立川の風俗店って客層どう?別エリアと比較してみたました。

風俗全般

風俗で働く時、気になるのが客層です。
東京には新宿や渋谷だけではなく、立川など風俗が盛んな地区が複数存在しています。
ここで、風俗店の立地によって客層にも違いが表れています。
客層を理解しておけば、働き始める際の参考にすることができます。
そこで、ここでは立川の風俗店の特徴や客層の傾向について、新宿や渋谷など他のエリアと比較しながら検討してみたいと思います。

立川の風俗店はデリヘルが中心

風俗には様々なカテゴリーが存在しています。
繁華街として規模が大きな新宿にはデリヘル以外にも多彩な風俗店が展開していますが、立川では店舗型の風俗店は少数でデリヘルが中心となっています。
さらに、新宿や渋谷と立川では、風俗店の業態の違いから客層にも違いが生じています。

新宿の客層は仕事帰りの会社員や観光客が中心

新宿は言わずと知れた日本最大の歓楽街、歌舞伎町を擁する街です。
歌舞伎町にはあらゆるタイプの風俗店が営業していると言っても過言ではありません。
ソープやファッションヘルスなどの店舗型風俗店から、デリヘルやホテトルなどの派遣型風俗店など、様々なタイプの風俗店が営業しています。
さらに、新宿駅は日本最大の乗降客数を誇り、周囲にはオフィスビルやビジネスホテルが多数、立ち並んでいます。
そこで、新宿の風俗店を利用する男性客は、新宿で働いたり、新宿駅を利用したりする会社員が中心です。
また、東京に出張や観光で訪れた男性が、そのついでに新宿で遊ぶという場合もあります。
新宿の風俗を利用する男性客は、都心で働く会社員が中心で良くも悪くも平均的、標準的な男性客が多くなっています。
そこで、新宿の男性客は総じてプレイ内容よりも、女性の顔やスタイルをより重視する傾向にあります。

渋谷は若者向けのデリヘルが多い

渋谷にもソープやファッションヘルスなどの店舗型風俗店がありますが、その数は少数で、メインはデリヘルです。
渋谷には若者向けのラブホ街があり、ラブホ利用を前提としたデリヘルが多くなっています。
渋谷のデリヘルは、ギャル系やコスプレ系など若者に好まれるタイプのお店が多いのが特徴で、若者の街らしく所属している風俗嬢も若手中心です。
また、渋谷や恵比寿、品川などオフィスビルで働く会社員が渋谷で遊ぶという場合もあります。
総じて渋谷の客層は新宿よりも若くなっています。
また、渋谷の客層は新宿と同様に、やはり女性の顔やスタイルを重視しがちです。

立川の風俗はデリヘルが中心

東京の郊外、多摩地区に位置する立川の風俗は派遣型のデリヘルが中心です。
以前、立川にはピンサロが多く存在していましたが、警察による手入れで店舗数が減少し、現在では店舗型の風俗店はほとんど営業していません。
また、立川にも立川駅近辺にラブホ街があり、立川駅周辺のデリヘルに所属すると、ラブホに派遣される場合もあります。
しかし、立川のラブホ街の規模は渋谷に比べると遥かに小さく、立川のデリヘルを利用する男性の中には自宅客も多くいます。
男性の自宅に派遣される場合には、新宿や池袋のデリヘルのように服装や身なりに気を配る必要はなく、カジュアルな服装でも問題ありません。

中年や高齢の男性客が多いのが立川の特徴

新宿や渋谷の風俗を利用する男性客に比べると、立川の客層は年齢が高めです。
年齢が高めの立川のデリヘルでは、新宿や渋谷の風俗店に比べると採用基準が緩めとなっています。
また、立川のデリヘルで働く場合には、年齢が高めの男性客ゆえに注意が必要となる点もあります。
しかし、男性客のニーズを正しく読み取ることができれば、リピート客を獲得して大きく稼ぐことも可能です。

立川では高齢化が進行しつつある

立川市は1970年代にニュータウンとして栄えた地区です。
多くの集合住宅が立ち並び、新興住宅地として賑わいを見せた立川ですが、現在では高齢化が進行しています。
離婚を経験したり、妻に先立たれたりした独居老人や一人暮らしの中年男性が多く暮らしている地区が立川です。
また、結婚していてもパートナーとセックスレスの状態となっている男性も多く立川には居住しており、立川のデリヘルに所属するとそのような中高年齢層の男性が相手になることが多くなっています。

立川のデリヘルは採用基準が緩め

立川の男性客の年齢層は高めです。
そんな年齢が高めの男性客に対応する立川のデリヘルでは、女性の採用基準が緩めとなっています。
立川には、人妻系や熟女系のデリヘルも複数存在しており、そのようなお店であれば30代後半や40代の女性でも所属できます。
というのも、50代、60代の男性からすれば40代の女性でも年下となるので、立川であれば40代の女性であっても活躍の余地があるのです。
また、男性の年齢が高くなればなるほど、女性の容姿に対して多くを望まなくなります。
そこで、立川のデリヘルであれば、新宿や渋谷ほど女性の容姿や体型にうるさくなく、採用基準が緩い傾向にあるのです。
渋谷や新宿では女性のレベルも高い場合が多いため、人気の風俗店に所属するのが難しい場合がありますが、採用基準の緩い立川のデリヘルであれば、多くの女性が働けるのです。

立川では老害に注意が必要

採用されやすい点が立川のデリヘルの特徴ですが、男性客の年齢が高いために注意が必要となる点もあります。
中年や高齢の男性の中には、融通が利かない人がいます。
また、長らく一人暮らしをしている男性では、どうしてもコミュニケーション能力に問題がある場合があり、接客する上でトラブルに巻き込まれる可能性が高くなっているのです。
具体的な例としては、お店のホームページに掲示されている写真と本人の容姿が異なることを理由にクレームをつけてチェンジを要求したり、値引きを要求したりするなど、若い男性客には見られないトラブルに遭遇することがあるのです。
立川で働く場合には、老害による被害に注意が必要となるのです。

精神面でのケアもできれば、大きく稼げる可能性も

立川の男性客は年齢層が高めの傾向にありますが、高齢の男性は性的快楽よりも精神面での癒やしを求める場合があります。
新宿や渋谷を利用する若い男性はとにかく性的快楽を求めがちです。
若い男性客はプレイ時間の範囲内で何回もしようとする傾向が強く、肉体的に貪欲なのです。
しかし、年齢が高齢になればなるほど、回数をこなすことは不可能になり、性的快楽を求めなくなります。
プレイ時間内に1回でもいければそれで十分で、それ以上に、精神的な癒やしや安らぎを求める傾向にあるのです。
そこで、立川のデリヘルに所属するのであれば、男性客の精神的なケアができれば大きく稼げる可能性が膨らみます。
孤独感にさいなまれている男性は話し相手を求めています。
そんな時、女性と日常的な出来事について会話したり、愚痴や不満を聞いてもらえたりすれば、男性の心は癒やされるものです。
男性の良き話し相手となって男性客の孤独を癒やせる存在となれれば、リピートや指名を獲得できるようになって稼ぎを増やせます。
立川のデリヘルで働く場合には、男性に性的快楽を与えていかせてあげるだけではなく、男性の話し相手になって精神面でのケアもできるようになれば、稼げる可能性が高まるのです。

まとめ

立川の風俗は派遣型のデリヘルが中心です。
立川のデリヘルでは、立川駅周辺のラブホテルに派遣される他、男性客の自宅に派遣されることが多いため、服装や身なりに気を配る必要があまりありません。
立川は高齢化がすすんでおり、新宿や渋谷に比べると男性客の年齢は高めとなっています。
30代後半や40代の女性でも立川のデリヘルなら所属できる場合が多く、立川であれば幅広い層の女性が働けます。
年齢層が高め立川では、男性客から難癖をつけられる可能性がありますが、孤独な男性客の話し相手になってあげることができれば、大きく稼ぐことも可能なのです。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました