ソープの客層は高級店と大衆店で違う?全ランクで比較

今回のテーマはソープの客層についてです。

ソープでは高級店や大衆店と言ったランクが存在します、ランクによって客層が違ってくるのか、と言う事をメインにこれから色々とかいて行きたいと思います。

客層の違い

ソープの客層は高級店と大衆店で違う?全ランクで比較ソープに来る客に違いはあるのか?と言う素朴な疑問はあると思います。

お金を支払ってサービスを求めにくる男性はみんな同じではないのか、そう思う女性もいるのではないでしょうか。
つまりソープにやってくる男性の目的はひとまとめに考えると同じで違いは無いのではないか、このように結論づける考え方が存在するように思います。
しかし、ソープを含め風俗にはランクとよばれるものが存在しています。
目的意識が同じであっても、客層、と言う意味でとらえるとそれは一概には言えない部分が出てくるように思います。

ランクと言うのは簡単に言えば、ソープで例えるなら高級店、そして大衆店、最後に激安店、と言う風にランク分けされている事を指しています。
そもそもなぜランク分けしているかと言いますと、ランク分けによってサービスの違いやサービスの質の違いをつける、働く女の子の容姿やスタイルに違いが生まれる、そして料金や待遇が違う、こうする事によって更なる風俗業界の集客を生んだりある意味で性に対する中毒性を客に植え付けるようにしているのだと思います。
いわば商売の戦略といったところではないかと思います。
もっと具体的に言えば、激安店と言うのはその言葉通りサービスの料金が安いです。

それが最大のメリットになってくるとは思いますが、しかし女の子に可愛い子があまりいなかったりサービスの質が低かったりするデメリットがある場合があります。
しかし高級店ではほぼすべての子のレベルが高く客の満足度が限りなく高い、客にとってはメリットを沢山感じられるように設定されているのです、しかし料金はかなり高いので一般庶民では中々通えないのがデメリットにはなってきます。
要するに激安店にいけば性的な遊びは出来ますが、満足度を求めたり更なる欲求、願望、となるとやはり大衆店や高級店に足を運ぶしかなくなるケースもあるのです。
これが一種の中毒性でもあると思います。

色々な激安店に通いまくって、少しでも安い料金で可愛い女の子にしてほしいから色々と探すと言う客もいれば、普段は激安店でたまに高級店に通う、と言った客もいると思います。
いずれにせよランクがある事によって風俗業界に金を落としていっている事になるのです。
今回のテーマである、ソープの客層に違いがあるのか?と言う問いの答えですが、客層に違いはあると思います。

ソープに来る目的、と言うのは客で共通している所が沢山あるとは思います。
しかし客層と言うのは、やはり違ってくるのです。
先ほども説明しましたように、激安店や大衆店と言うのは比較的料金が安いです。
つまり安いと言う事は、基本的にはお金があまり無い人、風俗にあまりお金を掛けたくない人が通うように思います。

そして高級店と言うのは、お金を持っている富裕層の方が多く来店する傾向にあると思います。
単純にお金を沢山持っているからだと思います。
お金をどれだけ稼いでいるか、持っているか、と言う事でも客の層や人格、性格というのは変わってくると思いますし、そもそも客個人の容姿や金銭的余裕であったり、性的な願望や欲求、好みなどすべてに置いて違いは多少なりとも個々であると思います。
ですので、客層と言うのは基本的には違ってくると感じる可能性は高いと思います。

客層に違いがあるとはどういう事なのか

スケジュール前述では客層には違いがある、と言う事について書いてきました。
もちろん、ソープ嬢によってはソープにランク分けがされていても客層に違いを感じない、と言う子も中にはいるかもしれません。
人それぞれ感じ方は違うとは思いますが、少なくとも客一人一人に対しての感情と言いますか、仕事の仕方、と言うのはあるのではないかと思います。

つまり、客層が違うと言う事は、ソープで提供しているサービスを適材適所こなして行く必要がある、と言う事でもあるのです。
風俗ではよく指名を沢山とれば稼げる、と言うような言い方をしますが指名を沢山とるのが難しい理由の1つに客層に違いがあるから、と言うのがあるのではないかと思います。
客層が違いと言う事はそれだけ沢山の術を身につけて対処しないとその客層であったり、一人の客毎を満足させる事が難しくなってくると思うのです。
客は満足しないとリピートする事はありませんし、次回指名もないと思います。

特にランクが高い風俗店ではその可能性が高いです。
最高のサービスと待遇を提供する事によって客はまた次回も指名しよう、ここへ来店しよう、となるのだと思います。
まずは客層を把握する事が大事だと思います。
ソープにはどんな客が来店するのか、そして自分が在籍している店にはどんな客が来店してくるのか、更には自分が今までに接客した客がどんな客が多かったのか、客層だったのか、などと言う事を分析する事によって傾向と対策が見えてくるように思います。

客はみな同じ、男はみな同じ、金さえ払ってくれればそれでいい、みたいな考えで接客していても中々結果を出すのは難しくなってくるように思います。
ランク分けされている現状を把握し、それぞれのランクでの客層を知る、そして自分自身はどのランクで一番稼ぐ事ができるのか、どのランクがあっているのか、と言う事も考えた方がいいと思います。
自分のフィールドを探すのです。
単に、富裕層でお金を沢山持っている人たちがよく来店する高級店に行けば沢山稼げるからそこで働きたい、そう思っても中々現実は難しい所があると思います。

まず金持ちと言う感覚とあなたが持っている金の感覚が一致しているのか、金持ちの人間性に対応できるのか、そこまでのサービスのスキルが自分にあるのか、など考える事が沢山あるように思います。
ランク分けによって生まれるメリットデメリットをよく把握すれば自分の仕事に生かせる事が沢山あると思います。
なにはともあれ、まずはソープで働くならソープでいくら稼ぎたいのか、と言う具体的な数字を決めておく事が良いと思います。
例えば、月に50万稼ぎたいと決めたとします。

高級店なら日に2、3人で目標金額がクリアできたとしても激安店ならその2倍、3倍の人数を接客しないとクリアできない、と言うような事もあると思います。
自分がいくら稼ぎたいのか、いくら出勤できそうなのか、と言う事を明確にして下さい。
男性 比較そして自分に合うランクで、そして客層で上手にコンスタントに稼いでいく、稼ぎ続けることが仕事として一番いいのではないかと思います。
風俗はやり方次第で、そして考え方次第で稼げますし、逆に稼げなくもなります。

要は、身体だけ使っていても稼げる期間は短いと言う事です、やはり頭と知恵を使って行く必要があるのです。

まとめ

ソープの客層は高級店と大衆店で違う?全ランク比較と言う事について書いてきました。

結論的には、ソープのランク分けによって客層というものに違いは少なからず生まれてくると思います。
ソープ嬢はこの客層に対して対応していける適応能力が必要だと思いますし、自分の戦場を見つける必要があるように感じます。
自分に合わない客層で仕事をしていても稼げる可能性はあまりないと思います。
いくら高い給料が貰えても自分に合わない店であったり、サービスの内容であったり、客層であると、働いているのが、働きつづけるのがしんどくなると思います。

風俗とは他の仕事と比べてもとてもハードな仕事内容である事は間違いありません。
客第一の接客業ですが、自分の身体もいたわってあげながら上手に仕事ができる環境を自分で見つけ出し自分で確立していってほしいと思います。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

ソープランド
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました