バニーガールのバイト内容と稼ぎって?接客しなくていいの?

キャバクラ

風俗で稼げる職業といえばソープやヘルスなど、身体を使うものが思い浮かびますよね。

そうでなくとも、キャバクラやホステスなど、夜の仕事はなんだか接客スキルが必要そう……正直、難しそう……そんなイメージがあると思います。

その中でひときわ異彩を放つのが「バニーガール」という職業。
夜の仕事の例によらずなかなか高給で、求人情報には配膳作業とだけ書かれています。

しかし、露出の多い格好で働く以上、やっぱり何か悪戯されることだとか、性的なサービスを要求されることが頭をよぎりますよね。
そこで、ここでは基本不透明なバニーガールという職業の内容についてまとめていこうと思います。

バニーガールに興味がある方、これから働こうと思っている方、是非参考にしてみてくださいね。

バニーガールって、どんなことをするの?


お店によりますが、基本的には配膳作業だけです。
お料理を運んで、お客さんのもとに運ぶ、これだけの内容になります。

もちろん、簡単な会話はありますが、笑顔で会釈をすればそれで大丈夫です。
配膳作業をする際にはバニーガールの衣装を身に着けます。
バニーガールの衣装を知らない人のために解説すると、太ももを強調する水着のような格好に加えてウサギの耳を模した被り物をします。
加えてヒールが高く、お尻のあたりにはウサギの尻尾の飾り物。
露出度が高く、その可愛らしさから、人気のコスプレの1つです。

そんな格好で接客するわけですから、なんらかの性的サービスがありそう……と思う人もいるでしょう。
しかしながら、そんなことはありません。
バニーガールを雇うのは大抵の場合、ルールがしっかりと設けられた高級店です。

高級店の多くは信用で成り立っているため、働く側の信用を損ねるような行為は行われません。
もちろん、元々そういったことを目的にしている店舗は除きます。

繰り返しになりますが、ウェイトレスとしてバニーガールを募集している店舗には、基本的に一切性的サービスはありません。
もし不安であれば、お店の求人内容を確認しましょう。
バニーガールに何を求めるのかが書いてあるはずです。

加えて、面接前にしっかりとお店に質問しましょう。
性的サービスがあるかないかだけではなく、バニーガールとしての仕事内容も伝えられるはずです。

例えば、性的なサービスはなくとも隣に座ってお客さんとお話をする場合もあるようですし、それが苦手だという方はきちんと確認しておきましょう。
バイトだからといって、適当にしていいわけではありませんし、きちんとお店の求める素養を確認しておきたいところですね。

例えば、求人内容に全く接客をしなくてもよいと書いている場合であっても、お店で働くホステスなどが不足していると、お客さんと話さなければならない場合もあります。
そういった内部事情も含めて、しっかりと確認する必要があるでしょう。
不安であれば、あらかじめ勤めている人に店の雰囲気を聞くことも考えます。

どれくらいの稼ぎになる?


バニーガールとして何をするかによります。

キャバクラのような感じで、お客さんと話をしながらお酒を注いだりするのであれば時給2000円以上が相場のようです。
ほかにもバニーガールとして音楽演奏、ダンサーなどなど、ひとえにバニーガールといっても働き方は様々。
それによって、お給料も変動してきます。

もちろん、複雑であればあるほど高額な報酬が約束されています。
音楽演奏やダンサーのキャストとしてバニーガールを募集している場所には時給3000円以上が約束されていることも。
疲れることも多そうですが、その分、稼ぎもたくさんあるわけですね。

しかしながら、バニーガールとしての求人が出ている場合は配膳作業、高級クラブ、高級レストランのウェイトレスとしての仕事がほとんどのようです。
こういう場合の稼ぎは、大体時給1500円以上。

その分接客はしなくて済むので、妥当な値段といえばそうかもしれませんね。
もちろん、地域や店舗によってこれらの値段は上下する点は留意してください。

高額な報酬にはそれだけの仕事内容が求められることもありますし、面接前に求人の内容をよく読みましょう。
具体的な仕事内容が書かれず、高額バイト、とだけ書かれている場合は注意です。

意図していない業務をさせられる可能性もありますし、事前のリサーチはしっかりとしましょう。

バニーガールとして必要なのはなに?


一般的に、ホステスやキャバ嬢などより容姿は重視されず、スタイルが重視される場合が多いようです。
というのも、太っていたりすると太ももやお尻を出す関係でお客さんに不快な思いをさせてしまいますし、バニースーツで太ももの肉が寄っているのは働いている方もあまりいい思いはしませんよね。

なので、一般的に見て太っている方は採用されないかもしれません。
太っていなければ基本的には問題なく、スラッと足が長いモデル体型でなければいけないというわけでもないようです。
それほど身長が高くなくとも高めのヒールを履くので問題なく、太っているかそうでないかというところが重要になってきます。
ウェストが太いと、そもそもバニースーツが入らないという事態にもなるので、最低限求められる資格として、バニースーツが着られる体型があるようです。

一方で、接客するわけではないので、容姿はそれほど重要視されないようです。
ある程度普通の女性であっても採用されやすく、化粧スキルもそれほど必要ありません。

また、バニーガールの衣装を見ると胸の大きさが心配になる方もいるかもしれませんが、そのあたりは基本的に大丈夫。
バニースーツはオーダーメイド作るところが多く、そうでなくともぴっちりと肌に吸着するような作りなので胸がなくとも問題ありません。

出来れば、お酒にもある程度耐性があるといいでしょう。
バニーガールとして働く店は基本的にお酒が入る場所がほとんどです。
接客をしないのであればお酒を飲むことは基本的にないでしょうが、場所自体がお酒臭かったりする場合もあります。
お酒自体が嫌いだと、お店の雰囲気に辟易としてしまうかもしれません。
お酒に耐性を持っておくに越したことはないでしょう。

また、女性同士で仲良くなれるスキルが必要な場合も多くなっています。
高級料理店のバニーガールはその限りではありませんが、夜の仕事の配膳担当としてバニーガールをする場合、どうしても同期の接客担当のホステスやキャバ嬢と会話をすることになります。
そのときに仲良くなっておけば、仕事の雰囲気も楽ですし、場合によっては楽しいものになるでしょう。
どうしても女性の多い職場になりがちなので、そういったコミュニティスキルも求められる1つのものかもしれませんね。

高級店のウェイトレス! バニーガールについてのまとめ

バニーガールは、基本的に高級店、高級クラブのウェイトレスという扱いです。
接客をするかそうでないかはお店次第なので、事前に確認することが重要です。
配膳作業のみなのでちょっとしたウェイトレス感覚でバイトをしてしまうかもしれませんが、バニーならではの苦労もあるようです。

例えば、バニースーツはヒールが高めなので、足をくじいてしまったり、痛くなってしまう場合もあります。
普段より高いヒールをはくことになるので体力もいりますし、それで店内を歩き回るのはなかなかに重労働です。
また、バニースーツの構造上トイレも大変ですし、生理のときは苦労するでしょう。

そういったことは実際体験してみなければわからないものです。
もし気になっても、マイナスの部分が目に付いて不安ならば、一度体験入店をしてみるのもいいでしょう。
せっかく働くのですから、お互いにとっていいバイトにしたいものです。

事前のリサーチは欠かさないようにしたいところですね。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

キャバクラ
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました