ソープの雑費・税金・お茶代とは?絶対に給料から引かれるの?

ソープランド

数ある風俗のジャンルの中でも異彩を放っているのがソープだと思います。
システムも他の風俗とは少し違っていたりします。
雑費・税金・お茶代などの名目でお給料から引かれるという事もあります。
ただ、これらが具体的にどういった物なのかを知っている女の子はかなり少ないはずです。
後になって損をしている様な気持ちにならないためにも、前もってどの様な内容なのかを把握しておきましょう。

雑費には色々な物が含まれている

雑費というと、かなりザックリした感じがしますが、これには様々な物が含まれています。
挙げたらキリが無いという感じですが、例えば部屋代とかコンドーム代という感じです。
この他仕事で使うものは全て含まれていると言ってもいいかも知れません。
水道代や石鹸代なども含まれていると思っていいでしょう。
全てに渡って事細かに請求されるという訳ではなくて、これらを全てまとめて雑費という形で支払うことになると思います。

それならできるだけ節約して接客をすれば、雑費の支払いが少なくなるかもと思われるかも知れません。
しかし、基本的にはその様な事は無いはずです。
雑記の請求の仕方ですが、実際に使ったかどうかではなく、別の方法でいくら支払うかが決められます。
具体的にはお店によって違うのですけど、接客したお客さんの人数であるとか稼いだ金額から一定の割合を引かれるとか、その様な仕組みになっている事が多いです。

ですので、シャワーのお湯の量を調節したり、コンドームを使う数を少なくしても全く意味が無いという事になります。
接客時にはこういった備品を惜しみなく使うようにしてください。
おそらく皆さんも自宅ではそれなりの節約生活をしていると思うのですけど、その癖はここでは見せない方がいいと思います。
せっかくリラックスしにお客さんがやって来ているのですから、変な所でケチになってはいけません。
旅館の様に湯船からお湯を溢れさせるくらいが丁度いいです。

何となく支払いたくない気持ちになるかも知れませんが、皆さんは部屋を借りている立場ですから、これぐらいは受け入れていただきたいと思います。
これを自分で用意しようとなると相当な労力になってしまうはずです。
それをお店の人に任せることができるのですから、相当割安な雑費という見方もできると思います。
ただ、最近はこのような雑費そのものが存在しないというお店も増えているので、面接時等に細かい事について聞いておいてもいいと思います。

ソープ業界の税金とは具体的に何なのか?

国民の義務となっている納税ですが、何とソープ嬢もお店に対して税金を支払うことがあります。
ただ、これは国であるとか市町村に納める税金とは別物でして、お店への感謝料みたいな意味合いの方が強いようです。
それなら税金という名目でなくても良いような気がしますが、どういう訳か昔からこの様な呼び方をしています。
慣習でそうなっているという感じですので、お店の人に聞いてみてもハッキリとした理由というのは分からないと思います。

ちなみにこの様な税金とは別に、女の子自身が納税をしなくてはいけないという義務も負っています。
法的に見ると個人事業主という事になりますので、1年に1度『確定申告』をしなくてはいけません。
お店が納税してくれるという所もあるかも知れませんが、風俗の中でもソープの場合はジャンルが特殊なので、おそらくしていないと思います。
ですので皆さんも幾らくらい稼いでいるのかをしっかり把握した上で納税する様にしましょう。

ただ、実際に納税をしているという女の子はそれ程多くない様です。
そもそもその様な手続きを取らなくてはいけないという事自体を知らないケースが多いからです。
バレてしまえば法的に罰せられる事なりますが、そうでなければそのままという事になるので最終的な判断は皆様次第になるでしょう。
稼ぐ金額もそれなりに大きくなるので、もし万が一バレてしまうとなると追徴課税等が行われて余分な金額を支払わなくてはいけなくなります。

これについてはやはり同じ仕事をしている女の子だったり、お店の人に聞いておく事をお勧めします。
また、これと同時にネットで情報収集をしてみるのもいいでしょう。
確定申告の手続き自体はそれ程難しい事ではありませんので安心してください。
この時知っておきたいのが経費についてです。
仕事で必要になる物というのは課税対象から差し引かれます。
コンドームですとか制服の洗濯代なんかも経費に含まれると思うので、そちらの方も把握しておきましょう。

お茶代を請求するお店も存在している

ソープではこれらの他にお茶代を請求するという例もあります。
何かの隠語かなと思われたかも知れませんが、そうではありません。
この場合の『お茶』は皆さんが普段飲んでいるお茶と全く同じ意味になります。
お客さんが部屋の中に入って来て何をするかと言えば、まず最初にお茶を出すという事が多いはずです。
このお茶代を皆さんが支払うという事になります。
もちろんお茶以外にジュースなんかを提供するという事もあります。
最初に雑費について述べましたが、その中にお茶代が含まれているという事も少なくありません。
こと細かに請求すると女の子に嫌がられるかも知れませんから、あえてその様にしている事もあります。

これらの雑費・税金・お茶代ですが、必ずお給料から引かれるかどうかが気になると思います。
最近の傾向としては、そういったもの自体が存在していないというケースが増えて来ています。
昔は様々な理由で請求していた訳ですが、女の子の数が少なくなっている(少子化)という事もあって、お店側が強気に出ることができない状態になっています。
また、これに関連してネットが普及してきているという事も大きく関係しているでしょう。

風俗店は悪い噂が広まる事を何よりも警戒しています。
このお店ではこんな事でお金を請求されたという噂が広まってしまうと女の子の確保が難しくなってしまうのです。
この様な事態を避けるため、雑費の支払いをしなくて良いというお店が多くなりました。
これは働く側である皆さんにとって朗報だと言えるでしょう。
ほんの僅かな金額かも知れませんが、これも積み重なれば相当な金額になります。

ただ、最初の段階でプレイ料金の幾らかをお店側に支払うことになる訳ですから、トータルでの収入に関してはそれ程変化していないと思います。
とは言え、様々な名目で請求される事が無くなった訳ですから、精神的には楽でしょう。
全体的に見て9割以上のお店がその様になっていると思いますが、もしそうでないお店があるのでしたら移籍を検討しても良いと思います。
お店自体は数え切れない程ありますから、無理をしてその様なお店で働き続ける理由は無いはずです。

雑費・税金・お茶代が無いケースもある

雑費とは何か、税金とは何かという感じで見てきた訳ですが、大体の事を理解されたと思います。
最近のソープを含む風俗業界ではこれらの名目でお給料から差し引かないお店も存在します。
お店選びの際にも特別意識する必要は無いでしょう。
ただ、絶対に無いとまでは言い切れません。
ソープは比較的昔からの老舗が多いですから、慣習として今も続いているという事もあり得ます。
その様な場合は移籍も視野に入れてください。
せっかく頑張っているのですから、少しでも条件の良いお店で働いた方が得なのは言うまでもありません。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

ソープランド
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました