チャットレディのメリットとデメリットって?意外なリスクに要注意!

チャットレディ

チャットレディは、副業としても人気の高いお仕事です。未経験の方でも気軽に始められ、大きく稼ぐことも可能なチャットレディのお仕事に興味を持つ女性も少なくありません。そこで、ここではチャットレディのメリットやデメリットについてお話します。お仕事を始めてみたい方、興味のある方はぜひ目を通してくださいね。

おすすめ高収入求人サイト

めぐみ
めぐみ
私が自信をもってオススメできる高収入求人サイトはQプリです! 理由は、Qプリ保証を利用すれば、祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえるから!
おすすめ理由まとめ
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!

Qプリの詳細はこちら

チャットレディのメリットとデメリットって?

たくさんのメリットがあるといわれるチャットレディのお仕事ですが、少なからずデメリットもあります。メリットばかりに目を奪われがちですが、これからお仕事にチャレンジしたいと考えているのなら、どちらも知っておかねばなりません。

チャットレディのメリットにはどんなものがある?

自由な働き方ができ、容姿や学歴、年齢などに関係なく稼げるのがチャットレディの魅力です。特殊なスキルや資格なども不要なので、誰でも気が向いたときすぐにチャレンジできるのもメリットですね。チャットレディのメリットを知れば、今まで興味がなかった方も「やってみたい!」と思えるかもしれません。

自分の好きな時間に働ける

たとえば、コンビニやスーパーなどでバイトするケースを考えてみましょう。コンビニやスーパーでも、希望のシフトは聞いてくれますが、必ずしも希望が通るとは限りません。この日この時間、と決められれば、その日のその時間には必ず出勤して働く必要があります。

一方、チャットレディはそのような縛りがありません。ライブチャットサイトは24時間365日稼働していて、いつでも気が向いたときにお仕事ができます。ライブチャットサイト側から、この日のこの時間帯に働いてほしい、などと言われることもないのです。

通勤・在宅の好きな方を選べる

チャットレディは、2種類の働き方から選べます。通勤は、チャットレディのプロダクションが用意したオフィスでお仕事に従事するスタイル。オフィス内には複数のチャットルームが用意され、お仕事に必要な設備もすべて整っています。スタッフも常駐しているので、困ったときすぐ相談できるのも通勤のメリットですね。

在宅は、文字通り自宅で働くスタイルです。自宅が職場となるので、慣れ親しんだ場所で好きな時間に働けるのが大きなメリット。ただ、家族や恋人などと同居している場合には、在宅では働きにくいかもしれません。

年齢を問わず働くことができる

チャットレディとして活躍している方の中には、50~60代の方もいます。ライブチャットサイトの多くは、登録できる年齢の下限は設けていますが、上限は設けていないのです。そのため、いくつになってもチャットレディとして稼げます。

たとえば、キャバ嬢やホステス、風俗嬢の場合、50~60代で稼ぐのは正直簡単なことではありません。若い女の子をしのぐほどの特殊な魅力がないと、この年齢で稼ぐのは難しいでしょう。一方、チャットレディは会話がお仕事のメインなので、利用者はあまり年齢を気にしません。50代でも、20代の女の子以上に稼ぐことも可能です。

容姿を気にしなくても良い

風俗店やキャバクラなどの面接では、ルックスが重視されることが多いです。なぜならルックスがよいほうがお客さんがつきやすく、稼げる見込みがあるからです。

ライブチャットサイトを利用する男性の多くは、女の子との楽しいやり取りを求めています。そのため、女の子のルックスはあまり気にしません。顔に自信がない、体系に自信がない、といった女性でもチャットレディなら稼げるチャンスがあります。登録に関しても、ルックスを理由に断られることはありません。

これといった特殊な能力は必要ない

未経験の方でも、問題なくお仕事を始められます。実際、チャットレディのお仕事を始める方の多くが、未経験です。稼げるかどうかは、登録後の努力次第なので、まずは気軽にトライしてみましょう。

特殊な能力や資格は不要ですが、トークスキルやコミュニケーションスキルがあると、より稼ぎやすくなるのは事実です。これらの技術は、いきなり身につけようとしてもそう簡単にはいきません。お仕事を続けながら、少しずつ磨いていきましょう。

男性と直接会わなくて済む

これを最大のメリットと考える女の子も少なくありません。キャバクラや風俗のお仕事と違い、チャットレディは男性と直接会うことがないので、体を触られたり、危険な目に遭ったりするリスクがないのです。

直接会うことがないので、顔バレや身バレのリスクも軽減できます。お客さんと対面してサービスを提供するお仕事では、どうしても身バレや顔バレのリスクがつきまといます。チャットレディにはその心配がないので、安心して働けるのです。

男性に触られることはない

チャットレディと男性会員は、お互い離れたところからネットを介してやり取りをしています。直接会ってお話するサービスではないので、触られる心配は一切ありません。

キャバクラや高級クラブなどのお店でも、お客さんがキャストへタッチするのは禁止されています。ただ、お酒を飲んで酔っ払ったお客さんの中には、女の子の太ももや胸に触ろうとすることが少なくありません。

本気で怒ってしまうと場の雰囲気が悪くなり、今後指名がもらえなくなる恐れもあるので、触られても泣き寝入りするケースがほとんどです。男性から触られるのが嫌な方こそ、チャットレディが向いているかもしれません。

相手に連絡先を教えなくていい

キャバ嬢や風俗嬢は、お客さんに対して営業もしなくてはならないので、連絡先を交換することが一般的です。ただ、連絡先を交換すると、オフのときにもLINEやメールが届き、プライベートの時間を切り売りする羽目になります。これにうんざりしているキャバ嬢や風俗嬢は、決して少なくないでしょう。

一方、チャットレディは男性会員と連絡先を交換することはありません。基本的に、ライブチャットサイトの多くは、チャットレディと会員が連絡先を交換することを禁止しているのです。教えてしまうと、のちのちトラブルになる恐れもあるので、聞かれても教えないようにしましょう。

PCメールやLINEでも注意が必要

パソコンのフリーメールやLINEなら、そこから個人情報が漏れるようなリスクはほとんどありません。ただ、それらを使って個人的なやり取りが増えてしまうと、のちのちトラブルになる可能性がありますので気を付けましょう。

また、注意したいのがフリーメールやLINEでのやり取りをしても、報酬は発生しません。
チャットレディは、男性会員とライブチャットサイトを通してやり取りすることで、初めて報酬が発生しますのでそのことをきちんと理解しておきましょう。

上手な断り方を身に着けておく

ライブチャットサイトを利用している男性会員の中には、連絡先を聞こうとする人が少なくありません。あわよくば「直接会えるかも」「会ってエッチなことができるかも」、と期待を抱く男性は意外に多いのです。

連絡先を聞かれたとき、ストレートに「嫌です」「ムリです」と断ってしまうと、今後リピートしてくれないかもしれませんのでそのようなことにならないよう、上手にやんわりと断る方法を身につけておきましょう。

無難なのは「サイトのルールで禁止されていて、教えると今後お仕事ができなくなるの」といった断り方です。これなら、しつこく教えてと言ってくる男性にも有効でしょう。

罰金やノルマは存在しない

キャバクラや風俗店では、キャストにノルマや罰金を課すお店が少なくありません。ノルマを達成できなかったとき、お店のルールを破ったときなどには、罰金として数千円から数万円を徴収されてしまうこともあります。

チャットレディには、こうしたノルマや罰金などはないので、安心して働けます。ノルマに追われてプレッシャーを感じることもなく、お給料から罰金を引かれるといったこともありません。

ただ、だからといって好き放題できるわけではないので、そこは勘違いしないようにしましょう。ライブチャットサイトごとにルールがあるので、守りながらお仕事をしなくてはなりません。

キャバクラ嬢のようにお酒が飲めなくても良い

お客さんと一緒にお酒を楽しむのも、キャバ嬢のお仕事です。お客さんがたくさん飲んでくれると、それだけお店の利益にもなるので、キャストもなるべく付き合わなくてはなりません。お酒が好きな方ならともかく、苦手な方にとってこれはツライ事ですよね。

チャットレディは、お客さんと一緒にお酒を飲むようなお仕事ではないので、飲めなくても問題ありません。男性会員から、お酒を飲むように勧められるようなことも一切ないので、安心して働けます。

めぐみ
めぐみ

私はもともとキャバ嬢として働いていましたが、チャットレディに転身してからは、こっちのほうがはるかにメリットが多いと感じました。収入もキャバ嬢時代とそこまで大きく変わらず、ノルマや罰金、無理してお酒を飲むことなどもないので、とても快適に働けるんですよね。

チャットレディにデメリットはある?

たくさんのメリットがあるのはチャットレディですが、やはりデメリットも存在するということを覚えておかねばなりません。ここでは、チャットレディとして働くうえでどのようなデメリットがあるのかなどについていくつかピックアップしました。

金銭感覚が狂うことがある

チャットレディの中には、毎月100万円ほどの大金を稼いでいる方もいます。努力次第では、誰でもここまで稼げるチャンスがあるのは魅力的ですが、あまりにも稼げるゆえに金銭感覚が狂ってしまう方も少なくありません。

買い物をするときも、値札を見ずに購入したり、高価なブランドバッグを次から次へと買ってしまう方もいます。金銭感覚が狂いすぎると、今まで仲良くしてくれていた友達からも、距離を置かれてしまうかもしれません。なので毎月、自由に使えるお金をいくらまでと決めておくのもいいかもしれませんね。

金銭管理を徹底して行うと金銭感覚は狂わない

たとえば、お金を管理する銀行口座をわけるのもひとつの手です。普段の生活で使用する口座と、チャットレディで稼いだお金をわけて管理すれば、金銭感覚が大きく狂うことを防げるでしょう。

また、あらかじめ稼ぎたい金額を決めておくのもよいかもしれません。「500万円稼いだら辞める」と決めておき、稼いだ時点で辞めてしまうのも対策のひとつです。金銭感覚の狂いを防ぐのに有効手段です。

身バレ・顔バレする可能性がある

顔出しで働いているチャットレディの場合、顔バレしてしまうリスクがあります。顔出ししたほうが稼げるのは事実ですが、待機中には多くの男性会員に見られています。もし、知り合いや友人などが会員だった場合、見られることでバレてしまう恐れがあるのです。

また、顔出ししていなくても、声や身体的な特徴などからバレてしまうかもしれません。体のどこかにタトゥーが入っていたり、特徴的なアザなどがあったりするケースです。家族や友人、知人などに身バレしてしまうと、今後距離をとられてしまったりトラブルに発展するかもしれません。

顔出しをしなければそもそも顔バレすることはない

多くのライブチャットサイトでは、顔出しせずに働けます。絶対に顔出ししなくてはならない、といったことはないので、身バレや顔バレしたくない方は、顔をさらさずに働きましょう。

顔出しせずに配信すれば、身バレや顔バレのリスクをかなり軽減できます。ただ、稼ぎにくくなるのは事実なので、そこは注意しましょう。「身バレや顔バレするリスクよりも稼ぎをとるのかどうか」ですね。じっくり考えて判断してください。

メイクを変えたりウィッグを活用したりして顔バレを防ぐ

変装することで、身バレや顔バレを防ぐ方法です。意外と、この方法を採用しているチャットレディは少なくありません。普段の自分とはまったく違う見た目になれば、バレるリスクはかなり軽減できるでしょう。

メイクやウィッグで変装するときには、普段の自分とは違う、もう1人の自分を演出したほうがよいかもしれません。つまり、ライブチャットサイトの中だけのキャラを作るのです。話し方や声色なども変えて、まったくの別人になれば、より身バレを防げる可能性があります。

個人情報に関する発言は注意する

チャットレディが身バレしてしまう理由のひとつとして、個人情報を自ら喋ってしまうことが挙げられます。会話が盛り上がってくると、つい個人情報を漏らしてしまう方は少なくありません。そこから、身元を特定されてしまう恐れがあるので、会話中は注意しましょう。

たとえば、住んでいるところや出身校、本業で勤めている会社などの情報を与えてしまうと、そこからバレる可能性があります。個人情報を漏らしたせいで、男性会員がストーカーになってしまう、といったリスクもあるので、くれぐれも口にしないよう気を付けてください。

動画が流出する可能性がある

ライブチャットサイトでやり取りしている様子を盗撮されてしまい、ネット上に流出させられるリスクが考えられます。このようなことにならないよう、きちんと対策もしておきましょう。

できるだけ日本のライブチャットサイトを利用する

海外のライブチャットサイトを利用している方もいますが、あまりおすすめしません。海外サイトを利用している場合、日本の法律が適用されないので、仮に動画などが流出したとしても、法的な対処ができないのです。

国内のライブチャットサイトなら、日本の法律が適用されるので、流出させた相手に責任を追及することも可能です。安心して働くためにも、海外サイトは利用せず国内のライブチャットサイトを利用することをおすすめします。

盗撮対策をしっかりしているサイトを選ぶべき

男性会員からの盗撮を完全に防ぐのはなかなか困難です。多くのチャットレディは、気づかないうちにスクショやキャプチャされ、画像や映像を流出させられているのです。

盗撮被害を完全に防げない以上、被害に遭ったあとのことを考えなくてはなりません。盗撮対策をしっかりしているサイトを選ぶ、もしくはチャットレディ事務所に所属するなどが、現時点で考えられる対策ですね。

不特定多数の男性を相手にしてストレスが溜まる

チャットレディに限らず、不特定多数の男性を相手にするお仕事はストレスが溜まりやすいです。ストレスが溜まった結果、不眠に陥ったり、お酒の量が増えたりといった弊害が生じるかもしれません。

ストレスが溜まるのは仕方ないので、適度に発散することを心がけましょう。売れっ子のチャットレディは、ストレスとも上手に付き合っています。定期的に、ストレスを思いっきり発散したほうがいいですね。

生活リズムが夜型になってしまう

チャットレディとして稼げるゴールデンタイムは、夜の20時から深夜1時くらいだといわれています。そのため、多くのチャットレディがこの時間帯にログインして稼いでいます。自然と夜型の生活になってしまいますが、できるだけ朝太陽の光を浴びる、外出する機会を作るなどすると、生活リズムが大幅に狂うのを抑制できます。

確定申告が必要なケースがある

チャットレディとして得ている報酬の金額によっては、確定申告が必要になることがあります。もし必要なら、忘れないようにきちんと行いましょう。

確定申告を無視すれば大変なことに

無申告のままでいると、バレたときに追徴課税を支払わなくてはなりません。悪質だと判断されたときには、追徴課税だけでは済まないことも考えられるので注意が必要です。
年間20万円以上の報酬を得ているのなら、必ず確定申告は行いましょう。

確定申告はプロからのアドバイスをもらおう

税務署の窓口へ行けば、確定申告に関する相談に乗ってくれます。また、税理士事務所に相談すれば、アドバイスをもらえるだけでなく、申告の代行もしてもらえます。費用はかかりますが、莫大な追徴課税を払うことを考えると安いものでしょう。

めぐみ
めぐみ

私は、税理士さんに依頼して確定申告しています。もちろん費用はかかりますが、このほうが確実なのでおすすめです。確定申告以外にも、チャットレディとして働くうえで気をつけるべきことはいくつかあるので、忘れないでくださいね。

まとめ

今回ご紹介したチャットレディなら、未経験の方でも、年齢が若い女性や50代の女性でも頑張り次第で大金を稼ぐことが可能です。容姿端麗である必要もないので始めやすいでしょう。
まずは副業として始めてみるとよいかもしれません。ここでお話したように、簡単に誰でも、どこでも、初期投資無しで、とても始めやすいチャットレディですが、そこにもメリットもあればもちろんデメリットもあるので、デメリットや税申告などの注意点をしっかりと理解し、自分なりに注意したり対策をしたりしてお仕事を始めてくださいね。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

チャットレディ
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました