風俗のお客さんにバレンタインデーにどんなチョコをプレゼントする?

風俗全般

世の中の男性が女性からチョコレートをプレゼントする行事としてポピュラーなバレンタインデー。
いくつのチョコレートが貰えるのかそわそわする男性も少なくありません。
風俗店で働く女性の場合には、2/14に出勤した際はお客さんにチョコレートをあげるのでしょうか?そして、どんなチョコレートをプレゼントするのでしょうか?

チョコレートはあげる女性とあげない女性がいます


風俗店で2/14に働く女性は、お客さんにチョコレートをあげる女性とあげない女性がいます。
そして、渡すチョコレートの値段もお客さんによって変える事も珍しくありません。
また、来てくれたお客さんだけでなく、働いているお店男性スタッフに渡す女性もいます。
一方でお客さんや男性スタッフにチョコレートを渡さない女性にも、色々な理由から渡さない事に決めています
チョコレートを渡す際にも、女性が働いているお店が激安や格安店などの大衆向けのお店である場合と、高級店である場合でチョコレートや内容が変わってきます。

全てのお客さんにチョコレートをあげる場合

2/14に来てくれたお客さん全てにチョコレートをあげる女性の場合は、本指名客やフリー客も関係なく渡します。
それでも、本指名客には値段の高いチョコレートを、フリー客には義理チョコを渡す場合が多いようです。
フリーのお客さんへは、均一の値段のチョコレートを複数用意して、自分が付いたお客さんへ渡している場合が多数です。
また、高級店の場合には有名ブランドのチョコレートを用意する事が多いです。
また、お店がバレンタインデーのイベントとして、既にお客さんへ渡すチョコレートを用意している場合もありますので、イベントのあるお店で働いている場合にも、全てのお客さんにチョコレートを渡す事になります。
フリーのお客さんにチョコレートをあげると、「なんだかんだでチョコレートは嬉しい」と感じるお客さんも多いので、喜んでもらえる事が多いです。
一方で、義理と分かるチョコレートを貰っても嬉しくないと感じ、「チョコレートいらないので、その分料金を安くして」と頼む、とんでもないお客さんもいるようです。

本指名客や太客だけにチョコレートをあげる場合


自分の事をいつも指名してくれているお客さんに対してのみ、日ごろの感謝を込めてチョコレートを渡す女性も多くなっています。
この場合は、フリー客に対してチョコレートを渡してもあまり見返りが期待できない分、本指名や太客のお客さんにだけしっかりチョコレートを渡したいと考える女性が多いようです。
高級店で働く女性の場合には、自分のお客さんに対して有名ブランドのチョコレートと一緒に、ブランド物のハンカチギフトなどチョコ以外の物も用意して渡す事が多いです。
高級店の場合には、お店を利用してくれるお客さんを大切にしているといった姿勢が大切な為、きちんとしたギフトとして日ごろの感謝を込めて渡す女性がほとんどです。
また、大衆向けのお店でも自分の指名客には、それなりのチョコレートを用意している傾向があります。
また、自分のお客さんなら、ホワイトデーにお返しとしてまた本指名で来てくれる可能性も高いので、その見返りを期待してチョコレートを渡す場合もあります。
そして、お客さんにとっては、風俗店のお気に入りの女性からの「チョコレートを用意しているので、バレンタインデーはお店に来てね」の営業メールは断れず、結局お店に来てしまうお客さんも少なくないのです。

お店の男性スタッフにも渡す場合

働いている風俗店の男性スタッフにチョコレートを渡す女性もいます。
これは、日ごろの感謝の気持ちを込めて男性スタッフに渡す事が多いです。
この場合には、ひとりひとりに手渡しをするのではなく、チョコレートを男性スタッフの人数分用意してまとめて渡す、もしくは大きめのチョコレートの詰め合わせを用意して「みなさんでどうぞ」と渡すのがスマートです。
必ずしも男性スタッフへチョコレートを渡すのは必須ではありませんが、もしも渡すか渡さないかで迷っている場合には、渡しておいた方が良いでしょう。
チョコレートを男性スタッフに渡しておいたことによって、自分の評価が上がるポイントになる…かもしれません。

チョコレート以外のお菓子をプレゼントする傾向もある


バレンタインデーは、男性にチョコレートを渡すイベントですが、実はチョコレートが苦手な男性も少なくありません。
また、チョコレートは溶けてしまう、日持ちしないものもあるなど取り扱いが難しいお菓子でもあります。
その為、あらかじめチョコレート以外のお菓子を用意し、プレゼントする女性もいます。
この場合には、クッキーやマドレーヌなどの焼き菓子が選ばれています。
また、お客さんに渡しても断られてしまい、余ってしまう事もあります。
その時を見据えて、余っても良いように、自分が好きなお菓子を選んでお客さん用に用意している女性もいます。

渡さない女性もいる

チョコレートを渡さない女性は、そもそもバレンタインデー自体を休みにしてしまう事が多くなっています。
彼氏のいる女性の場合は、彼氏のみ渡したい、風俗店で働くのはお仕事の為、お客さんに配るチョコレートの為にお金を使いたくない、と考えている女性もいます。
チョコレートを渡す事や用意する事が面倒と感じる女性もいます。
結果、渡さないなら始めから休んでしまう女性が多くなっているのです。

女性がお客さんへチョコレートを渡す理由


バレンタインにチョコレートを渡す女性は、日ごろの感謝の気持ちをお客さんに込める以外にも、今後の先行投資から渡す女性もいます。
お店によって傾向がありますが、バレンタインデーは利用するお客さんが多く、稼げる時期である事もあります。
その為、女性によっては2/14だけでなく周辺の一週間の間をバレンタイン期間として、その間にお店に来てくれたお客さんに対して、チョコレートを配っている事もあります。
しっかり稼ぎたいのなら、バレンタインデーも出勤する、そして自分の本指名のお客さんだけにでもチョコレートを用意しておくのがベストといえます。
お客さんへのチョコレート代も、複数用意すれば、またきちんとした物を用意すれば、それなりの金額となってしまいますので、お客さんへのチョコレートを用意するのがもったいないと感じる方もいるかもしれません。
けれども、今後用意した金額以上の、多くの見返りとして返って来る可能性もあるのです。
もしも、入店して間もない時には、在籍している他の女性に、お店のバレンタインデーのチョコレートの傾向を聞いてみるのも良いでしょう。
特に、高級店の場合には渡す物の風習や傾向がある可能性が高いので、ベテランの女性や男性スタッフに聞いてみると、より確実にお客さんへ渡すチョコレートなどが用意できます。

まとめ

バレンタインデーにチョコレートを渡す女性は、お客さんに対して値段が違うものを用意する、高級店や大衆向けのお店化によっても変わってくる事が分かりました。
また、バレンタインデーにお客さんへチョコレートを渡さない女性は、バレンタインデー自体を欠勤にしてしまう事も分かりました。
バレンタインデーにお客さんが集中して入るお店なら、バレンタインデーのチョコレートは今後のお客さん獲得にも有効です。
しっかりバレンタインデーを利用して稼ぐのも一つの手段と言えます。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました