大分の風俗で働くなら地元客より観光客が狙い目

風俗全般

大分は観光地だからこそ、出稼ぎ候補に考えている子も多いでしょう。
働くついでに温泉でリフレッシュできたら最高ですよね!
でも大分の客層は悪いと有名…。
少し躊躇してしまう子も多いでしょう。
大分の風俗は地元客の評判がめっちゃ悪いのはなぜ!?やっぱり県民性が原因なの!?
でも観光地だから県外のお客さんもきっと多いだろうし、それに期待しても大丈夫!?
そんな疑問にお答えするべく、大分の風俗と風俗客の特徴をまとめました。
大分風俗で働く前に是非読んでいただきたいと思います。

大分の風俗の特徴

大分の風俗は大分県全域に派遣されるデリヘルと都町のピンサロ、別府のソープやヘルスがあります。
別府は日本一の温泉観光地。
大分の風俗にとっては大切なお客様です。
観光や出張など様々な理由で大分に足を運ぶ人がいます。
地元のお客様はもちろん、県外からのお客様も多いです。
そのため大分の風俗は栄えていると言われ、あちらこちらにラブホテルが有り、デリヘルの店舗数もかなり多いです。
いわゆる激戦区ですね。
大分の風俗は比較的安めな料金設定です。
ソープは70分22000円が相場。
デリヘルは60分5000円という激安店もあるほどで、14000〜16000円が相場です。
これは都内の大衆店と同じくらいですね。
でも大分の風俗は安いと言われます。
これには「大分式」というサービスが含まれているからです。
しかも安いくせにアナルファックや即しゃくが基本プレイのお店も有り、基本プレイがかなり充実しているのが大分風俗の特徴の1つ。
大分の女性は家庭的で男性を立てる事の出来ると言われています。
性サービスの世界でも、いい女の県民性は健在なのかもしれません。

大分式って何?

先ほど「大分式」と言いましたが、どんなサービスなのでしょうか。
大分風俗を調べると大分式の他に「コミコミ」という表現も良く見かけます。
何が込まれているかと言うと…ズバリ本番ですね。
追加料金一切無しで本番が出来ちゃうシステムです。
大分式という言葉があるほどですから、大分の風俗は大分式が盛んなのでしょう。
大分のデリヘル相場が14000円〜で本番込みだとしたら間違いなく激安です。
大分風俗は安いと言われるのも納得ですね。
大分の風俗で働きたい女の子は、そのお店が大分式かどうかを事前にリサーチする必要があります。
他県からの出稼ぎの子なんて特に注意が必要でしょう。
大分式のサービスをやってバックが1万円以下だとしたら…他県で働いた方が稼げます。
これを納得した上で、お仕事をするようにしましょう。

大分県はブルーカラーが多い

大分県はホワイトカラーよりもブルーカラーが多いと言われています。
そもそもホワイトとかブルーとかの意味が分からない人のために説明しておきますね。
仕事内容や働き方を区別するための言葉です。
ホワイトカラーはスーツにネクタイ、ワイシャツを着てオフィスで仕事をする人のこと。
いわゆるサラリーマンですね。
ブルーカラーは作業着を着て工場などで働く人です。
偏見かもしれませんが、ホワイトカラーの男性の方が紳士的で知的。
ブルーカラーは肉体労働が故に汗臭く、ガサツで安月給なイメージです。
あくまでイメージですよ。
でも「土方が多い、サラリーマンがいい」という大分の風俗嬢の口コミがあるように、やはり女の子はブルーカラーよりホワイトカラーの方が嬉しい傾向にあるのは事実でしょう。
ちなみにブルーカラーは単純作業で誰でも出来る仕事と見られがちで、やや差別用語でもあります。
学歴問わず、資格もいらず、システム通りにやればいいだけなので賃金は安くなってしまうそうです。
大分風俗の客単価が低いのは、こうした経済事情に配慮されているからかもしれません。
でもブルーカラーにも専門的な資格や技術を要する物もありますからね。
ブルーカラーの情報は、あくまで参考程度に扱ってください。
専門的なブルーカラーは中途半端なホワイトカラーよりも稼いでいますからね。

大分の風俗の客層

さて大分の男性はブルーカラーが多いと言いましたが、風俗客は具体的にどのような人が多いのでしょうか。
実は、大分の風俗の客層は悪いと有名です。
「大分 風俗 客層」でググると悪い話ししかヒットしません。

  • 地元のお客様はブルーカラー気質
  • ガシガシやってくる自己中やオラオラ系だったり…
  • 出来れば避けたいタイプが多い

低賃金だからかセコイ人も多く、更には指名した女の子を彼女だと思い込む勘違いが多いそうです。
即出禁にしたいですね。
「服装で大分のお客さんって分かる。セコい。」「コミコミばっかりだからチップの習慣はロ。」「客層は良くない。県外で働いたら分かる。」これらは大分の風俗嬢のコメントですが、ネットにはこの類の情報ばっかり。
大分県の男性は悪い言い方をすると、率先して動かず頑固で陰気な性格。
自分勝手で付き合いにくい人だそうです。
風俗のお客様としても、プライベートで付き合う男性としても…あまり望ましくないタイプです。
しかし温泉街ですからね。
観光客も多く、また工業地帯もあるので出張客も多い。
大分県民に期待は出来なくても、県外の紳士が癒してくれるかもしれません。
ましてや他県の風俗遊びをしている男性からすれば、激安かつ濃厚サービスでもてなしてくれる大分の女性は女神です。
大分に来たなら何が何でも遊んでおきたいはずですよね。
客単価が安いので女の子へのバックもきっと安いでしょうし、それなのに濃厚プレイ。
しかも地元客は良客の部類ではない。
それでも大分の風俗が栄えているのは、きっと出張客や観光客が支えてくれているからでしょう。
「ビジネスホテルは県外客が多いから安心する。漁師で長く船に乗っているような人はガツガツして大変。」と愚痴っている大分のデリ嬢がいますが、これこそ大分風俗嬢の本音でしょう。
地元客より観光客が狙い目なのは確かです。

大分の風俗客の割合

日本一の温泉街であり工業地帯もあるので、観光客や出張客の出入りが多い大分県。
しかし、この方達が風俗を利用するとは限らないようです。
確かに温泉街で温泉を楽しみに来る方は多いでしょうが、多くはファミリーやカップルです。
いつ風俗に行けというのでしょうか。
たまーに社員旅行や忘・新年会で訪れた団体の一部が利用するくらいだと思うんですよね。
一泊二日の短期出張客なら利用する確率は高いでしょうが、工業地帯に長めの出張で来ている人は毎日利用はしませんよね。
滞在期間が長くても1回の客でしかなさそうです。
大分の風俗客は意外と地元客が多く、出張客は当たったらラッキー程度のようです。
たまにでも良い客に当たれば女の子にとっては嬉しいですからね。
出張客に癒されながら日々のモチベーションを保っているのかもしれません。
県外のお客様からしたら大分の風俗嬢は濃厚サービスのアタリなわけですから、出張客だからと手を抜かずにリピーターにして良い客を確保していくとかなり仕事がしやすくなります。
やはり大分で働くなら出張客が狙い目。
大切にしましょう。

まとめ

大分の風俗は地元客が評判を落としてしまっているのは本当のようですが、だからこそ県外からの出張客の有り難みがあるってものです。
出張客に呼ばれたら、その場限りのラッキーでは終わらせず必ず次回も呼んでもらえるように頑張りましょう。
出張客の口コミは出張客を呼びます。
なぜなら同じ人種は情報源が同じだからです。
いっそのことターゲットを出張客に絞っても良いのではないでしょうか。
全国規模の風俗サイトで大きく宣伝しているお店で、職種をデリヘルに設定すれば、出張客が利用するお店にヒットしやすいです。
地元に愛されている老舗よりも、比較的新しいお店の方が安心かもしれませんね。
何にしても本番に抵抗がある子は客層よりも前に「大分式」にハマらないように注意しましょう。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました