すすきので働くニュークラブのホステスってどれくらい貯金してます?

キャバクラ

すすきののニュークラブなどで働く女性はどれくらい貯金をしているのでしょうか。
夜のお店といえばお給料がいいイメージなので貯金はすごく沢山ありそうですよね。
性風俗ではない飲み屋系で最も稼げるのはニュークラブと言われています。
しかし、そもそも容姿が良いか接客がとてもうまい女性でないと、夜のお店であっても大金を稼ぐことは難しくなっています。
ニュークラブで勤務するためにはそもそもある程度容姿のレベルが高くなくてはいけません。
そして、ニュークラブの中で人気になった嬢は月に100万円以上を稼ぐことが出来ます。
しかし、そんなソープやデリの人気嬢にも劣らない稼ぎを稼げるのは一握りの女性だけです。
ちなみにあまり可愛くないのにニュークラブで働けるという女性は、採用条件が緩めなスナック系でお客さんの人気を集めてそのままお客さんを連れて移籍するパターンです。
その場合でも容姿で劣るわけですから、尋常ではない接客術を持ってお客さんの心を掴んでいるのです。
どんなお店でもそうですが、基本的には年齢が若いほどお給料も高く、年が上がっていくと徐々に稼ぎは減っていきます。
とは言ってもニュークラブの接客は学校を出たばかりの女性には難しいので一番稼げるのは経験を積んだ20代中盤頃です。

目安としては平均して

20代前半 30~50万円
20台中盤 40~60万円
20代後半 30~40万円
30代   20万円~

といったところです。

ただ、この平均は人気で稼げる女性が引き上げているので大体、ニュークラブで働く女性の平均日給は16,000円程度だと言われています。
それでも月に30万円もお給料があれば同世代の昼職をしている子に比べてはるかにもらっているので、貯金をするには十分です。
しかし、夜のお店で働くということは同時に夜の世界に生きているということなので普通のことは違う出費が発生したり、ストレス解消のために浪費をしてしまう女性も多いようです。

貯金するための心構えと落とし罠

ほとんどの女性が夜のお店で働く動機はお給料であると言っても過言ではありません。
学費などの借金があるから返済のために働く女性もいますし、若いうちに貯金を作りたいと思って働き始める女性もいます。
貯金をするときにもっとも重要なことは、いつまでにいくら貯めたいのかを目標として立てておくことです。
お給料がたくさんもらえるようになってくるとつい趣味やファッション、食費にお金をかけてしまうという人は多くいます。
しかし、いつまでにいくら貯めたいのかを決めておけば、自然と毎月貯金しなくてはいけない金額が決まるのでそれ以上の浪費をしないようになります。
たとえば「毎月10万円は絶対に使わず貯金する」と決めれば1年間で120万円、10年間で1200万円を貯めることが出来ます。
このように毎月貯める金額を決めておいて、お給料をもらったらまず貯金をすることが重要です。
一方で、夜のお店で働く女性はやはり肉体的にも精神的にも負担が大きいのでついストレス解消のために浪費をしてしまう女性も多くいます。
浪費の理由で最も多いのは男です。
夜のお仕事の待機室ではホストや彼氏の話をする女性が多くいます。
ヒモを養っているという女性もいて、頑張って稼いだお金を男に貢いでしまうのです。
残念なことに飲み屋系で働く女性がホストに入れ込んでお金をつぎ込んでしまい、もっとお給料を稼ぐために風俗に移るということも珍しいことではありません。
普段はお店で汚いおじさんでも気持ち悪いおじいちゃんでも優しく接客をしているホステスが、ついついイケメンに癒やしを求めてしまう気持ちはわかります。
しかし、最初はストレス解消のためと思っていても気づけばホスト無しではいられなくなってしまい、持っているお金を全てつぎ込んでしまう女性も多いのです。
そんな風にならないためにも貯金額を決めたら強い気持ちを持って、コツコツと貯金を続けるようにしましょう。

貯金に成功している女性の口コミ

ニュークラブで働きながら貯金に成功した女性の口コミや体験談を集めてみました。

小さいスナックで18歳からバイトしていたけどその頃は月20万くらいかな。
もっと大きいお店で働けるってお客さんに勧められニュークラに移ってからは23歳から27歳まで月80万くらい。
今は少し落ち着いた雰囲気のスナック・パブで月40万くらい稼いでるよ。
今30歳だけど貯金はちょうど1,000万円くらい。
ほとんどニュークラの頃の稼ぎのおかげだけど絶対に1,000万貯めて辞めるって思ってたから半分以上は貯金してた。
30歳なってみて他に出来る仕事なんかないからたぶん一生この仕事する予定

私もスナック3年→ニュークラ3年→デリ5年→スナック4年目で15年間働いて今は1,500万円。
ニュークラとデリの時は毎月30万円貯金してた。
40歳までに家買って家賃収入で生きていくつもりだったんだけど、やっぱ不景気だし年取ってきてお給料減ってきたから厳しいかも。

最初に5年間働いてたニュークラで40万円もらってたんだけど、移籍したら月80万円になったよ。
お店のシステムとか客層によって稼げる金額って全然変わっちゃうから、しっかりお店選びした方がいいよ。
私は最初の5年無駄にしたなーって今でもたまに思う。

皆人気嬢が多いんだね。私はニュークラブで何とか30~40万円をキープしてるけど、多くても毎月10万が限界。
28だけどまだ600万円。
でも中卒で頭悪いし何の技能もないのにこんなに稼げるなんて夜の世界は夢があるよなぁとは思う。

結局家賃、食費、交通費、税金、おつきあい、衣装代とかにお金使っちゃうから25万円くらいは絶対無くなる。
私は毎月25万円を使って良いお金って決めてそれ以上は全部貯金してるよ。
昼職もやってる掛け持ちだから遊びも食費も普通の感覚を持っていられてると思う。
夜のお仕事やってると金銭感覚狂いがちだからきをつけないとね。

しっかり貯金が出来ている方は自分のお給料と、貯金する金額をしっかり把握していることがおおいように見受けられました。
やはり金銭感覚が狂ってしまいがちな環境なので、使ってしまうお金と貯めるお金をはっきりと分けて機械的に毎月貯金することが重要です。
口コミで多かったのは「30歳で1,000万」を目標に頑張っている女性が多かったということです。
ニュークラブなどで働きながらであれば決して不可能な金額ではないので、貯金をしようと思っている女性はひとつの目安になるのではないでしょうか。

貯金に失敗してしまった女性の口コミ

今度はニュークラブで働きながら貯金に失敗してしまった女性の口コミや体験談を集めてみました。

入る時はぱっと稼いですぐやめようと思ってたのに生活レベル落とせなくてズルズル働いちゃってる。
結局30万円くらいしか毎月稼いでないから全く貯金できてないよ。

23までに300万円貯めてたのに、ホストにハマって3年間で借金が300になってた。
今考えると本当に馬鹿みたい。
結局そのホストもお金なくなったら切られたしね。
若い子に言っておきたいのは「私達にとってお客さんが金づるでしかないように、ホストにとって私たちは金づるでしか無いんだよ」ってこと!!

5人に一人くらいはホストで借金漬けになってデリとかソープ行きだもんね。
私もその一人だけどさ(笑)

仕事以外でもずっとお酒飲むようになって、仕事終わってからも飲み屋行くしタバコもやめられないしで体辛い。
お金持ってる分すぐつかっちゃうの止めたいけど、お酒飲みに行くのやめたらたぶん仕事続けられない負のスパイラル・・・。

やはり、貯金する覚悟をしっかり持っていないと誘惑に負けて貯金が出来ないという女性は多いです。
この口コミを反面教師にして、みなさんはどうかしっかりと貯金をするようにしてください。

預貯金ホステス

すすきののニュークラブのホステスってどれくらい貯金しているのか?を調べて見ました。
しっかり貯金している女性だと「30歳までに1,000万円貯める」というのが一つの基準になっています。
もらっているお給料から考えれば難しい金額ではないのですが、やはり貯金が全く出来ていなかったり借金まであるという女性も多くいますので、まずは浪費しないことと毎月きっちり貯金することを続けるようにしましょう。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

キャバクラ
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました