由恋愛という言い訳が今後も通用するかは微妙なところです。
ソープ業界自体にも全盛期のような景気の良さがないので、浄化作戦を乗り越える体力がないかもしれません。

外国人客が増える可能性も

東京オリンピック開催の決定にともない、外国人の観光に力を入れています。
風俗店に遊びにくる外国人も少なくなく、女の子にとっても稼ぐチャンスと言えるかもしれません。
しかし、外国人客ならではの注意点もあります。

遊び方を知らない

良くも悪くも遊び方を知りません。
乱暴なお客さんも多くいます。
一方で、遊び方を知らない故に手抜きもできます。
1回サクッと抜いたら後の時間はダラダラ過ごしたり、バイバイしたりすることも可能です。

病気を持っている可能性もある

NSで遊ぼうとしている外国人のお客さんは要注意です。
どこの国でもおそらくNSでプレイしているので性病を持っている可能性が高いです。
S着でのサービスを心がけましょう。

料金設定はお店による

外国人に対する料金設定はお店によります。
数千円の外国人手当を出してくれるお店もあります。
しかし、言葉がほとんど通じず、乱暴なお客さんに当たってしまうと割に合わないと感じるかもしれません。

フリーと同じバックで相手をさせるお店もあります。
事前にお店に確認をしましょう。

風俗を上がることも視野に

東京オリンピックの開催が風俗店に与える影響は今のところ何度も言えませんが、ある程度違法店の摘発が厳しくなることは否めません。
オリンピックの前後だけ他の地域に出稼ぎをしたり、裏引きをしたりすればやり過ごすこともできるでしょう。
しかし、まだオリンピックの開催までに猶予があります。
これを機に風俗を上がることを視野に入れてもいいかもしれません。

目標の貯金額を設定したり、風俗を辞めた後に働くための勉強をしたり、玉の輿を狙ってみてはどうでしょうか?
国が本気で街を浄化したいと考えている場合、風俗店を力づくで取り締まっているだけではありません。
十分とは言えませんが、風俗嬢のための受け皿も用意しています。

風俗以外の働き口を紹介してくれたり、相談に乗ってくれたりする機関があります。

浄化作戦に関係なく、風俗嬢は年を取れば取るほどハードなサービスを求められ、それをクリアしてもだんだんと稼ぎにくくなります。
いつまでもできるような仕事ではありません。
東京オリンピックを自分の人生を見直すきっかけにしてはいかがでしょうか?

介護の仕事が多い

風俗を上がった女の子の進路として圧倒的に多いのは介護関係です。
この業界は人手不足で、学歴や職歴を問われることなく就きやすい仕事です。
体力的にきつく、お給料も安いイメージのある介護職ですが、やりがいはありますし、実績を積み、資格を取ってステップアップしていくことでお給料はそれなりにあがります。
デスクワークを中心にすることもできます。
多額の借金を背負っているなどの事情がなければ十分に生活をしていくことは可能です。

東京オリンピック開催にともなう風俗への影響は未知数

東京オリンピックの開催にともない、風俗への取り締まりが強化されることが懸念されています。
実際に過去の国際イベントの時にも浄化作戦が行われてきました。
しかし、今現在の時点ではどれくらいの影響があるのかについては分かりません。
とくに、法律上グレーゾーンであったピンサロやソープは摘発されてしまう可能性があります。

一方で、働きやすく遊びやすい街になるかもしれません。

現段階では情報収集をするしか手立てはありませんが、東京オリンピックまでに目標額を稼ぎ、風俗を上がるのを目指すのもおすすめです。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました