マットヘルスは受身がなくて身体の負担が少ない!デメリットある?

箱ヘル

風俗店で働こうと考えた時、初めに悩むのが仕事の種類です。
風俗業界にはヘルス、イメクラ、ソープランド、ピンサロ、ストリップ、アダルトビデオなど様々な種類があり、それぞれ仕事内容も違えば、攻め・受け身などの度合い、給料収入も異なります。
自分がどこまで出来るのか?
何が苦手で何が得意なのか?
それによっても選び方は変わってくるでしょう。
ここでは、近頃稼げると噂のマットヘルスについてご紹介したいと思います。

マットヘルスって何?どんなことをするの?

ヘルスとは、基本的に「本番行為のない抜きの仕事」を指します。
女性があの手この手を使い、男性に気持ちよくなってもらう訳です。
お店のコンセプトなどにもよりますが、多くは男性と女性が疑似セックスを楽しむのです。
働く女性がどこまで可能かにもよりますが、キスを初め、性器を触る、指入れ、性器を舐める、フェラチオ、アナル舐めなどの行為があります。
そして、最終的にはベッドで素股を行います。
通常、ベッドを利用するヘルスでは、男性から女性への愛撫が多く行われます。
なぜかと言うと、男性が興奮しないことには目的を達成できない為です。
必然的に女性は受け身になる場合が多いのです。
当然、お互いが気持ちよくできるように喘ぎ声などのコミュニケーションは必須です。
また、性器への指入れなども日常的に行われています。
受け身が苦手な女性にはデメリットですね。
その点、マットヘルスは女性が男性をリードするものです。
じゃあ、「マットヘルスって何?普通のヘルスとは違うの?」と思うでしょう。
マットヘルスとは、空気を入れて膨らませるビーチマットのようなものの上でプレイが行われます。
プレイ時間によって違いがありますが、入浴とマットプレイ、ヘルスのプレイが一緒に楽しめます。
普通のベッドとは違う非日常な空間に、男性客は緊張しています。
そこを女性が優しく導くのです。
ローションを使い、全身をマッサージしつつプレイを行います。

マットヘルスは本番強要され辛い!?

マットヘルスはマット、ローションなど利用する物も多く、普通のベッドの様に慣れた空間ではありません。
全身ローションにまみれたプレイを主とするため、ヌルヌルの感覚に慣れないと非常に動き辛く、男性が横になっている所へ女性がサービスをするという形が主です。
男性が無理矢理女性を触ろうとしたり、力づくで本番をしようとすると、マットから落下しケガをする危険もあり注意が必要です。
無理強いをしそうな場合には、事前に危険を伝えてやんわりお断りすれば、お互いに納得でき、気持ちよくプレイできるでしょう。
女性が触って貰いたい時には、自分で身体を触ってもらえる場所へ自然に動くことができます。
女性が受け身になるのではなく、主導権を握ったプレイが可能なのです。
通常のイメクラやヘルスで触られたり、指入れされるのが苦痛という女性でも安心して働けます。
また、マットヘルスは大量のローションを使い、独自のヌルヌル感を楽しむものです。
その状態で本番強要をしようと思っても、大量のローションのせいでスキンが付け辛く、お互いに病気のリスクが上がりデメリットしかありません。
しかし、マットヘルスはソープランドのマットプレイと似ています。
そのため、ソープランドに通いなれた人には物足りなく感じられ、本番を迫られる可能性があります。
そういう場合は、上記のデメリットを上手に伝え、安全にかわすことが可能です。

マットヘルスが人気のワケ

元来、マットを利用したプレイはソープランドが主でした。
しかし、マットプレイは非常に人気があり、そのマットプレイの部分だけをファッションヘルスのサービスに加えたものがマットヘルスです。
そのため、ソープランドに行かずとも、ヘルスでマットプレイが楽しめるとあって、人気なのです。
但し、マットヘルスを行う店舗はあまり多くありません。
デリバリーヘルスはマットの持ち運びが困難なため、マットプレイは基本的にできません。
また、マットを使える規模が無いとマットヘルスのプレイは行えませんので、従来の箱型ヘルスの規模では営業はできません。
それなりの規模の個室が必要なのです。
それに加え、近年では、ファッションヘルスの営業許可が下りにくくなっており、新たなマットヘルスの店舗を開店出来ないのが現状です。
これらの理由から、大きな歓楽街でもマットヘルスを行う店舗はほんの少しです。
しかし、他のヘルスと比べると、圧倒的に男女の密着率が高く、コスパが高いのが特徴です。
それ故に人気も高いので、働く女性が手にするお給料も比較的高いというメリットもあるのです。

慣れるまでは筋肉痛も・・・

マットヘルスをおこなう風俗店が少ないため、働きたい女性もマットプレイがどんなものか分からない事が多いでしょう。
そのため、マットヘルスでは実際にマットやローションを利用した講習があります。
まったくの初心者でも、同業のヘルスから来た人でも、ソープランドから来た人でも、その講習で一から学べるのでマットプレイの経験がない女性でも安心です。
マットヘルスでは、素股の他、千流下り、カエルキック素股、あめんぼ、横滑り、金のしゃちほこ、風見鶏、鯉の滝登り、松葉崩し、アナル舐め、舐め洗いなど、様々な技があります。
これらは、通常の素股や手コキ、フェラチオとは違う特殊なプレイです。
一部の技はソープランドのマットプレイと似ていますが、マットヘルスでは挿入自体がありませんので、ソープランドからの転職の場合でも講習を受け、素股の技をしっかり学ぶ必要があります。
マットヘルスのマットプレイでは、日頃使わない筋肉を多く使います。
講習会を受けた翌日からは筋肉痛が始まります。
この点はデメリットと言えるかも知れません。
マットヘルスでは技の習得は大変ですが、給料も高いのが特徴です。
通常のヘルスよりは高く、ソープよりは低いという中間の金額です。
他のヘルスに比べると格段に稼げます。
また、他のヘルスと比べると、お客様の回転も少なくなります。
必然的にプレイ時間が長くなり、準備や掃除にも時間がかかるからです。
マットヘルスは、お客様の回転が少ない方が良いという女性にも、人気があります。
マットプレイは最初こそ大変ですが、慣れて技を習得できれば「今までのヘルスよりプレイが楽になった」「通常のヘルスより楽に稼げる」と感じる女性も多い様です。

まとめ

マットヘルスは他のヘルスに比べると、女性が受け身にならず、自分のペースでプレイを進められるというメリットがあります。
攻められたり、舐められたり、触られたりする事が苦痛と言う女性には向いています。
本番強要などの頻度は他ヘルスと比べても大差ないのですが、ローションやマットを利用しているため無理強いはできません。
危険性をやんわりお伝えする事で納得してもらえるでしょう。
しかし、マットヘルスでは、マットプレイの技を習得するまでが大変です。
講習があったり、筋肉痛になったりします。
また、マットヘルスで営業している風俗店舗は少ないため、通常のヘルスやソープランドのように多くの店から選ぶ事はできません。
このことはデメリットと言えます。
ただ、どのお店でも給料が高いのでその点は非常に魅力的です。
マットヘルスのメリット・デメリットをよく考えて選んでみて下さい。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

箱ヘル
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました