クリスマスは予定なければ出勤する本指名客が呼びやすいらしい

風俗全般

クリスマスは予定なければ出勤する?本指名客が呼びやすいらしい
女性が自由に出勤する日を決める事ができるのも風俗店で働く上でのメリットです。
けれども、クリスマスやお正月が休みたくても、お店や風俗嬢によってはしっかり稼げる期間でもるのです。
クリスマスやお正月は出勤した方が良いのかについて見てみましょう。

年中無休の風俗店も多い

風俗店で働く女性は、本業としてしっかり稼ぐ女性から、副業として空いている時間を利用していアルバイト感覚で働く女性まで、色々なライフスタイルに合わせた働き方をしています。
風俗店は、年中無休で営業しているお店も多いので、女性の出勤する日数や時間帯も決めやすいのです。

そして、クリスマスや正月など、一般的には休みたい時でも、風俗店の場合はそれが書き入れ時となる可能性も高いです。

本指名の多い女性にとっては稼げるチャンス

クリスマスにも、風俗店でのお仕事に出勤すると稼げるチャンスが一番あるのが、本指名をたくさん持っている女性です。
クリスマス・イブの夜と言えば、今は恋人同士で過ごすのが碇石であると言えます。
その為、本指名のたくさんある女性なら、クリスマスに出勤しても自分のお客さんを「イブの夜を一緒に過ごしたい」とお店に呼ぶ事もできます。
また、羽振りの良いお客さんなら、クリスマスプレゼントも一緒に貰える事もあります。
お正月には、お年玉を包んでくれるお客さんもいます。

その為、本指名の多い、いわゆるナンバーに入るレベルの女性なら、クリスマスやお正月は進んで出勤する女性が多いのです。

本指名が多くても、休む女性も

また、本指名のお客さんがたくさんいても、クリスマスやお正月は休む事にしている女性も一方ではいます。
それは、本指名のお客さんに、既婚者が多い女性です。

既婚者は、クリスマスやお正月は家族と一緒に過ごします。
その為、風俗店を利用する事はありません。
ですので、既婚者の本指名客の多い女性は、クリスマスやお正月は稼げないので休み、また別の日に稼ぐスタイルを取っている女性も多くなっています。

指名がない、フリー要員の女性の場合はどうするか

次に、自分は指名をあまり持っていないフリー要員の女性については、クリスマスは出勤した方が良いのでしょうか。

これは、クリスマスが何曜日に当たるのかで変わってきます。
クリスマスが平日なら、フリー客もあまり入らない事が多いです。
逆に、クリスマスが土日にあり、前日の23日が天皇誕生日で祝日の為、連休になる場合には、フリー客が入るのも見込めます。

その為、本指名以外のフリー客狙いの場合は、クリスマスだからと言って、必ず稼げるとは言えません。

クリスマスの出勤によって差が出る事も

逆に、クリスマスだからこそわざと休む女性もいます。
本当は彼氏がいなくても、彼氏と過ごすから、と見栄を張る為にクリスマスに休みを取る女性です。
この様に、見栄を張る女性だからこそ、クリスマスに出勤しても自分だけお客さんがつかず、お茶をひいてしまう可能性も高いので、あらかじめクリスマスに休みを取っておく場合も多いです。

そして、フリー要員でも、お客さんに「自分は彼氏がいない」と夢を与える事ができる為、出勤するようにしている女性もいます。
フリー要員でも、クリスマスの出勤がきっかけで、自分の本指名のお客さんになる可能性もあるのです。

クリスマスと言って必ず稼げる保証はありませんが、クリスマスに出勤したことによって、その後に繋げられるお客さんを獲得できるチャンスはあるのです。

予定次第で休んでしまってもOK

もしも、本当にクリスマスに友達や彼氏と過ごす予定があれば、フリー要員の女性の場合には思い切って休んでしまっても大丈夫です。
クリスマスやお正月に無理に出勤して結局お客さんがつかずにお茶をひくよりは、元々の予定を優先してしまうのも良いでしょう。
その分、他の日にしっかり稼げばよいのです。

一番みじめなのが、友達や彼氏と過ごす予定もないのに、見栄でクリスマスを休んでしまう事です。

デリヘルやホテヘルだと、逆に仕事にならない場合も

クリスマスは、世間一般の恋人たちも一緒に過ごす日となっています。

その為、本指名の多い店舗型の風俗店の女性なら、しっかり稼ぐ事ができる日となっていますが、ホテルに行ってサービスを提供する事がほとのの、ホテヘルやデリヘルの場合は、仕事にならない事もあるのです。

世間一般のカップルたちで、ホテルの利用が埋まってしまっているため、せっかく自分のお客さんが来てくれても、ホテルの空きを待たなければいけませんので、結局時間当たりのお客さんの数が減ってしまい、思う様に稼げない可能性もあります。

デリヘルやホテヘルの場合は、事前に対策を取っておく

デリヘルやホテヘルで勤務している女性の場合は、せっかくクリスマスにお客さんが来てくれても、ホテルが埋まってしまっている可能性が高い事が分かりました。
その為、事前に対策を取っておく必要があります。

ラブホテルの中には、予約が取れる所も多くなっていますので、あらかじめお客さんに連絡をして、ラブホテルの予約を取ってもらっておくことです。
クリスマス・イブの夜を一緒にラブホテルで過ごしたい」と一言言えば、自分を選んでくれたと思ったお客さんは、喜んで予約を取ってくれます。
そして、自分のお客さんが利用してくれるのが確約されるので、クリスマスの夜に出勤しても、安心して働く事ができます。

また、ラブホテルの予約をお願いしておけば、本指名のお客さんによっては、せっかくだからと長時間コースを入れてくれる事もあります。

掛け持ちをするのも良い方法

風俗店で働いている女性は、掛け持ちをして、複数店舗で働いている事も珍しくありません。
ですので、クリスマスの日はデリヘルやホテヘルのお店の出勤はせずに、店舗型のお店の方に出勤し、かつ出勤時間を長くする方法もあります。

掛け持ちをするのは大変ですが、業態やジャンルの違うお店同士を掛け持ちする事によって、違ったタイプのお客さんを獲得できるので、安定して稼げるメリットもあります。

また、クリスマスの様に、イベントによって着けるお客さんの数に差が出てしまいそうな時でも、どちらか一方のお店に絞って出勤する事もできます。

掛け持ちできるお店を探しておこう

今働いているお店が、ホテルの部屋でお客さんにサービスを提供する、デリヘルやホテヘルの場合、クリスマス対策で今から掛け持ちできる店舗型のお店を探しておくのもお勧めです。

風俗求人サイトや、スカウトサイトを活用すると、週に一日だけの出勤でも十分稼げるお店も探せます。
週一日の勤務なら、今働いているお店と全く違うジャンルにも気軽に挑戦できますので、ぜひ活用してみましょう。

まとめ

本指名のお客さんがたくさんいる、売れっ子の風俗店の女性は、クリスマスに出勤するとお客さんをたくさん呼んで稼ぐ事ができます。
フリー要員の女性の場合は、曜日によってお客さんの入りが左右されるので、もしも予定がある時には休んでしまうのも良いでしょう。
また、クリスマスに出勤する事によって、本指名のお客さんが獲得できるチャンスもある可能性が高いのも分かりました。

デリヘルやホテヘルは、ホテルが埋まってしまう事に対する対策をしておきましょう。

ぜひ、自分の働きたいスタイルで、クリスマスの出勤を決めてみましょう。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました