大学の学費(4年間)を稼ぐ為にソープでバイトしたら半年で貯まる?

ソープランド
geralt / Pixabay

勝ち組負け組と簡単に言うことはできませんが、両親が何かしらの事情で大学進学への経済的なバックアップができない場合、子供はやはり何かしらの仕方で大学の学費を捻出(ねんしゅつ)しなければなりません。
本記事では、その学費捻出のために風俗のバイトをするのはどうか…ということについて考えてみたいと思います。

他にバイトないの?

学費を稼ぐために風俗でバイトをする…。

こう言われて初めに思うのは「ほかのアルバイトではダメなのか?」ということでしょう。
大学の学費を稼ぐために多くの若者が利用しているのは、新聞奨学生です。
新聞新聞販売店に勤める代わりに、学費食費などすべてを負担してもらえるという制度です。

しかし、この制度はあまりにも過酷だと言われています。
朝2時半ごろ目を覚まして雨が降ろうが雪が降ろうが朝刊配達、授業後の飲み会やサークルに参加するヒマなど無く、即座に販売所に直帰し夕刊配達…と非常に厳しい労働が待っていることは有名です。
ましてや、これから女子大生に成ろうなどという女の子が耐えられる労働ではないのです。
また、辞めた時には、奨学金を一括返済するという大問題が残っていることを忘れてはなりません。

風俗嬢さんの中には、これが理由で風俗業界に入ったひとも少なくないのです。
では、他のアルバイトはどうでしょうか。
ハンバーガーショップ、牛丼屋、レンタルショップ、居酒屋…探せばいくらでもアルバイトの選択肢はありそうです。
しかし、いくぶん時給が安く、こんな仕事をしているようでは精々、自分の生活費に色を付けるくらいの役にしか立ちません。

大学の学費って、どれくらいかかるの?

ハンバーガーショップ、牛丼屋、レンタルショップ、居酒屋…といった普通のアルバイトが目下の問題、つまり大学の学費を捻出するために役に立たないことは、実際の金額を見てみれば分かります。

国公立の大学の場合。

国公立大学の場合、学費は年額で50万円くらいです。
月4万円弱と考えてもらえば良いでしょう。

これに大学1年生のときだけ、入学金30万円ほどが発生します。
だから4年間通った場合、単純計算として430万円必要であることが分かります。
実は「月4万円弱」だったら、アルバイトを頑張れば到達不可能な金額ではありません。
ただ、居酒屋で時給1,000円で1日に3時間で3千円。

週3回で9,000円。
これを4週間続けて36,000円です。
これを超えるペースで働かなければならないので、決して楽ではありません。
大学に通いながら週3でアルバイトをやっているひとは、かなりの出勤率だと思ってください。

キツくはないですけれども、楽でもないです。
ただ、トドメを言ってしまえば、ここに生活費も自活しようというなら、居酒屋バイトをフリーター並みにやらなければならなくなるのは明らかでしょう。
プラス10万円は稼がなければならなくなるわけですから。
大学

私立大学の場合。

しかし国公立大学の場合なら、辛うじて新聞奨学生などに頼らない学費捻出の方法は可能かも知れません。
問題は、私立大学のほうです。
私立大学となると普通のアルバイトでの自力救済は難しくなるでしょう。
私立大学になると、学費は年額で80万円は覚悟してください。

初年度(大学1年生)ともなると、そこに入学金などが上乗せされて140万円くらい必要に成ります。
この金額に成って来ると、居酒屋などでのアルバイトは焼け石に水です。
だからといって「現代の奴隷」とも言われる新聞奨学生に自分を身売りする気には成れないでしょう。
風俗でのアルバイトという選択肢が出て来るのは、まさしくそこにおいてなのです。

風俗ってどのくらい稼げるの?

普通のアルバイトでも新聞奨学生でもない、第三の選択肢としての風俗バイトを考えてみましょう。
ここでは、ソープランドを例にとってくわしく解説して行きたいと思います。
まず予備知識として、ソープランドには格安店(大衆店)、中級店、高級店の3つの種類があって、ハイアラーキー(ヒエラルヒー/階級組織)を作っているということを知ってもらいたいと思います。
ハイアラーキーであるため、お仕事するには高級店が最も狭き門に成っています。

求人条件も厳しく、採用にも厳しいステップが踏まれます。
しかしだからと言って、格安店がダメだということは決してないので、そこは誤解しないでください。

格安ソープランドで働いた場合。

ソープランドは風俗で唯一「本番」つまり性行為の最後まで行くところです。

どんな女性でも本番を許すのは、お金に換算したら安いものではないでしょう。
では具体的にいくらでしょうか。
10万円と答える女性も居るかも知れません。
もっと上を要求してもおかしくない話ではあります。

格安ソープは、そんな男性にとって本来高嶺の花である「本番」を文字通り格安で提供するお店のことです。
いくらくらいでしょうか。
50分12,000円くらいです。
ソープランドで働く女の子は、ここからお店の取り分を引いた残りの金額を給料として受け取ることに成ります。

これがいわゆるバックです。
50分12,000円の場合、バックはどうなっているのでしょうか。
9,000円くらいだと言われています。
実はここに格安店の長所が見て取れます。

9,000円÷12,000円=75パーセントと計算できるのですが、これが格安店でのバック率に成ります。
このバック率は風俗業界全体を通じて非常に高いものだと言えます。
つまり「自分の手取りが多い」というのが格安ソープで働くことの利点なのです。
さてここで学費年額80万円、初年度140万円の私立大学の学費に話を戻しましょう。

4年間で合計400万円、生活費も含め4年間で1,000万円必要だったとします。
男性客1人9,000円の格安ソープでしたら、1日4人から3人の相手をして大体平均3万円稼ぐとします。
週3日、月12日出勤とすれば、月36万円です。
11か月で400万円の私立大学の学費到達。

30か月で大学4年間の全支出が補えることに成るのです。
30か月というのは、大学3年生の半分ぐらいの時期で、これなら就職活動にも支障は来しません。

中級ソープランドで働く場合。

同じ考え方を「風俗嬢として働く期間を短くする方向で」考えて行きましょう。

中級ソープランドの場合、コースとバックは次のように成っています。
・90分コース:29,400円(男性客支払い)→18,000円(女の子バック)。
なので、1日2人から3人相手すれば、4万円入ることに成ります。
週3日、月12日出勤という計算のベースは、格安店勤務のときと同じこととします。

この場合、月48万円なので、9か月で400万円の私立大学の学費達成、20か月で大学4年間の全支出が補えることに成ります。
ほとんど大学2年生で目標金額達成できますね。

高級ソープランドで働く場合。

新聞最後に、高級ソープランドで働く場合を考えてみましょう。

高級ソープの場合、コースとバックは次のように成っています。
・120分コース:65,000円(男性客支払い)→40,000円(女の子バック)。
1日2人か3人の相手で10万円稼ぐとします。
週3日、月12日出勤で、月収120万円に成ります。

3か月ちょっとで400万円の私立大学の学費達成、8か月もあれば大学4年間の全支出が補えます。

まとめ。

いかがだったでしょうか。
大学進学でお困りの女の子は少なくないと思います。
しかしソープランドに勤めれば、格安店だったら11か月、中級店だったら9か月、高級店だったら3か月で私立大学でも学費を補うことができます。

確かに性病などトラブルへの心配はありますが、そういったことへのノウハウも風俗業界では蓄積されています。
対策も講じられています。
他方、いまがチャンスだということも忘れないでください。
特に高級ソープなどは何歳でもできるというものではありません。

お金の面で言えば、キャバと風俗などで比べた場合、有利なのは断然、風俗です。
ソープランドでしっかり働いて、学歴のみならず高額の貯金も手に入れ、人生の飛躍を目指してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

ソープランド
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました