パンチラカフェは風俗店じゃないから高校生でも働ける?

風俗全般
Engin_Akyurt / Pixabay

パンチラカフェとは名前の通りにパンチラを見せるカフェのことで、風俗店ではないため安心して働けます。
普通のバイトに比べて時給が高いため女性に人気がある反面、違法と知りながら高時給で高校生を誘い働かせているお店もあるのです。

高校生は働けない

違法だから

法律日本の法律では、18歳未満である高校生がパンチラカフェで働くことを禁止しています。
いくら風俗店ではないとはいえパンチラという過激なサービスが売りで、セクシーな衣装でウェイトレスとして働くからです。
高時給ゆえに甘い言葉に誘われて求人に応募してしまう高校生もいますが、摘発されてバレてしまうと補導されるので注意して下さい。

パンチラカフェは最近関西の方で盛り上がっているらしくそこそこ求人が出回っています。
一斉摘発された過去があるため大々的に求人を出しているわけでなく、特定のところで人を集める程度なようです。
ただ、LINEを始めとしたSNSを利用して高校生に声をかけている違法店があるのも事実で、言葉で上手く丸め込みパンチラカフェで働かせています。
時給が高いということは何か裏がある、ということを理解しましょう。

JKパンチラカフェは?

JKパンチラカフェとは、実際に女子高校生が働いているわけではありません。
ウェイトレスとして働いている女性たちにはきちんとアリバイがあり、成人している人が高校の制服を着用して働いているだけなのです。
もし本当の女子高校生が働いているお店があるとしたらそれは立派な違法店となるため、気が付いたらすぐに警察に通報して下さい。

求人や街中でよくJK〇〇と見ると思いますが、全て成人女性が女子高校生を演じているだけです。
高校を卒業している18歳以上であれば採用してくれるでしょう。
上限はせいぜい20代前半くらいで、24,5歳と半ばになると採用される確率は一気に低くなります。
ソフトサービスのお店は若いうちしか働けないのです。

長年働き続けていたとしても年齢が理由でクビになるため、年齢的に危ないと感じたら次の働き先を確保しておくことをおすすめします。
あくまでも若いうちだけの副業という位置付けであり、風俗のように長年働ける職場ではないのです。
そのような理由からか、女子大生や若いフリーターがよく働いています。

パンチラカフェとはどのようなお店?

パンチラカフェとはいったいどのようなお店なのかを紹介します。

仕事内容

パンチラカフェという名前の通りパンチラを見せるだけのお店です。
パンチラするほど短い丈の衣装を着てウェイトレスとして働くだけのお店となり、パンツが見えやすいように床は鏡ばりの可能性が高いでしょう。
風俗のように身体を触られたり舐められるのとはなく、女性から男性に触れるのともありません。
せいぜいウェイトレスとして話しかけるくらいなので安心して仕事が出来ます。

お客さんからジロジロと見られる仕事となるためそれに耐えて働きましょう。
胸やパンツに視線が集まると思います。

お店によっては、オプションというものを用意している場合があり、お客さんの指名によってオプションの仕事をこなさなければいけません。
具体的には、お客さんに下着が見えるようにして足を組み替える、パンツが見えるような危ない体勢をする、少しだけブラチラをするなどです。
ものによってはNG指定可能な場合があるので店長に聞いて下さい。

オプションをこなすとオプションバックが発生するので、時給にプラスして臨時でお金をもらえます。
より大金を稼ぎたいのであればどんどんオプションをこなしていきましょう。
サービスが良いウェイトレスになるのです。

給料

お金パンチラカフェの時給は一般的なアルバイトと比べるとかなり高く設定されており、時給2,000円から3,000円となります。
入店した時はあらかじめ決まっている額から始まるようになっていて、働きによって時給は上がるようです。
オプションがあるパンチラカフェの場合は、オプションの達成成果により時給が上がっていくシステムになります。
どちらの方がいいかは人によると思うので、自分に合っていると思う方を選びましょう。
働いている時間や年数によって時給が上がるお店か、頑張りを認められるお店か選んで下さい。

オプションの設定はお店により様々ですが、1つ1,000円からが多いのではないでしょうか。
過激な内容になればなるほど利用料金が上がりバックも上がるシステムになります。
オプションで稼ぎたいのであれば、贔屓をしてくれるお客さんを何人も作り、おねだりをして高いオプションを注文してもらえばいいのです。

入店したばかりだと緊張からあまり上手くいかないと思います。
仕事に慣れさえすればどんどん仕事をこなし、副業として十分な額を稼げるようになるでしょう。
30万円以上稼ぎたいのであれば風俗をおすすめします。

出会い系喫茶に注意

出会い系喫茶の場合がある

パンチラカフェとうたい女性を募集していながらも実は出会い系喫茶だった、という被害が何件か出ています。
実はパンチラカフェには2種類があり、1つは先ほど紹介した飲食店型の店舗でウェイトレスとして働くもの。
もう1つは、お客さんだけが中を見ることが可能なマジックミラー越しに男性と女性が会話をするタイプです。

2つ目の方のパンチラカフェでの女性はウェイトレスとして働くのではなく、過激な衣装を着てただ男性と話をするだけになります。
会話をして終わりであればパンチラカフェですが、その後に男性と女性で店外デートという展開になると非常に危険です。
デート後にホテルでセックスを求められる可能性があるからで、お店に助けを求めて電話をしても対応してくれない可能性が高いと思います。

パンチラカフェだとわざと女性を騙して出会い系喫茶で働かせているためかなり悪質です。
もし店外デートという展開になってしまった場合は、デートだけをしてホテルには行かないようにして下さい。
危ないと感じた時は近くの人に助けを求めるか、警察に電話をして事情を説明しましょう。

対応方法

本当にきちんとしたパンチラカフェなのかを確かめるためにも、事前の面接で仕事内容について質問をして下さい。
具体的にどのような仕事をするのか、オプションはどうなっているのか、店外にお客さんと出ることはないかなど、気になることは全て聞いておくのです。
馬鹿真面目に事実を教えてくれるかは分からないので、しつこく質問をしてボロが出ないか確認をしてもいいと思います。

風俗のように体験入店があれば実際にお店の内側が分かるためおすすめですが、残念ながらパンチラカフェにそのようなものはありません。
心配な時は、インターネットでどのようなお店なのかを検索してもいいでしょう。
携帯お客さんが感想を書き込んでいる掲示板や、実際に働いていた女性が書き込んでいる掲示板があるからです。
それらを駆使して怪しいお店ではないのかを確かめます。

入店をしてから「騙された」と気付いた時の対象法です。
何に巻き込まれるか分からないので、すぐに店長に「辞めます」と伝えて辞めましょう。
いつまでもうだうだ働き続ける必要はありません。
風俗と同じような仕事をさせられる可能性まであるため絶対にすぐに辞めるのです。
その時に、もし店長が引き止めてきたとしても気にせず辞めて下さい。
脅迫しきた場合は、警察に通報をして助けを求めれば大丈夫です。
流石に警察が出てくると手は出せません。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました