名古屋の人妻箱ヘルで1日いくら稼げるの?相場や客層を知りたい

箱ヘル

ヘルス発祥の地と言われる名古屋は風俗が盛んな地域ですが、中でも箱型ヘルスは125軒あり、デリヘルは185軒でその中でも人妻系は箱型40軒、デリヘルは45軒あります。
今回はそんな名古屋の風俗の歴史も振り返りながら、人妻箱ヘルの1日の稼ぎの相場や客層などを検証していきます。

名古屋における風俗の歴史

名古屋の風俗の歴史をみてみますと江戸時代にまで遡ります。
名古屋一体は徳川家に収められていましたが当時から公娼や私娼も多くいて明治時代までそれが引き継がれています。
明治8年1875年には大須観音の堂裏、堀川以東などの一廓を「旭廓」と称し、明治38年1905年には全盛時代として娼家173軒に娼妓1618人がいたと言われています。
その後大正9年1920年に「旭廓」が中村地区への移転が決まり「中村遊郭」が形成されます。
この「中村遊郭」が全盛をきわめたのは昭和12年1937年頃で娼家147軒に娼妓約2000人を数えたと言われています。
当時の全国の娼妓総数45,000人のうちの何と4.5%の娼妓が中村に集中していたことになります。

その後日中戦争や太平洋戦争などをはさみ遊郭はどんどん縮小されて、昭和21年1946年公娼制度の廃止により多くの娼家が閉店を余儀なくされました。
現在は「中村遊郭」の名残りとして中村区の大門がソープ街として生き残っています。
このような歴史的背景があって名古屋は日本最大級のヘルス街となるわけですが、風俗街としては中区の栄、錦、納屋橋が有名です。

日本風俗全般の歴史

1947年ストリップ劇場→1951年トルコ風呂個室付き浴場でマッサージが最初・ピンクサロンオープン→1958年売春防止法施行による赤線の廃止・トルコ風呂での性的サービス開始→1981年トルコ風呂1560軒/トルコ嬢20,000人→1984年トルコ人留学生の直訴によりトルコ風呂はソープランドと改名・1975年ピンサロ全盛期、本サロも出現→1985年テレフォンクラブの流行→1991年名古屋錦を中心にファッションヘルスが出店→1996年ヘルス店出店がピーク、愛知県内では300店を超えるがその後は徐々に減少

名古屋箱ヘルの特徴

名古屋箱ヘルの特徴として一番にあげられるのが入場料を払うシステムです。
これは名古屋独特のものでお客は基本のコース料金の他に大体一律2,000円の入場料を払うことになります。
現在のヘルスは完全個室で各室シャワー付きとなっています。
ヘルスの人気プレイで花びら回転がありますがこれも名古屋発祥です。
花びら回転とは時間内に複数のヘルス嬢が入れ替りでサービスするシステムをいいます。
また名古屋は箱ヘル・デリヘルとも人妻、熟女タイプが多くて一番人気となっています。
プレイする部屋に店側スタッフがヘルス嬢の接客状況を確認するためのぞき穴をつけている部屋が多くあります。

箱ヘルの勤務体系

風営法により箱ヘルの営業時間は深夜0時までとなっていますので、お店が9時~0時の営業だとヘルス嬢の勤務時間は通常早番(9時~17時)と遅番(17時~0時)の2交代制を採用しているところがほとんどです。
中にはヘルス嬢の自由出勤制を採用しているお店もあります。
様々な勤務条件に関してはあくまでも個々のお店によって違うので、これと思うお店があったら直接聞いてみるのが一番です。
今はインターネットでどんな情報も入手可能で、一般的に公式のホームページがしっかり作られていて、営業方針がきちんと明記されているお店は嘘が書かれている確率は低いですから、その点を判断の基準の一つにしてください。

人妻箱ヘルでの稼ぎ

基本的にヘルスの仕事は歩合制でお給料は日払いのところがほとんどです。
ヘルス嬢にお店から支払われるものはお客が支払ったサービス料金のバック(50~70%)x接客人数+指名料+オプション料金(指名料とオプション料金はそのまま全額ヘルス嬢に入ることがほとんど)マイナス雑費or厚生費となっています。
お給料は新人期間中は最低のバックで支払われますが、後日指名が多くなるに連れてバック率はアップされるようです。

ヘルスの相場としては60分あたり9,000~12,000円ですが、もっと高額バックのお店もあります。
基本的には完全歩合制ですが、ごく稀に1日出勤したら最低額の保証金を出すお店もあります。
名古屋の人妻ヘルスの場合も大方の店は上記があてはまります。
雑費と厚生費に関しては店ごとによって金額も差し引き方法も違います。
一人の接客について500~1,000円引かれる場合と1日につき1,000~2,000円引かれる場合などがあります。

人妻箱ヘルの客層と客入り

名古屋の風俗は全国的にみても料金設定はどちらかというと高いです。
ですから客層もそれなりの料金が払えるいいお客が多いといえます。
またヘルス発祥の地でとくに人妻と熟女タイプは人気があるので店舗数が多くなっています。
客層は30代~40代が一番多く、また年配者も他のジャンルよりは頻繁に人妻ヘルスを訪れています。
名古屋は風俗自体が盛んなところなので、東京や他の都市からの出張サラリーマンも多く最初はフリー客として、気に入れば次回の出張のときに指名というケースも珍しくありません。

ネットで「名古屋ヘルスは本番ができる」と話題になっていますが、本番or基盤ができるお店があるのは事実です。
そういうお店は客寄せのために本番強要をしたり、禁止されている本番があっても黙認しているケースがほとんどです。
基盤を暗に推奨している場合などお給料は決していいとはいえませんので、応募を考えている場合は事前のネット調査が不可欠です。

名古屋で人気の人妻箱ヘルをご紹介

人妻不倫マーケット
アクセス:名古屋駅新幹線口徒歩2分
営業時間:10:00~24:00
在籍女性:28~41歳 33名
収入例:70分10,000~14,000円
セレブ妻美しき隣妻
アクセス:名古屋駅新幹線口徒歩2分
営業時間:10:00~24:00
在籍女性:27~39歳 53名
収入例:60分11,500円~
紅ROUGE
アクセス:名古屋駅徒歩10分
営業時間:10:00~24:00
在籍女性:30~41歳 30名
収入例:60分10,000~13,000円
エターナル
アクセス:地下鉄東山線栄駅徒歩3分
営業時間:09:00~24:00
在籍女性:24~42歳 76名
収入例:50分8,000円~
パッション
アクセス:地下鉄東山線栄駅徒歩5分
営業時間:10:00~24:00
在籍女性:25~41歳 121名
収入例:日給40,000円~
アマテラス
アクセス:地下鉄東山線新栄町駅徒歩3分
営業時間:10:00~24:00
在籍女性:20~43歳 90名
収入例:50分8,500円~
ALL G
アクセス:地下鉄東山線栄駅徒歩4分
営業時間:10:00~24:00
在籍女性:18~43歳 33名
収入例:70分11,000円~
ぷわぞん
アクセス:地下鉄東山線池下駅徒歩3分
営業時間:10:00~24:00
在籍女性:21~36歳 33名
収入例:日給30,000~40,000円
FRONTIER
アクセス:地下鉄東山線栄駅徒歩5分
営業時間:09:00~24:00
在籍女性:24~38歳 73名
収入例:60分10,000円~

まとめ

一般的に男性の身体の性機能は時間や場所を選ぶことなく作用するせいで日本全国の風俗業が成り立っているわけです。
風俗業界では日によってはお茶or坊主のときもありますけれど、他の業種ほどは不景気の影響を受けません。
名古屋の人妻ヘルスがたくさんあるのはそれだけ需要があるということです。
名古屋は前述したように風俗嬢に支払われるお給料のバック率も、全体的な客層もそれほど悪くはないので、比較的風俗業では働きやすい地域といえるようです。
もちろん風俗業に限ったことではなくどんな業種もピンからキリまであります。

事前の調査をしっかりして給与・待遇・職場環境などをみて個々にあった職場を選ぶように心がけましょう。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

箱ヘル
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました