店舗型ヘルスの面接って店内?遠方?出張?名古屋で働く予定です。

箱ヘル

店舗型ヘルスの面接にはさまざまなやり方があります。
もっとも一般的なのが、働くお店で面接するやり方です。
店の雰囲気をつかむのには、店内で面接してもらうのが一番ですが、できない場合もあります。
たとえば、店内に面接できる部屋がない場合です。
店内に面接できる部屋がない場合は、ファミレス・カフェなどで面接してもらう方法があります。
また、出稼ぎを予定していて、現在住んでいるのが遠方なので店に直接行くことができない場合もあります。
名古屋では出稼ぎで来る女性も多いので、出張面接に来てもらうということも出来ます。
それぞれメリット・デメリットがありますので、もっとも都合のいいやり方で面接してもらいましょう。

店内で面接


もっとも一般的ですが、このやり方が不可能な場合があります。
ヘルスの店舗内に面接に使えるような部屋がない場合は、どうしても店の外のファミレス・カフェで面接しなくてはいけません。
店舗型ヘルスの場合、店内で面接できないことはちょっとデメリットです。
店の雰囲気や客入りを見ることができないし、衛生面も気になるところだからです。
もし可能であれば、面接の後に部屋を見せてもらうこともお願いしておくといいでしょう。
その時、即体入できればいいのですが、店外で面接する場合は、ほぼ即体入することはできません。
最速でも次の日から体験入店という流れになるはずです。
もし、即体入できるような店だったら、店内面接できる部屋があるはずです。
店内面接ができれば、即体入するための大事なチェックができるからです。
それは、ボディチェックです。
店外で面接した場合、ボディチェックをすることができません。
できるのはリスカ跡があるかどうかぐらいです。
肝心の入れ墨やピアスの有無、スタイルや妊娠線などをチェックできないのです。
残酷に聞こえますが、女性の体は店にとって商品なのです。
例えば、仕入れた食材を吟味しないでお客さんにだす飲食店はありません。
まずは仕入れた食材を味見したりしてからお客さんに出すことができるのです。
これはセクハラ講習とはちょっと違います。
ボディチェックは風俗店が必ずやらなくてはいけないことなのです。
特に名古屋にも数件ある大型グループだと、ボディチェックは必ず行います。
大型グループなら店内面接にも対応しているでしょう。
店内での面接だと、「威圧的に面接されて怖くて断りにくくなるんじゃないかな?」
とか、「セクハラ講習をされるんじゃないかな?」という不安があります。
ですが、威圧面接やセクハラ講習は現在ほとんどありません。
特に大型グループではゼロです。
なぜなら、そんなことをすればネットですぐに広まってしまうからです。
風俗店の店長の仕事は、まず上質な女性を在籍させることです。
もし、威圧面接やセクハラ講習をしてしまったら、その店はすぐに潰れてしまうでしょう。
なので、できることなら店内面接が望ましいです。
デメリットといえば、威圧面接までとはいかないのですけど、やや断り辛くなるくらいです。
もし、店内面接でいろいろ見せてもらい、即体入をしてもダメだと思ったらキッパリ断りましょう。

遠方や出張面接のメリット・デメリット


名古屋は出稼ぎでくる人の多い土地です。
それは風俗でも同じことで、名古屋に出稼ぎに来る女性は大勢います。
店としても出稼ぎは歓迎ですので、もし要望があったら遠方に出張してでも面接に来てもらうことができます。
また、名古屋の地理に詳しくない場合は、駅近くのファミレス・カフェを指定して面接してもらうことも可能です。
店内面接でない場合、どうしても店の雰囲気や仕事内容、衛生面や客入りなどを見ることができないというデメリットがあります。
そして、ファミレス・カフェの場合、近くにほかのお客さんがいればちょっと恥ずかしい思いをするかもしれません。
ヒソヒソ声で面接するわけにもいきませんし、どうしても「あの人たち風俗の面接かな?」と会話内容でばれてしまうことがあります。
一時の恥なので気にしない人は気になりませんが、もし耐えられない人は覚悟が必要です。
また、出張などで来てもらった場合、面接に合格すれば断ることは難しいでしょう。
向こうの手間をかけさせてしまっているので、ちょっと精神的に不利になってしまうのです。
でも、メリットもあります。
遠方面接や出張面接の場合、もし不合格ならダメージが少ないことです。
交通費が出るところはマシですが、もし交通費をかけて面接に行き不合格になったらかなりのダメージです。
合格すれば必ず働く場合は、遠方面接や出張面接は有効なのです。
また、大型グループならかなりの遠方にでも出張面接に来てくれるところがあります。
「名古屋で働きたいけど、合格できるかわからない」という人は、大型グループの店舗型ヘルスに問い合わせてみるといいかもしれません。

写メ・ライン面接


最近は写メやラインで面接してくれる店もあります。
名古屋になかなか行けない遠方に住んでいる場合、このやり方はありがたいです。
ただ、注意したいのは、あまり加工しないことです。
あまり化粧もせず、普通の髪形にして、加工しないで送信しましょう。
加工しまくった写真で合格して、実際に店に行っても「・・・・誰?」となってしまいます。
写メ・ライン面接は最低限の容姿の基準を満たしているかを判断するものです。
実際の雰囲気や体形、ボディチェックなどができないので、この面接だけで合格するということはありえません。
もし、写メ・ライン面接だけで合格してしまうような店だったら、敬遠したほうがいいかもしれません。
あくまで、面接前の第一歩として有効ですので、積極的に使ってみましょう。
とくに高級店だと、容姿や体形にかなりの基準をもとめられます。
自分が面接に通る容姿や体形をしているのか?それは自分自身では判断しづらいものです。
そんなときも写メ・ライン面接で、自分の容姿、体形が「基準を満たしているか?」という判断するのに役立つのです。
面接は店にとっても大事なものなのですが、明らかに容姿、体形が基準を満たしていない場合は時間の無駄になります。
面接を受ける人にとっても、落とされるのはダメージになります。
そのような無駄やダメージを避けるために、このやり方は積極的に利用してみましょう。

まとめ


名古屋は出稼ぎの多い土地です。
関西や関東を始め、全国から名古屋の風俗店に出稼ぎに来る女性は大勢います。
名古屋の風俗店もそのような出稼ぎの女性を歓迎しています。
そのため、面接には様々なやり方があります。
店内面接は、その店の実際の雰囲気などを感じられるので便利です。
ですが、あまり広くない店舗型ヘルスの場合、店内面接をする場所がない場合があります。
そのような場合は、店外のファミレス・カフェで面接することができます。
これは名古屋の土地勘がない人にも有効なやり方です。
どこかで待ち合わせておくといいでしょう。
ただ、周りに人がいる場合、面接の内容を聞かれてしまう恥ずかしさがあるので注意しましょう。
店や、店の近くまでもいけない場合、遠方面接や出張面接をしてくれる店もあります。
面接に人件費と交通費を使わせてしまいますので、合格した場合断るのは難しいかもしれません。
写メ・ラインで面接することもできますが、あくまで容姿の基準を見るだけのものと割り切りましょう。
面接は店にとって大事な仕事です。
上質な女性を在籍させることが風俗店の一番の仕事だからです。
容姿が店の基準を満たしていない人や、体形が太りすぎている人、そのような人は面接で落とさなくてはいけません。
そして、地雷接客を繰り返して店を転々をするような女性も不合格にしなければいけません。
そのような嬢が店に在籍するだけで、常連客が離れていくからです。
「自分はそのような人間ではない」ということを店にわかってもらいましょう。
面接は店との最初のコミュニケーションです、積極的にアピールして店と仲良くなりましょう。
きっと自分に合った店と出会えるはずです。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

箱ヘル
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました