出稼ぎ先の風俗店に到着して日給保証なくなる事ってある?

風俗全般
WikiImages / Pixabay

風俗嬢の出稼ぎは、そんなに珍しいことではなくなりました。
現在自分の居る地域では稼げないから、すこし観光を楽しんでみたいから…出稼ぎをする風俗嬢さんたちの理由はひとそれぞれです。
そんな彼女たちが一方で、お目当てにしているのが「日給保証」という制度でしょう。

本記事では風俗の求人広告でもよく目にする、この日給保証という制度について考えてみたいと思います。

日給保証制度とは?

出稼ぎ先の風俗店に到着して日給保証なくなる事ってある?風俗のお仕事は出来高制が基本だということは、このお仕事をしている女性ならみんな知っていることです。
出来高制とは、風俗で言えば、男性客が付かなければその日の稼ぎはゼロだということです。
これに対して保証制度とは、大体1日単位で出勤した日には最低○×万円払うという制度です。

1日単位が多いため、日給保証制度と同一視されることが多いです。
この日給保証制度、普通、電車や車で通勤してくれる風俗嬢に対しては認められていません。
確かに求人広告で、日給保証を謳っている(うたっている)お店は少なくありませんが、他の風俗店長がブログなどで暴露しているとおり、そのほとんどが悪質な釣り広告だと言われています。
しかし、出稼ぎ風俗嬢さんたちに対しては、日給保証制度は本当のようです。

しかし「本当」といっても程度がさまざまのようにも思われます。
実際のところはどうなのでしょうか。

実際の例。

ひとつ例を見てみましょう。
東京の或るソープランドでは求人広告で日給保証7万円を公言していました。

地方の女の子は、これを見て「何もしなくても7万円もらえるの!?」と思うかも知れません。
もちろん、何もしないで7万円もらえるわけがありません。
この日給保証制度の実態とは、以下のようなものでしょう。

仮に男性客単価25,000円から30,000円あたりのソープランドを考えてみましょう。
ソープランドでは中級店だと言えます。
大体、風俗嬢へのバックは男性客1人につき14,000円だと考えます。
このお店で女の子に日給保証7万円つける仕組みは簡単です。

「必ず毎日5人以上は男性客をつける」。
それだけのことです。
そうすれば、お店は何のことはない「普通に男性客5人の相手をしてくれた労働力を手に入れた」。
それかけのことなのです。

そんなに甘い話ではない。

日給保証制度というものを鵜呑みにして、「何にもしないで7万円もらえるなんて、よほど風俗店で女の子の人手に困っているんだ…」と思う娘は、能天気すぎます。
風俗店長といえども経営者です。
どこのだれだか知らないような小娘(失礼)に、身銭を切ってまで手伝いに来て欲しいなんて考えるわけがありません。
「あくまで損失はゼロに」。

経営者である限り、風俗店長が第一に考えることはそれに尽きるでしょう。

保証割れ。

風俗店が日給保証7万円で出稼ぎの女の子を呼ぶ場合、手っ取り早く言ってしまえば「毎日7万円分こき使える」という確信があるからです。
それなりに男性客がたくさん来ていて人手が足りないお店のすることだと言えるでしょう。
当然「出稼ぎで雇った女の子の稼ぎが7万円を下回った」ということは想定していません。

しかし、万が一7万円を下回ってしまったらどうなるのでしょうか。
日給保証にまつわる用語で、そういったことを「保証割れ」と言います。
まず先に言っておきますが、お店の側は絶対にこれをしたくありません。
したくないため、いくつか策が講じられます。

すこし見てみましょう。

トータル保証。

1日1日ではなく、5日間など数日まとめて保証されている日給をまとめて支払う保証のやり方です。
これにより、例えば日給保証7万円で、初日5万円くらいしか女の子が稼がなかったとしても、残りの4日間でお店側の損を取り返せるよう発破を掛ける(はっぱをかける)ことができます。

仕事量を増やす。

上 矢印これは単純に、出勤時間帯を長くし、より多くの男性客の相手をさせて保証割れを許してしまった日の二の舞に成らないようにするということです。
しかしこういったことをすると、元々求人広告や採用面接で提示された条件と違うと言って出稼ぎに来た女の子が、不満を漏らし始める可能性が出て来ます。
実を言うと、出稼ぎの日給保証制度でトラブルが発生するのは、こういったところからなのです。

お店は何でもしてくると考えたほうが良い。

何度でも言いますが、経営者である以上、風俗のお店は得が無ければ出稼ぎの女の子を呼びません。
たとえ呼んだ娘が保証割れの成績しか残せなかったとしても、総合で見てトントンならば良しと考えるはずです。
損益を出してしまったなら、経営的にミスを犯してしまったことに成ります。
それはお店としても避けたいです。

しかし出稼ぎ嬢さんも「旅の恥はかき捨て」と言わんばかりに、逸脱した行為をしかねません。
卑怯な娘でなくても、保証目当てなのはバレバレですから、お目当ての金額さえ手に入れられれば正直、接客に手を抜く場合さえあります。
こういった事態を避けるため出稼ぎ嬢を呼ぶお店は、通勤型の娘よりも過酷な条件を出稼ぎ嬢に課している場合が多いです。

条件1:過酷な出勤日数。

まず、過酷な出勤日数を課している場合。
通勤型の女の子でしたら完全自由出勤が当たり前ですが、出稼ぎ嬢でしたら週5以上は避けられないと考えてください。
これにより、お店側も女の子の居ない日を埋められるようになるので、それなりに得をすることに成ります。

条件2:過酷な出勤時間。

しかし、在籍女性の穴を埋めるだけではお店にとって何の売上にも成りません。
実際に女の子に働いてもらって売上を得るには、長時間お店に滞在してもらう必要があります。
そういうワケで、お店が出稼ぎの女の子に課す条件のふたつ目は、過酷な出勤時間ということに成ります。
どうやら12時間出勤なんてのはザラのようです。

いくら待機所があるからと言って、これでは身も心も疲れ果ててしまうのではないでしょうか。

条件3:顔出し。

お金 手お店のホームページにバッチリと顔が掲載されてしまいます。
現代の画像技術によってバレることはまずないでしょうが、あまり気分の良いことではないでしょう。

なにせ、出稼ぎ先のお店をホームグラウンドにしてこれから稼いで行こうというわけでもないのですから。

条件4:写メ日記の義務。

1日何本などと、お店のホームページにアップされる写メ日記への投稿を義務付けられます。
パソコンを持って来てないためスマホでしか文章を打てない娘には、結構ストレスに成るはずです。

すべては「規約違反」のために。

これらの過酷な条件が出稼ぎ嬢に課されるのは、一方でお店運営上本当に役に立つからですが、他方でそれらの条件のひとつでも守れなかった場合「規約違反」の名目で日給保証を解除するためです。
要は、出稼ぎ嬢が保証割りばかりを繰り返すなら、この「規約違反」の名目で、保証された給料の支払い自体を回避してしまうことができるのです。

まとめ。

いかがだったでしょうか。
「出稼ぎ先の風俗店に到着して日給保証なくなる事ってある?」という題名で記事を書かせて頂きました。
結論から言わせて頂けば「日給保証がなくなる事は十分ある」ということに成ります。

しかしそれ以前に出稼ぎ嬢に課されるお仕事自体が過酷であることにも注意して下さい。
現地で直接話をお店から聞いたとき「考えていたものと違った!」なんてことの無いように、十分に下調べをしておくことをおススメします。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました