下関のデリヘルは稼げますか?小倉の風俗のほうがバックがよい?

デリヘル・ホテヘル

下関でデリヘルで働きたいと思っている女性の中には、下関よりも北九州エリアの小倉などで働く方が稼げるんじゃないか?という疑問を抱かれている方が多いものです。
ここでは、下関の風俗事情などを中心に、下関デリヘルで十分に稼ぐことが出来るのか。
また下関ではなく、小倉などの北九州エリアに出稼ぎに行く方が得なのかといった点を紹介していきましょう。

下関の特徴

4.0.1 JP

下関といえば、四方を海に囲まれた日本という国の中で重要な役割を担ってきた歴史があります。
主に会場貿易の拠点して栄え、日本人のみならず外国人も多く利用していた土地になります。
多くの人が集まる場所には歴史上「遊郭」が存在していたものですが、下関も例外にもれず遊郭が存在していました。
しかも下関という小さなエリアの中に5箇所もの遊郭が存在していたという記録が残っています。
場所は新地、豊前田、稲荷町、福浦、南風泊にあったとされ、昭和の時代に変わると赤線地帯や青線地帯へと変化し、風俗街へと移り変わってきたのです。
現在で有名な風俗街といえば、まるは通りの風俗街です。
ソープランドが10軒前後にハコヘル店が5店舗前後。
その他は飲食系のニュアンスが強いセクキャバなどが存在しています。

下関の風俗事情


下関の風俗事情はどのようになっているのでしょうか。
前述にも触れたように下関は古くから色街があり、変化をしてハコモノ店が存在している全国的にも貴重な風俗エリアになります。

下関のデリヘル事情

下関のデリヘルは地元民が主に利用しているという特徴があります。
実は距離が近いことから北九州の小倉などからも派遣が可能というエリアになります。
チェーン展開している大手では60分のプレイ時間は1万6,000円前後になっていますが、個人経営などの場合には60分1万円以下に設定されているところが多く、高くても1万2,000円前後のコストで利用できるようになっています。

下関のソープ事情

一方で歴史が古く、以前から栄えていたソープ店は全国的にも有名であり、好調です。
新規顧客獲得のためのキャンペーンなどが充実しており、50分1万7,000円という激安なコストで遊ぶことが可能になっているところもあります。
予約必須なことで有名であり、予約を入れないと1時間待ちは当たり前というほど盛況です。
ネットで事前にチェックし、予約を入れて遊ぶべきソープ街として全国の風俗マニアには知れ渡っています。
ベッドコースとマットプレイを選ばせるようなシステムのソープも存在しており、コストの安さに対して、女の子の負担が掛からないような工夫も見られます。

下関のハコモノ風俗事情

その他のハコモノ店はどのような状況になっているのでしょうか。
まずはファッションヘルスですが、マット専門店や3Pなどが可能なヘルスなどバリエーションは豊富。
しかも30分からのショートコースまで用意されています。
30分の相場は9,000円から1万円。
下関には特殊な風営法があり、その影響でプレイブースの広さが制限をされているという特徴があり、2店舗が1つのブースを共同で使用しているという全国的にも珍しい営業スタイルを採用しています。
ピンサロは一店舗も存在しておらず、セクキャバは「オッパブ」や「ランジェリーパブ」などと呼ばれています。
コストは40分4,000円から5,000円が相場になっており、ピンク的なサービスは控えめという特徴があります。
ガールズバーも全国的に増えており、下関でも急増中です。
しかしながら、セクキャバですらピンクサービスは控えめですから、下関のガールズバーでピンク的なサービスはほぼ期待できないという状況です。

下関のデリヘルは稼げるのか?


下関のデリヘルは稼ぐことが出来るのかという疑問ですが、ある程度に容姿に自信があれば、すぐにでもお店のナンバークラスになれる可能性が高いです。
下関在住で風俗遊びをしている男性の多くは、「若くてカワイイ子が多い」という理由から、小倉などの北九州エリアの風俗店に通っていることが多いからです。
小倉ではヘルス店でもソープコースなどが設けられており、デリヘルに関しても本番行為を当たり前に行っているようなところも存在しています。
その上で料金コストが中洲などのソープよりもはるかに安く設定されていることから、下関の風俗マニアは小倉まで出張するというスタイルを取っているようです。
実際に小倉で働いている風俗嬢の多くが下関からの出稼ぎ嬢であるということもよくある話としてネットの掲示板などで有名です。

ハコで働くよりもデリヘルがおすすめの声

下関は早い時間帯でほとんどのお店が閉まることが多く、実際に街にも人があまり出ていないという状況です。
このため派遣エリアを北九州までに広げているデリヘルがほとんど。
こういった事情からハコモノ風俗店で働くよりも、デリヘルの方が圧倒的に稼げるという声が多いのが掲示板などの情報からは読み取れます。
下関の若い女の子は福岡に流れてしまっているため、あまり期待できないというのが地元の風俗マニアの常識ともなっていますから、容姿に自信があればあっという間に噂が広がり、売れっ子になれる可能性は高いでしょう
北九州までをターゲットに含めているデリヘルなら、下関のお客さんはもちろん、北九州のお客さんも指名客に出来るチャンスがあるので、やはりハコモノ店よりもデリヘルをチョイスすべきでしょう。

下関デリヘルの注意点

下関で風俗を始めるなら、デリヘルがおすすめという声が圧倒的に多いです。
しかし下関のデリヘルで働くことを決める前に気をつけるべき注意点があります。
それは「自走」を強要されるお店であるかどうかという点。
自走とは文字の意味からすると、他に頼ることなく自身の動力を使って走るということです。
風俗業界ではデリヘルなどの派遣系業種のみで使われる専門用語ですが、いわゆるお客さんから呼び出されたホテルなり自宅なりに、ドライバーなどは使えず電車やバス、マイカーなどを使って自力で行くことになります。
派遣エリアを広く設定しており、更にドライバーを多く抱えられていないデリヘルが使う方法ですが、下関のデリヘルは自走を求めることも多いです。
こういった特徴がありますから、マイカーを持っていない女性にとっては、厳しい環境と言わざるを得ません。
またドライバーの存在はデリヘルにとってはボディーガード的な役割も果たしてくれます。
お客との間にトラブルがあった場合、それを自身で解決することも求められるということです。
ですから事前に自走を求められるデリヘル店であるのかどうかを確認しておきましょう。

下関デリヘル選びのコツ


ここまで見てきて分かる通り、ある程度の容姿やサービスレベルがあれば、わざわざライバルが多くハードサービスが当たり前という小倉などの北九州エリアに出稼ぎに行かなくても、下関で十分に稼ぐことが可能です。
ターゲットも地元民のみならず北九州まで派遣範囲を広げているデリヘルであれば、夜が弱いという下関の夜間帯でも満足できる報酬を得られるはずです。
ただし自走を当たり前に求められるデリヘル店も存在しているので、それが可能であるかどうか。
また嫌なのであれば、女性に対しての給料以外の待遇面に優れているのかどうかを事前に確認しましょう。
もしもドライバーがついたとしても、「経費」を要求されるのか否かまで在籍すると決定する前にしっかりとリサーチすべきです。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

デリヘル・ホテヘル
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました