すすきのの箱ヘルは手取りバック高いの?本数の平均は?

箱ヘル

すすきのといえば、日本最高レベルの歓楽街。
常に盛り上がっており、夜中には、たくさんの人がごった返しています。
人の多いところには、当然、風俗の数も大量に存在し、風俗を求めるお客さんも数多くいるでしょう。
その中には、ソープ、箱ヘル(店舗型のヘルスのこと)など様々な形態の店舗が軒を連ねています。
これから風俗で働く人、或いは別の店舗に移ろうとしている女性は、目移りしてしまうことも多いのではないでしょうか。

すすきので有名な店といえばやはり箱ヘル

箱ヘルは今や日本に数少なく、どうせなら働いてみたい、興味がある、という人も多いと思います。
しかし、ネットでは箱ヘルはどうにも稼げない、稼ぎが少ないという噂が立っているようです。
果たしてその実情はどうなっているのでしょうか。
一日どれくらい働くのか、ということや、そもそも箱ヘルはどういった人を求めているのかということを含めてまとめていきたいと思います。

箱ヘルは稼げる? それとも稼げない? 手取りバックは?

結論から言うと、デリヘルよりバックの金額は少なめです。
一人当たりのバック金額は大体6000円~7000円程度が相場になっています。
いわゆる高級店のデリヘルと比べると、バック金額は多少低めですね。
そうなるとやはり稼ぎが少ないのか……という結論になると思いますが、結論を急ぐことはありません。
箱ヘルの特徴は、なんといっても収入が安定している、というところにあります。
なぜなら、いわゆる「格安店」が多いので、それだけ大量のお客さんが入ってくるので、たくさん収入を獲得できるというわけです。
つまり、頑張れば頑張るだけ大金が入ってきます。
稼げる、稼げないという質問は、「客の数を増やせば稼げる」と答えることができるわけですね。
安くサービスを提供し、大量にお客を迎え入れるというのが箱ヘルの本旨なので、稼ぐためにはそれだけ頑張る必要があるというわけですね。
特にすすきのの箱ヘルは客入りが非常に多く、慢性的に人手不足というところも少なくありません。
箱ヘルとデリヘルを比較してみましょう。

デリヘルにおける一本ごとの金額は確かに高額

しかし、デリヘル店をはじめとする指名制の店では、やはり人気の嬢に指名が集中しますし、人によっては指名がもらえないこともあります。
もしも、デリヘル店に勤めても、全く指名が入らず、お茶(指名ゼロの日のこと)の日になってしまっては、その日の稼ぎはゼロということになってしまうのです。
せっかく時間を使って出勤してきているのに、稼ぎがなくては意味がありませんよね。
店によっては出勤すれば報酬が確約されている場所もありますが、そういった店は当然のことながら面接が厳しかったり、そもそも詐欺店だったりします。
重ねて言うことになりますが、「人気の嬢であれば」出勤するたびにたくさん収入が入ってくるのは事実です。
その上限金額は、箱ヘルで同じ数をこなしたときに入る金額よりも遥かに高額なものになるでしょう。
ただし、それは人気嬢に限った話。
デリヘルで人気嬢になれる自信があるのならばデリヘルのほうが稼げますが、箱ヘルの本数と同じだけデリヘルで稼ぐのは大変です。
デリヘルにおいて人気嬢になったときの収入には夢がありますが、大量に稼ぐことの出来る人は一握りということになりますね。
一方の箱ヘルですが、上述した通り人手不足になってしまうほど客入りが多く、お客さんも次々と入れ替わり立ち代わり入ってきます。
そのため、全く稼ぎにならないということはほとんどなく、しっかりと着実に稼ぐことが出来ます。
箱ヘルはさくっと行って安くヌキたいという人が多いため、1本あたりの時間も少なめです。
具体的には、ほとんどのお客さんが1回40分程度の利用であることが多いとか。
もちろん、それだけに、時間あたりでこなさなければならない本数も多めです。
少なくても2、3本、多い人は1日で6、7本こなしていいます。
だからといってずっと店にいることは出来ません。
ほとんどのお店は出勤時間がある程度決められています。
加えて、ほとんどのお店はタオル代、クリーニング代など、雑費として給料から天引きされる場合もあるようです。
もちろん、デリヘルでも雑費が引かれる場合もありますが、箱ヘルはその割合が大きい傾向にあります。
値段としては、大体安くて500円、高いと1000円ほど。
大量に稼ぎたい! ガンガンバンバン稼ぎたい! という人には不向きかもしれませんね。
箱ヘルは、通常のバイトのように、決められた時間である程度稼ぎたいという人にはベストな形体といえるでしょう。
また、求められることが少ない関係で、面接もそれほど厳しくありません。
レベルの高い容姿や人を骨抜きにするようなテクニックがなくとも、受け入れてくれる場合も多いようです。
なぜなら、上述したように箱ヘルは常に人手不足に悩まされているからです。
たくさん人が必要ですから、面接や条件も緩めに設定されているわけですね。

さて、そこで気になってくるのはサービスと、お店にいる間は何をするのか、ということでしょう。。
いくら稼げるといっても、本番を強要されたり、暴力を振るわれたりするお店で働きたいとは思いませんからね。
そこで、以下に箱ヘルでのサービス内容、箱ヘルならではの利点について述べていきたいと思います。

箱ヘルのプレイ内容や利点について

箱ヘルは女の子1人1人に割り当てられた部屋でお客さんを待ち、やってきたお客さんをサービスする形態です。
他の女の子と顔を合わせることがないので、人と関わることが苦手でも仕事をすることが可能なのは利点といえるかもしれませんね。
ほとんどの場合、勤務中は女の子に部屋が貸し出されます。
そのため、お客さんが来ない間は個人スペースで好きなことをすることが出来ます。
1人でいる時間を大切にしたい人は、待機時間で何かしていてもいいかもしれませんね。
お客さんが来たら、早速プレイ開始です。
ヘルスですので、本番は原則として厳禁。
その上、店員が部屋の外でしっかりと監視しているので、乱暴な人や本番目的の人はしっかりと断ってもらえます。
デリヘルは自宅に呼ばれることも多く、そのため、本番を強要する客も残念ながら多めです。
なので、安心という面でいえば箱ヘルのほうが安心できるといえるでしょうね。
また、箱ヘルは料金が格安であるため、それほど高級なサービスは要求されない傾向にあります。
もちろん通常のヘルスと同じく、フェラチオや素股、手コキなどのプレイは求められるでしょう。
お店としては基本的に回転率に重きを置いているので、1人1人に最高のサービスをする必要はないというわけです。

しかしそれは、回転率が高い分、それだけ多くの本数をこなさなければならないということです。
上述しましたが、多い場合は一日で6本、7本ほどのプレイをこなす必要があります。
なので、仕事としてやる分にはデリヘルよりもハードだといえるでしょう。
箱ヘルとデリヘル、両者のメリットとデメリットを掛け合わせて、自分に合ったほうを選択していきたいところですね。

箱ヘルは収入が安定する! すすきの箱ヘルのまとめ

前述したように、箱ヘルはデリヘルと比べると大量に稼ぐことはできなくなっています。
とはいえ、すすきのは日本有数の大歓楽街。
求人数も驚くほど多く、箱ヘルに限ってもそれなりの数が存在しています。
なので、そこには新人獲得のための価格競争が生まれており、箱ヘルであっても高額バックが実現されている店もあるようです。
あらかじめリサーチをきちんとして、情報をあつめておきましょう。
自分にベストな店舗を探しあてたいところですね。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

箱ヘル
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました