京都グループよりオフィスラブが稼げるらしい!待遇とかバックは?

ソープランド

神奈川県の川崎は、日本有数のソープ街です。
北の堀之内と南の南町に二分され、あわせると関東では吉原に次ぐ規模があるといわれています。
店舗数は50~60件ほどもあるので、お客もお店選びに迷うほどです。

そんな川崎でも、特に集客力が高いといわれるのが京都グループです。
川崎で9店舗を経営する格安店で、勢力はかなり大きいといえます。
川崎のソープで働こうと考えている女性にとっては、まず選択肢に入れたいところです。

一方で、京都グループよりも稼げると噂されているお店があります。
それがオフィスラブです。
埼玉県に本拠地のあるラブアンドピースの系列で、比較的新しいお店です。
こちらも格安店ですが、「社長室」をコンセプトにしたお店として人気を博しています。

ソープ激戦区にあるこの2系列のお店、果たしてどちらが稼げるのでしょうか。
ここでは、バックや雑費などの情報をまとめてみました。
川崎のソープで働こうと思っている人は、ぜひ参考にしてください。

京都グループは、若い女性中心で人気のお店


京都グループの客入りのよさは、外からお店を眺めているだけでもわかります。
特に客引きが立っていなくても、お客がコンスタントに入店していくからです。
お客から信頼され、多くの常連客がいることが見て取れます。
平日に強いのも特徴で、月曜の日中から入店するお客もいます。
安定して稼げるのは女性にとってはありがたいことです。

人気の理由の1つは女性の年齢層でしょう。
在籍嬢の年齢がやや高いといわれるソープ業界において、若い女性中心のお店であることをコンセプトにしています。
ギャルも多く、アラサーになると年長といっていいくらいです。
雇用する女性の年齢は35歳程度が上限になっています。

また、川崎のソープは基本的にS着で、京都グループもその例に漏れません。
NSで当然という雰囲気のある吉原に比べると、働く側としては安心できます。
ただ、それは同時にNSによる差別化ができないということでもあります。
女性の年齢の範囲が狭いことを考えても、ただ若いというだけでは取り柄になりません。
お客の心をつかむための努力が必要ということです。

そして、京都グループは新人期間が1週間と定められています。
これはソープ全体から見ても短い部類です。
ソープ初挑戦の場合、この1週間でいろいろなことを覚えなければなりませんから、なかなかハードです。

その分、新人期間中はお店もアピールしてくれますし、フリーのお客もどんどん入ります。
1週間でかなり稼げると考えてよいでしょう。
ただ、それは新人期間が過ぎてしまうと、後輩にお客を奪われる可能性があるということです。
そのため、「京都グループは新人期間を過ぎると暇になる」という噂もあります
これに関しては、実際に働いたことのある女性の間でも意見が別れています。
京都グループが川崎でもトップクラスの客入りを誇るのは間違いなく、新人期間中はフリーの客をどんどん回してもらえる、それにも関わらずリピーターがつかなければ自分の責任だという声もあります。

なかなか厳しい意見ですが、激戦区で本指名をもらうには、これくらいの姿勢でいた方がよいということでしょう。
稼ぐためには努力あるのみです。

京都グループの客層はブルーカラー中心。


川崎は工業の街として発達してきました。
現在でもそれは変わっていないので、お客はいわゆるブルーカラーが中心です。
工場の作業着そのままで来店する人もいるほどです。
気軽な遊び場として認識されているということでしょう。
この辺りは京都グループも同じです。

ただ、そういう場所だけに痛客もいます。
痛客といってもいろいろありますが、川崎の場合はショートタイムで入ってひたすらがっつくというタイプのお客がいるようです。
このタイプのお客がギャル店に来ると何かと問題なので、グループの中でもサービス重視の「京都妻」や「お姉京都」に誘導する流れができています。

店舗名から想像がつく通り、「京都妻」や「お姉京都」は女性の年齢層が高めです。
アラサーがメインと考えてよいでしょう。
無制限発射可能など、ギャル系の店舗にはないルールも用意されています。
もともと川崎のソープは、吉原などと比べて外見よりサービスを重視する傾向にあります。
人妻店でも十分繁盛するのです。

そして、肝心の手取りは以下のようになっています。

45分:10,000円
60分:13,000円
70分:18,000円
90分:20,000円

最新のデータでは変わっている可能性もありますが、そうそう大きく変化することはないので、ほぼこんなものだと考えてください。
雑費は500円~1,500円程度で、バックに比例して高くなります。
格安店としては、十分に稼ぎやすいといえるでしょう。

もちろん川崎には高級店もたくさん存在していますから、容姿や技術に自身のある人はそちらを狙ってみるのも悪くありません。
しかしながら、伝統ある川崎の色街とはいえ、最近ではうまくいっていないお店も出てきています。
京都グループは客入りがいい分、高級店より稼げる可能性もあります。
よく検討しましょう。

京都グループとオフィスラブの待遇はほぼ同じ


それでは、もう1つの人気店オフィスラブは、京都グループとどう違うのでしょうか。
結論から言ってしまうと、京都グループとオフィスラブの待遇はほぼ同じです。
手取りも女性の年齢層もS着が基本であることも共通しています。

なぜここまで似ているのでしょうか。
競合店にあわせたと考えることもできますが、1つ特殊な事情があります。
実は、京都グループとオフィスラブの社長は仲がよい知り合いなのです。
オフィスラブの社長は、京都グループのシステムとほぼ同じお店を埼玉に展開して成功しました。
しかし、流石に友人の本拠地である川崎では、「パクリ」を遠慮していたのです。

そこで別の案として出されたのが、基本システムは同じだがコンセプトが大きく違うお店を出すことでした。
オフィスラブが「社長室」をコンセプトとし、女性が秘書のコスプレをして登場するのはそういった事情があるのです。

結果的に住み分けは成功し、2系列とも人気店の座を保っています。
どちらで働くかを考えた場合、コンセプトが自分にあっているかどうかで判断した方がよいでしょう。
京都グループは、若い女性中心といっても店舗ごとに微妙な差があります。

ギャル系・ロリ系メインのコスプレ店である「エデン」、アロマエステとソープを組み合わせた「アロマカフェ」、前述した「京都妻」などが特にコンセプトのはっきりしている店舗です。
これらにオフィスラブを加えて、一番相性のよさそうな店舗を選びましょう。

ただし、細かい待遇も店舗ごとに異なるので気をつけてください。
たとえば、京都妻には部屋が5つしかありません。
これは結構ネックになる場合もあります。
事前にお店に確認をするなどしてよく考えましょう。

未経験でも問題なく働ける

ソープ業界も移り変わりが激しく、隆盛と衰退を繰り返しています。
川崎はソープの他にちょんの間もあり、かつては繁盛していましたが、近年では取り締まりの強化で数を減らしつつあります。
京都グループは、そんな川崎でも安定して稼げるお店だといえます。

オフィスラブも、川崎において京都グループと共存しています。
今後も生き残る見込みが高いですし、系列店が増える可能性もありますから、こちらで働くのも悪くありません。

両方に共通して出勤時間の自由度が高く、異業種との掛け持ちやタトゥー・へそピアスなども認められているため、未経験の人も入りやすいのがメリットです。
吉原では働き口が見つからなかったという人も、川崎であれば通用する可能性があります。
気になったらまずは電話してみましょう。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

ソープランド
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました