立川のデリヘルはバックが安いのに本番嬢多いから迷惑!

デリヘル・ホテヘル

東京の立川はデリヘルが多い地区です。
東京の多摩地区で暮らしている場合には立川で働くことも選択肢の1つとなりますが、立川のデリヘルでは本番が公然と行われている場合が多く、立川で働く場合には注意が必要です。
ここでは、立川のデリヘルで本番が多く行われている理由や、働く際に注意すべきポイントについて紹介したいと思います。

立川のデリヘルの特徴


立川は東京の西部、多摩地区にあるベッドタウンで、昔は米軍相手の赤線地帯として栄えた場所です。
現在、立川における風俗はデリヘルが中心となっていますが、東京23区内に比べるとサービス料金が若干低めで、所属している風俗嬢や客層についても23区内とは異なっています。
また、立川のデリヘルは人妻系、熟女系のお店が多く、採用基準が緩くて所属しやすいというメリットもあります。

立川の風俗はデリヘルが中心

東京の多摩地区にある立川は、近隣に米軍横田基地があることが大きな特徴です。
かつて朝鮮戦争が勃発した1950年前後には、米軍横田基地に大規模な米兵が駐留しており、その米軍相手を相手にする赤線地帯が立川に生まれることになりました。
売春防止法の成立を機に立川の赤線地帯は消滅し、一時期は立川の風俗は停滞します。
しかし、立川駅周辺にラブホ街が誕生すると、そのラブホテルを目的としたデリヘル店が誕生し始めます。
そうして、立川の風俗はデリヘルを中心に展開し、現在に至っています。

立川のデリヘルは、採用基準が緩めで所属しやすい

立川のデリヘルは東京23区内のデリヘルに比べると、若干サービス料金が低めです。
お店のランクによって料金は変わりますが、概ね23区に比べて1割〜2割引きの相場となっています。
男性の支払うサービス料が安い分、女性の手取り額であるバックの相場も低い傾向にあります。
また、立川のデリヘルでは、若い女性が所属している一般的なデリヘル店もあるものの、人妻系や熟女系のお店もあり、幅広い客層向けのお店が展開しています。
そこで、立川のデリヘルでは所属している女性の平均年齢が高めとなっています。
25歳から35歳前後の女性が多く所属しており、場合によっては40代の女性であっても所属できるお店も存在しているのです。
さらに、容姿や体型についても採用基準が緩く、立川のデリヘルは多くの女性が所属しやくなっています。

立川のデリヘルでは本番嬢が多い傾向にある


立川のデリヘルでは基盤、いわゆる本番に応じる女性が多い傾向にあります。
その理由は様々なところに原因があり、風俗嬢に責任がある場合やお店に責任がある場合、さらに立川の客層に原因が求められる場合もあります。
立川の実情を知らないで働き始めると、精神的、肉体的な負担が重くなる可能性があるため、注意が必要です。

立川では、女性が客引きのために本番する場合がある

立川のデリヘルでは所属している女性の平均年齢が高めです。
男性は総じて若い女性と遊びたいもので、若い女性と遊びたい男性の多くは池袋や新宿、渋谷の風俗やデリヘルを利用して若い風俗嬢と遊んでしまいます。
さらに、多摩地区に住んでいる男性の多くは23区内に出勤しており、仕事帰りに渋谷や池袋のお店を利用できる環境にあります。
そこで、立川のデリヘル嬢がお客を取るためには、積極的なサービスをする必要があり、自ら本番してしまう傾向にあるのです。
さらに、プレイ中に女性から男性へ本番を持ちかける場合もあります。
お茶をひくことが多くて上手く稼げない女性は、1人のお客からたくさん稼ぐ必要がでてきます。
そこで、客がその場で追加のボーナスを支払うことを条件に、本番を持ちかけてしまうのです。
このような理由から、立川のデリヘルでは本番嬢が多くなっているのです。

立川のデリヘルでは本番オプションをつけているお店もある

立川のデリヘルの中には集客に苦労するお店もあり、そのようなお店の中には追加料金を支払えば本番ができる、いわゆる本番オプションをつけているお店もあります。
池袋や大塚、渋谷など若くて美しい女性を揃えられるお店であれば集客に苦労しません。
繁盛店で本番オプションをつけることは極めて稀なのです。
しかし、集客に苦労するお店では過剰サービスをする必要があり、本番オプションをつけるお店も存在しています。
そのような本番オプションがあるお店では、男性客のほとんどがオプションを選択することになり、お店に所属する女性は本番をするのが当たり前の状況になってしまいます。
また、デリヘルを利用して本番を経験してしまった男性客は、デリヘルでも本番ができるのが当然という認識を持つようになります。
そのような認識を持つ男性客が増えた結果、本番を強制する本強する客も現れ、立川の客層は悪化してしまったのです。
立川の客層に悪い影響を与えた本番デリヘルは、真面目に働こうとする女性にとっていい迷惑でしかないのです。

立川で働く場合に注意すべきポイント


立川のデリヘルでは、本番オプションをつけているお店もあり、本番嬢が多い傾向にあります。
しかし、他の女性がしているからといって本番に応じてしまうと自分を安売りするばかりか、警察沙汰に巻き込まれる危険性もあります。
そこで、立川で働く場合には、安心して働けるお店かどうか事前にリサーチし、本番デリヘルでないことを確認する事が求められるのです。

本番オプションは危険である

本番オプションのあるお店で働くことは危険です。
デリヘルで本番をすることは法的に認められていません。
たとえ、お店からの命令であっても、本番に応じてしまっては、警察沙汰になった場合に女性も摘発される恐れがあります。
また、本番オプションをしているお店は警察の摘発対象となるため、長く営業することができず、たいてい短い期間で潰れてしまいます。
そのようなお店に所属しては、きちんとした給料が受け取れなくなる可能性もあります。
得てして、本番オプションを実施しているお店は悪徳なところが多いものです。
悪質なお店に所属すると、安いバックで本番に応じなければならないだけではなく、高額な罰金や雑費を請求される危険性もあります。
そのようなお店に所属すると、苦労が多いだけで割に合いません。
そこで、本番オプションを実施しているお店は、できるだけ避けるべきなのです。

本番に応じることは、安売りに繋がる

立川では本番嬢が多いため、男性客も本番できることを期待しています。
そこで、男性の中はいろんな事を言って本番しようとしてきますが、軽々しく応じてはいけません。
本番が問題になるのは、法的な問題以上に女性が自らを安売りしてしまうことに繋がるからです。
風俗で働く最大のメリットは、短時間で多くの報酬を得られることにあるはずです。
バックが安い傾向にある立川のデリヘルで本番に応じては、割に合わないのです。
どうせ本番に応じるのであればソープで働いたほうが経済的です。
ソープはデリヘルよりバック水準が高く、スタッフがいる店舗で働くために身体の安全も保証されます。
本番オプションのあるお店に所属したり、客から本強されて日常的に本番に応じるような状況にあったりするのなら、むしろソープで働くことも視野に含めるべきなのです。

まとめ

立川のデリヘルは渋谷や池袋、大塚周辺のデリヘルに比べバックの水準が若干低めです。
その一方、人妻系や熟女系のお店もあり、30代後半の女性でも所属しやすい傾向にあります。
立川のデリヘルの中には本番オプションを用意しているところもあり、女性自らが本番に応じる場合もあります。
その結果、立川では本番嬢が多い傾向にあります。
しかし、本番嬢の影響を受け、軽々しく本番に応じたり、本番オプションのあるお店に所属したりすることは割に合いません。
本番に応じることは女性を安売りするという認識を持ち、本番を要求する客に対してはきちんと拒否の意思を示すことが重要です。
また、日常的に本番に応じる状況にあるのであれば、より高いバックを求めてソープで働くことを視野に入れるべきです。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

デリヘル・ホテヘル
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました