巣鴨・大塚エリアの風俗店は年末年始に出勤したら稼げる?

風俗全般

風俗で働くことを考えている女性は、この業界の稼ぎやすい時期と稼ぎにくい時期があることは知っておいて損はありません。

昨今は遊びやすい値段の風俗店も増えたため、軽いレジャー感覚で風俗に遊びに来る男性も多くなりましたが、大人の男性が楽しめる遊びは他にもたくさんあるため、そういった遊びに負けない魅力を出して集客しようと努力している店も多くなっています。

遊びともなればやはり多くの男性の懐の潤う時期が繁忙期になるといえ、年末年始や7,8月あたりは多くのサラリーマンがボーナスが出た後ということで利用客が多くなります。

従ってこれらの繁忙期はソープ嬢やデリヘル嬢など、風俗業に携わっている女性にとっては稼ぎ時と言えます。

繁忙期に風俗店に面接に行くと採用されやすい

繁忙期を迎える前には風俗店の店長は働いてくれるコンパニオンの確保に努めます。

繁忙期に男性客がたくさん来てくれたにもかかわらず、肝心のコンパニオンの数が足りなければ断らざるを得ません。

その結果、せっかく来てくれたお客さんは他の風俗店に流れていき、仮にそこでお気に入りの風俗コンパニオンを見つけてしまえば、ずっとそちらの店に通うようになってしまいますので、二度とこちらには足を運んでくれないという事態になってしまいます。

従って風俗店の店長は繁忙期の12月の前に働くことを希望して面接に来てくれる女性を歓迎します。

もちろん、面接後の採用はそのお店のコンセプトに合った女性なのかといったことも判断材料になりますし、基本的な接客のスキルがあるかといったことも見極められるわけですが、閑散期の面接の際よりは採用のハードルは少々低くなっているとも言えます。

店側としてもコンパニオンの数の確保という観点もあるため、少々間口を広げての採用となるわけです。

従って過去に風俗店の面接で不採用になった女性でも、あきらめずに繁忙期の前を狙って採用を目指すことも悪くありません。

年末年始のに巣鴨などの風俗店に訪れるお客さんの特徴や心理について

東京にはいろんなエリアに風俗店が点在していますが、巣鴨などのエリアでも年末年始はいろんな男性が来店して各店舗とも非常に繁盛しています。

年末年始というのは家族と過ごすことが多いから既婚男性は風俗には来ないのではないか?」と考えるのは見当違いで、休みの期間に自分の時間を作って適当に遊んでいる男性は意外に多いのです。

当然ですが家族には内緒で風俗店に来るわけですが、風俗街は少々隔離されたようなエリアにあることも多く、そのエリアに入ってしまえば風俗遊びに来ている同士の男性にしかほぼ出会わないという気楽さもあって、年末年始の長期の休みには午前中から結構なお客さんが来ていることも珍しくありません。

昼間の早い時間から風俗で遊ぶ男性の中には、「せっかくの休みの期間だから普段より長い時間のコースで予約して楽しもう」と考える男性も多いです。

つまり、普段60分程度の時間でホテルヘルスやデリヘルを利用している男性も、休みの昼間には180分や240分のロングコースで予約してくることもあります。

このようにロングコースを予約してくるお客さんが多くなるということもこの時期に風俗嬢が稼ぎやすい理由の一つと言えます。

サラリーマンが仕事の帰りに風俗店を利用する場合はたいてい夜の8時や9時以降になりますが、この時間からですと3時間などの長時間遊ぶことはなかなか出来ません。

時間的な制約とともに体力的にも仕事帰りでは疲れていることもあって長時間は遊びにくいのです。

その点も年末年始の長期の休みの期間ならば問題ありません。

この時期にリピーターをつかまえておくことの利点

風俗の仕事をコンパニオンとしてやっていく場合は、リピーターである固定客を多く獲得しておくことで安定した収入も見込めるようになります。

従って多くの男性が遊びに来る年末年始などの繁忙期に頑張ってリピートで本指名して遊びに来てくれるお客さんを獲得したいものです。

一般的なサラリーマンの場合、年末年始の連続した休みは1週間前後の場合が多いですが、休みの初期にお気に入り風俗嬢が出来た場合、同じ休み期間の終わりごろにもう一度遊びに来てくれる可能性もあります。

休みの締めをお気に入りの女の子と遊んで仕事に戻ったら頑張ろうと自分に言い聞かせるといった感じです。

1週間に二度風俗に遊びに来ると結構な出費になりますが、年末年始の長期の休みくらいは好きなようにお金を使って遊ぼうと気持ちが大きくなる男性も多いですので、間隔を詰めて遊びに来てくれるわけです。

こういう場合、うまくいけばその後も定期的に通ってきてくれるお客さんになってくれる可能性も高くなります。

初めて風俗を利用して楽しい時間を過ごせたという好印象を持つと、その後お盆休み期間や年末年始になると必ず通ってきてくれるお客さんになってくれる場合もあります。

従って繁忙期にリピートで来てくれたお客さんが閑散期にあまり足を運んできてくれなくなっても、次回の繁忙期まで待ってみることがベターです。

この間に店の移籍などは避けた方が無難です。

風俗業界の閑散期と繁忙期のサイクルは年間を通じて交互にやってくるといえ、ボーナス後の12月やお正月休みのある1月初旬は繁忙期で、2月3月はその反動で閑散期、そしてゴールデンウィークにはまた繁忙期が来てその後は6月半ばころまでは閑散期になります。

ボーナスが出た後の7,8月は夏休みやお盆休みがあって繁忙期になり、9月以降は11月あたりまで閑散期になる、といったサイクルです。

お金の余裕がなくなった時期にお客さんがしばらく来てくれないということはある意味仕方ないと考えておくことがベターです。

ちなみに新幹線などの鉄道の乗車券の場合、繁忙期になると通常より多少金額が高くなることがありますが、風俗の業界ではこういったことはありませんので、遊びに来てくれる男性客への心遣いも十分にされているということが出来ます。

尚、繁忙期に一生懸命頑張って働いてくれたコンパニオンには、店から特別手当が支給される場合もあります。

まとめ

風俗の業界にはお客さんの来店数が増える繁忙期と閑散期があります。

遊びに来る男性の懐事情によって繁忙期と閑散期が自然に出来るもので、多くのサラリーマンのボーナスが出る6月や12月の直後は繁忙期になり、逆に繁忙期で遊ぶお金を使い果たした後には閑散期が訪れるといったサイクルです。

風俗の業界で働くことを考えている女性が入店しやすいのは繁忙期の前で、この時期は各風俗店とも繁忙期に備えてコンパニオンの確保に必死なため、通常の時期より採用のハードルが多少低くなっているのが実態だからです。

晴れて採用されて風俗嬢として働き始めた場合は、自分をリピートで指名してくれるお客さんを多く作っておくことがベターです。

リピーターになってもらうのは簡単ではありませんが、フリーで遊びに来るお客さんよりも安定して収入が見込めるのが本指名でリピートしてくれるお客さんですので、自分なりの接客術も研究して頑張りたいものです。

巣鴨などの風俗にも年末年始になれば多くのお客さんが来店し、普段よりも長めの時間で予約してくるケースもあります。

ロングコースのお客さんのお相手をするとコンパニオンの稼ぎもその分高くなります。

ちなみに風俗の利用料金は繁忙期に普段より高くなるということはないため、遊びに来てくれるお客さんには優しい料金体系になっていると言えます。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました