風俗で勤務してるけど緊急でお金必要なんだけど解決方法ない?

風俗全般

風俗嬢として勤務しているにもかかわらず、何らかの事情で今の稼ぎでは足りなくなる風俗嬢も現実に存在します。
気の毒な例では彼氏がヤミ金からお金を借り、風俗嬢である彼女を保証人にしてそのまま逃げて行方が分からなくなり、保証人である彼女のところに借金取りがやってきた、というものすらあります。

こういったひどい例は稀としても、もともと風俗嬢として働こうと思ったきっかけが「高収入」だったという女性は、いろんな事情で急にお金が必要になるというケースがあるわけで、こういう場合の切り抜け方を知りたいと思うものですが、風俗嬢として働いていれば方法はあります。

バンス制度」を利用して在籍している風俗店からお金を借りる方法や、出勤日を増やして接客人数を増やす、さらには必要なお金が貯まる短期間だけかけもちで他の風俗店に籍を置いて働く、などが考えられます。

バンス制度の利用について

風俗の業界には「バンス制度」という給料の前借り制度があります。
これはコンパニオンが自分が在籍している風俗店から借金をし、働きながら借りたお金を返していく制度で、風俗の業界では多くのコンパニオンがこれを利用しています。

この制度はお金に困っている女性を救う制度であり、さらにお店にとってもメリットのある制度なのです。
例えば店が20万円を風俗嬢に貸すと、貸す際に返済についての話もするわけですが、毎月3万円というふうに決めた場合、返済までの6か月~7か月はその女性は店に在籍することが確定しますので、店側としても計算がしやすいのです。

この業界ではある日突然辞める女性も珍しくないわけですが、先の半年間必ず在籍してくれるということは店にとっても有難いのです。
また、週に5日、最低8時間は勤務ということを条件に貸した場合は、コンパニオンが1人も出勤しない時間帯を発生させにくくなるため、店の経営もやりやすくなります。
店側にこういったメリットがあるため、この制度を採り入れている店に在籍していればお金に困った場合は申請をしてみることがベターです。

借りる側のコンパニオンは、借りた後はきちんと返し切るまで店に在籍することはもちろんですし、借りる際に決めた返済条件などはきちんと守るようにしなければなりません。
また、この制度で借りることが出来る上限は30万円程度だとも言われています。
ただし、店の経営状況や規模によっても金額は変わってきますし、コンパニオン個々の事情によっても変わってきます。

週に5日、出勤日には最低8時間を返済まできちんとこなしてくれれば30万を貸すという条件を店側が提案したものの、週4日、出勤日には最低6時間しか勤務出来ないと申し出があったコンパニオンには20万しか貸してくれないといったこともあります。

従ってこの制度を利用する場合は、借りる金額とその条件を店長さんやスタッフときちんと話し合うことが必須になります。
ちなみに利息については0で貸してくれる店もありますし、世間一般の金融会社に比べて安い率で貸してくれる店もあります。

また、経営状況が芳しくない店ではこの制度自体採用していない店もありますので、自分が在籍している店にバンス制度があるかも確認する必要があります。
尚、バンス制度は風俗の業界ならではのもの言えることは認識しておきたいものです。

一般企業でOLをしていたりコンビニでパートをしていてもこのような制度はありませんので、一時的に大きなお金を雇い主から借りるということ出来ません。
しかし風俗店の場合、その後もそのコンパニオンに店に在籍してもらって返済してもらえると店が判断すれば貸してもらえます。
従って緊急にお金が必要な女性にとって、風俗の業界はまさに救いの神的な存在であるとも言えるわけです。

かけもちで働くという選択肢について

一時的に風俗嬢として収入を増やしたい場合、かけもちで複数の店に在籍するという手段もあります。
かけもちでの入店については募集している店も多いため、検討してみることも悪くないでしょう。

デリヘルやソープランドなど、現在自分が籍を置いている店と同じ業種をかけもちすれば提供するサービス内容は同じですので、新たにテクニックなどを覚える必要もありません。
かけもちで収入が増える理由の一つが、新しい店では「新人」として扱われるからです。

風俗店のホームページや風俗情報サイトでも「新人紹介」という項目が必ずといっていいほどあり、ここで随時新しく入店したコンパニオンが紹介されるわけですが、新人コンパニオンを指名すると「新人割」が適用されて通常より安く遊べる料金になっていることが多いため、指名も増えるのです。

また、新人コンパニオンの初々しさが好きで指名してくる男性も多いですし、店としても新人コンパニオンには優先的にフリーのお客さんをつけるなどの配慮もしてくれるため、短期間のうちに少々まとまったお金が必要な場合にはかけもちは有効な手段とも言えます。

また、入店祝い金が出る店も多いため、その分のお金も入ってくるという利点もあります。
尚、かけもちで働く場合には、短期間で少々まとまったお金が必要だということを新しく入店する店と今在籍している店の店長に話しておく方がいいとも言えます。
この場合、新しいお店の方には最初からかけもちでの入店ということで面接に行きますので比較的話はしやすいですが、今在籍している店には言い出せない場合も多いです。

しかしお金に困っているということを正直に伝え、必要なお金が貯まるまで限定ということを伝えておく方が精神的にも楽にかけもちが出来ると言えます。
本来ならば今在籍している店で何とかお客さんを優先的につけてあげるなどの配慮も店としてはしてあげたいわけですが、他の在籍コンパニオンのバランスなどから思うように店側が配慮出来ない場合はかけもちを容認して応援してくれるものです。

尚、かけもちで働くようになって新しい店で思いのほか人気のコンパニオンにのし上がったという女性も実際にはいます。
一定期間だけのつもりでかけもちを決意し、今まで在籍していた自分と違うキャラクターを思い切って演じてみたら多くの男性に受け入れられたといったパターンです。
人気嬢になれば必然的に収入も増えて働くモチベーションも上がりますので、そういった意味からもかけもちで風俗嬢をすることを検討してみることも悪くありません。

まとめ

風俗の業界は、お金に困っている女性にとっては救いを提供してくれる場所と言えます。
多くの男性の前でオールヌードになり、時には大胆なポーズをとるなどして慣れるまでは非常に精神的にも辛いというマイナス面はありますが、バンス制度を利用すれば無利子や低利子でお金を貸してもらうことも出来ますので、頭を悩ませていた借金の苦悩からは逃れることが出来ます。
当然ながらバンス制度を利用すれば借りた分は店と約束した通りのペースで返済していかねばなりませんが、一般の消費者金融などから借りるよりも利息などが低く貸してくれる場合が大半なので、負担はかなり低減されると言えます。
また、お金を借りることに抵抗がある場合は、かけもちで複数の店に籍を置くという手段もあります。
この業界ではかけもちOKで募集している店も多いですので、急場をしのぐために期間限定でこういった働き方をすることも悪くありません。
科の店に新しく入店すると「新人」扱いで最初は優先的にフリーのお客さんをつけてもらえるなどの利点もあります。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました