ヘルスやソープに比べてエステは病みづらいですか?

エステ・回春マッサージ

エステの仕事と言ったら、顔・全身などをマッサージして綺麗にすること・ダイエットを目的にしたマッサージ・アロマを使用してストレス緩和するイメージになりますが、男性向けのものもあります。
男性向けのものは性感マッサージで性感エステ・風俗エステ・回春エステなどの呼び名で、女性がお客さんに対して性的サービスとあわせてマッサージを行うことになります。
風俗業界のなかの仕事でも3ナイと言われる、脱がない・舐めない・触らせないものからソフトのものがメインのサービスになっているので、女性で性的サービスができない人には働きやすい環境だと言えます。
給料は一般のエステサロンより高いのですが、エステの専門的技術は必要なく簡単に働けるようになるのです。
仕事はヘルスと同じように、店舗個室でのサービス・お客さんが指定する自宅かホテルでサービスをするようになります。
性感エステについてどのような仕事内容か?ヘルスやソープに比べ稼ぎなどご紹介します。

楽って聞いたけど風俗エステって何するの

ソープでは本番行為ありですが、その他の風俗では本番行為以外をするタイプのものがほとんどになります。
風俗のエステの仕事は3ナイ(脱がない・舐めない・触らせない)ものから抜きあり(手コキ)を行うソフトサービスまでのものになります。

基本的なサービス

基本的な仕事の流れは以下になります。

  1. お客さんにシャワーをしてもらいます。この時エステ嬢はベッドでのマッサージができるようにタオルを敷いたりして準備をします。
  2. お客さんに裸のままベッドにうつ伏せで寝てもらいます。
  3. エステ嬢がパウダー・オイルをお客さんのからだにつけて、足裏からマッサージをします。
  4. お客さんにマッサージをしながら状態を確認して、お尻・背中・肩などをマッサージします。
  5. 次は仰向けになってもらい、お腹・胸のマッサージをします。
  6. 3ナイの場合はここでマッサージは終了になります。抜きありの場合は、手で発射させてマッサージは終了になります。
  7. お客さんをシャワールームへ誘導してサービス終了になります。

オプションサービス

エステ嬢の衣装はトップレスが一般的になりますが、お店によってはオールヌードでマッサージする場合もあります。
また、オプションはハードなものでフェラチオ・ディープキス・素股・シックスナインなどがメニューにあります。
ハードなオプションができるエステ嬢は固定客もつくようになり指名をうけることが多くなります。
エステと言うだけでヘルスと変わらないサービス内容になり収入も変わらないぐらい稼ぐことができます。
お店によっては、ハードサービスはエステ嬢がNGと言えばお客さんに対してNGとして説明しますが、ハードができることが採用条件の場合もあるので、サービス内容を事前に確認することが大切になります。

エステ嬢にあったサービス

エステ嬢にあったサービスができるのが最大の特徴になります。
過剰サービスを絶対したくない・極力したくない・する内容を制限したいなど、オプションで可否を選択すれば、あなたにあった仕事になります。

風俗エステのメリットとデメリット

どういった良し悪しがあるのかを見てみましょう。

メリット

  • 性病に感染する危険はない。(ハードサービスはあります)
  • 未経験でもマッサージの指導があるので簡単に始めることができます。※研修ではプロのエステシャンから指導してもらう場合もあるので、将来的に一般のエステをすることになれば役立つ内容になります。
  • 生理でも仕事ができます。(3ナイかソフトサービスのみ)
  • 風俗エステ(3ナイ・ソフトサービス)に通うお客さんは、性的サービスをメインにしていないので、がっついたところもなく紳士が多いので、無理な要求はあまりない。

デメリット

  • お店の方針にもよりますが、マッサージメインでお客さんの集客をするところは、マッサージの研修時間が長くなります。(この期間の収入はほとんどないと考えたほうがいいでしょう。あっても普通のバイト代ぐらいのようです。)
  • 採用基準は高く、若く・綺麗か可愛い・スタイルがいい女性しか採用されないことが多い。(年齢が高くても、スタイルが良くマッサージ経験があれば採用される場合もあります)
  • ハードサービス系のお店では、オプションでNGの数によって稼ぎは少なくなります。

収入の目安

時給相場は5000円から8000円になり、これに指名料金とオプション料金のバックが加算されるようになります。
サービス時間は30分から60分になり、1日5時間働いて30000円前後になります。※お客さんがいることが条件になります。
面接の際に時給の確認は重要ではありますが、風俗エステを選ぶ女性は性的サービスNGの人も多くいるので、サービス内容を十分確認した上で働くことが重要です。
ハードサービス店は働き出してオプションを進められることも多いので、あなたがどうするか明確な基準を持っていないと、ヘルスと同じサービスをすることになります。
また、お客さんにもいろんな人がいて常連になったから「そうそろそろさせてくれ」「別の子はOKだった」と交渉してくることもあります。
エステ嬢のなかには裏メニューで料金貰ってしている人もいますが、そのようなことにも対応は必要になります。
ハードサービスでなくても固定客がつかめれば、ソープ・ヘルスに比べ楽な仕事で稼ぐことはできるようになります。現にエステ嬢には元ソープ嬢やヘルス嬢から転向した女性も多くいるようです。

客層はどんな感じかな

風俗エステのメリットは客層の良さですが、それでもめんどうな嫌なお客さんもいます。困ったお客さんの体験談を整理しました。

  • お触りがないのに急に局部や胸を触られた。
  • オールヌードNGなのに、脱いでサービスしろという。
  • 押し倒して行為に持ち込もうとする。
  • マッサージをされるのではなく、してあげるといってくる。
  • 財布から金がなくなったと言ってくる。

このようなお客さんの場合、店舗型であれば助けを求めることもできますが、派遣型であればあなたが対応していかないといけません。
お客さんだけに限らず困った人は同僚にもいて、エステ嬢にはお店の方針を守らない、なんでもありでお客さんと交渉して稼ぐタイプの子もいます。そのようなエステ嬢がいると働いているすべての人に影響がでます。

風俗エステはヘルスやソープに比べどうなの?

ソープ・ヘルスは風俗業界のなかでも、平均収入はトップ2になり相当の稼ぎになり、それぞれ短期間で貯金がたくさんできるようになります。
ただ、稼ぎと比例してサービス内容は過酷なものがほとんどです。
その点、風俗エステはできる範囲のことで仕事ができるので収入はソープ・ヘルスには届きませんが、心は病まないし長期に安定して働くことができるでしょう。
3ナイ・ソフトサービスで固定客がとれれば、金額としては大きくならなくても、風俗全体で見ても効率のよい稼ぎになります。
一般的に風俗店の集客は、性的サービスのテクニック・容姿・会話が稼ぐポイントになりますが、風俗エステでは容姿とマッサージテクニックになります。
マッサージテクニックを磨くことが稼ぐポイントになります。

まとめ

風俗エステは、3ナイ(脱がない・舐めない・触らせない)から手コキを行うソフトサービス・ハードサービスがあります。
ハードはフェラチオ・ディープキス・素股・シックスナインなどの行為もメニューにあります。
エステ嬢にあったサービスができるのが最大の特徴になります。
性的サービスを絶対したくない・極力したくない・する内容を制限したいなど、オプションで可否を選択すれば、あなたにあった仕事になります。
ソフトの客層は性的サービスを求めない紳士が多い。
風俗エステはヘルスやソープに比べ、メンヘルになることも少ないし効率がいい。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

エステ・回春マッサージ
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました