岐阜と名古屋ならデリヘルの客層がいいのは?本強が多いのは?

デリヘル・ホテヘル

デリヘルは店舗を構えず女の子がお客様のところに出張するタイプの風俗です。
特徴は本番がない、お客様の支出は女の子へ支払うサービス料以外にもホテル代や女の子の交通費がかかること、大抵一本45分か60分の短めの時間であることでしょう。

東海地方でデリヘルで働くとなると岐阜か名古屋が主な選択肢ですが、どちらがオススメなのでしょうか。
地域ごとの特徴をまとめてみました。

岐阜のデリヘルってどんな感じ?

岐阜の風俗街といえば金津園です。
こちらは昔からあるソープ街なのですが、これがあるために岐阜全体でデリヘルでの本番を強要されづらいと言うメリットがあるようです。
本番をしたいのなら最初から金津園のソープに行けばいいとお客様も思っていますし、強要された際に女の子やお店が断る際の決まり文句として言いやすいのです。

岐阜の大手デリヘル街は大垣です。
岐阜のデリヘルの客層はヤンキー土方と称される仕事の方が多くタトゥーのあるお客様も多くいます。
そう聞くとさぞかし乱暴な遊び方をするのだろうとイメージしてしまう人もいるかもしれませんが、ガラは悪くても遊び方は悪くないという声を多く聞きます。
また名古屋に比べ羽振り良く遊んで行かれる方が多いようで、これも金津園の影響でないかと言われています。
せっかく金津園でソープを楽しんだのだからデリヘルも楽しんでみようということなのです。

岐阜のデリヘルはデブ・ぽっちゃり専門店が多めである他に、普通店でもデブ率が高めです。
なので体型に自信がない女の子は岐阜に来ると良いというアドバイスをよく聞きます。
もちろんぽっちゃりとした肉感が好きだと言うお客様も多くいるのですが、岐阜の女の子は見た目ではなくテクニック、愛嬌、話術などで勝負をしており体だけではない満足感を得られる点で評価をされています。

名古屋のデリヘルは?

名古屋のお客様には2パターンあります。
名古屋近郊にて生活をしている方と、名古屋近郊に出張に来た方の2つです。
これらはかなり客層が違いますのでひとくくりにすることはできません。

名古屋に出張に来ているお客様は出張で使っているホテルに女の子を呼ぶことになるのでホテル代がかかりません。
そのため、オプションなどを追加したり、少し長めの時間で遊ぶことが多く良いお客様が多いと評判です。
また遊びなれている人が多いというのも関わっているのでしょう。

反対に名古屋近郊で生活をしているお客様の場合、良い評価を聞くことはあまりありません。
名古屋の人の性質なのか、元をとってやろうという気持ちでサービスを受けているお客様が多く「ケチでせこい」「注文が多い」という声が多く聞かれます。
またダメ元でもいいから本番できないかと聞いてくるお客様が多く、それならばと女の子が金額を上乗せして本番をさせる「円盤」を申し出るとお客様に断られるのだそうです。
これには理由があり、名古屋は_店舗を構えている箱ヘルスが多くあるので本番なしのお客様は箱ヘルスに行くのが一般的だからです。
デリヘルにいるのは本番OKのサインだと思い込んでいるお客様が多いのでしょう。

また名古屋は大都市なので風俗店が多く出稼ぎの人が出やすい土地でもあります。
しかしそのために慢性的に女の子が過剰な状態が続いており、出稼ぎや出張を断る店が多くあります。
また店が多いために競争も激しく名古屋で生き残っていくのは厳しいでしょう。
しかしお客様も多い地域なので暇すぎて困るということは少ないようです。

また人妻デリなど年齢高め、ぽっちゃりめなどという風俗で働くにはマイナスのポイントがある場合、デリヘルであっても本番が基本となっていることが多いのです。
それであれば初めから覚悟を決めてソープで働いたほうがリスクも少なく稼ぎも良くなる可能性があります。

風俗で働く限り永遠の問題「客層と稼ぎ」

風俗で働くのならば客層が良く稼ぎがいいところで働きたいというものです。
しかしこれらは相反する場合も多いですし、両立されているところは働く女の子への条件も高い場合が多く敷居が高すぎると感じてしまいます。

ではそれらを踏まえて名古屋と岐阜のデリヘルはどちらが良いのでしょうか?
風俗で働くと決めたのであれば自分が絶対に譲れない条件を3つに絞ってから店を探すというのが鉄則です。
人によってそれぞれでしょう。
稼ぎ第一の人、本番は絶対にしたくない人、客層などです。
働き口を探してたくさんの店を見ているとどの店にも良いところと悪いところがあり、ここを妥協すればここが一番良いという風に見えてしまうからです。
たった3つに絞った絶対の条件を全てクリアする店をピックアップしてから検討し始めるべきです。

もしデリヘルの客層を重視して岐阜か名古屋かを決めるのであれば岐阜をオススメします。
こちらは見た目はヤンチャそうですがお互いに楽しもうと言うお客様が多いからです。
デリヘルにおいて客層は女の子の職場環境そのものとも言えます。
客層が良い地域は結果的にその業界で働く女の子が心身ともに健康でいられる秘訣でもあり、長く働く女の子が増え、相談相手が増えることにつながります。

逆に稼ぎを重視するのであれば名古屋でしょう。
お客様が少なすぎて困ることがなく、時々当たる他県からの出張客は気前良く遊んでくれる。
稼げれば多少のことには目をつぶれるのであれば名古屋に行くべきです。
風俗は同じサービス内容でも都市に行けば価格が上がる傾向にあるので岐阜よりも名古屋の平均単価が高額になります。
しかも様々な種類の風俗店が数多く存在するので同じ土地で店を変えたり業種を変えることも可能です。

だからと言って岐阜で稼げないわけではありません。
長期的に考えればストレスの少ない岐阜のほうが無理なく続けられ稼ぐことができるのかもしれません。
こればかりは個人の感じ方の差とも言えます。

デリヘルと本番強要

ヘルスという形態は本番はしないというのが唯一と言ってもいいルールなのに「100%基盤(基本的に追加料金なしで本番をさせること)」と言われるようになってきました。
ですが、ヘルスで働いている人にはそれなりの事情があります。
デリで追加料金をもらって本番をする方がソープの大衆店で働くより稼げると思っている女の子もいるかもしれませんが、本番をしたくないからソープでなくヘルスで働いている女の子もいるのです。
お客様は一人が本番を受け入れてくれれば他の子もOKだと思ってしまうことが多くあるので業界全体として「ヘルスでは本番NG」を徹底しない限り本番強要は無くならないでしょう。

お店ごとに対応も違いますし、デリヘル嬢同士が連絡を取りあって「あの人は本番を強要してくる」と情報共有していることもあります。
デリヘルで働くのであれば自衛する方法を身につける必要があります。

まとめ

名古屋と岐阜は30分ほどの距離ですが、地域の特色には明らかな差があります。
どちらで働くか迷ったらその街に行ってみるのも良いでしょう。
この距離であれば1日で回れますし、面接も時間に余裕を持てば同日に組むことができます。

どんな職種であれ自分に合った職場環境で働きたいと思うのは当然です。
きちんと調べて納得をした上で働き始められるよう少しでも多くの情報を集めるようにしてみましょう。
超短期で働く予定だからと職場環境を甘く見てよく調べないまま働き始めると、自分が思っていた以上に大きな影響を与え働きづらい環境になるというのはよくあります。
急いでいてもきちんと吟味をするのは必要だと覚えておいてください。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

デリヘル・ホテヘル
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました