セクキャバのサービスでなにが一番しんどい?Dキス?

セクキャバ
StockSnap / Pixabay

セクキャバのサービスで一番ツライと言われるのはキスとの声が多いようです。
ちょうどヘルスと
キャバクラの中間にあるような仕事内容がセクキャバのお仕事です。
ただ、ヘルスのように接客の合間に歯磨きをしたりシャワーを浴びるヒマがないというのがほとんどなので、その分セクキャバの方がツライとの声もあります。
お客さんの中には、無理やりキスをしてきたりお触りをしてくる人もいます。
それなのに、なかなかシャワーを浴びることが出来ないというのは衛生面から考えてもあまりよろしくないです。
そんなセクキャバのサービスや環境を紹介した上で、セクキャバのサービスでなにが一番しんどいかを検証していきたいと思います。
セクキャバの仕事を体験したことが無い人は、ぜひこちらの記事を見てから自分自身に合った仕事内容なのかどうかを見極めてみてください。
どのお仕事も一長一短かとは思いますが、特に衛星面を重視する女の子からすると、セクキャバはちょっとツライかもしれません。

セクキャバって何? どんな仕事をするの?

質問セクキャバは、普通のキャバクラと違ってキスやお触りプレイもするお仕事です。
基本的には1時間未満の短時間ローテーション型のシステムを採用しているセクキャバ店が多く、1日を通していろんなお客さんとキスやお触りを行わなくてはいけません。
当然ながら、ローテーション中にシャワーや歯磨きに向かう時間的余裕はあまりなく、大体のセクキャバ嬢は退勤後にシャワーや歯磨きをするようなイメージです。
時給や歩合は普通のキャバクラよりも高めに設定されています。
普通のキャバクラでは稼ぎが足りないという人には向いているお仕事です。
ヘルスプレイのよりはソフトなサービスが多く、お店によってはお触りは衣服や下着の上からと謳っているところも少なくありません。
容姿に自信がある人は、粘膜と粘膜が付着するようなプレイはキスのみという優良なセクキャバ店でも十分に稼げるかと思います。
逆に、あまり容姿に自信がない女の子は無理をして直接局部を触られることもあるセクキャバ店で収入を得ているようです。

キスもDキスも超ツライ? セクキャバ嬢たちのリアルな声

セクキャバで働いてて一番ツライサービスといえば、ダントツでキスやDキス(ディープキス)だそうです。
その理由としては、「お客さんの口が臭い」というものでした。
中には、歯磨きをしていないのだろうか、と頭を抱えたくなるくらいに口臭がキツイお客さんもいるようです。
しかしながら、セクキャバ嬢たちはそれに対して我慢してある程度受け入れなければなりません。

お客さんからキスを迫られて耐えられない場合はどうしてるの?

Kissサービスの中に組み込まれている以上、セクキャバ嬢たちはお客さんとある程度我慢してでもキスをしなければなりません。
とはいえ、どうしても口臭がひどく、キスをするのが耐えられないという人もいるかと思います。
そんな事態が訪れた際、セクキャバ嬢たちは一体どのようにしてキスをせずに切り抜けているのでしょうか。
口コミや体験談をもとに調べてみると、「ストレートに口が臭いと言う」という意見や、「大量のフリスクをあげる」という意見、「口内炎が出来ててキスをすると痛い」と言って切り抜けるなど、様々なアイディアがありました。
これを日常的に使って基本サービスをやらないのはタブーですが、本当に不衛生なお客さんに対してのみ使う文句ということであれば、それもアリなのかもしれませんね。

セクキャバってどんなお客さんが来るの?

セクキャバに来店する人は、20代~30代前後の若い年齢層はもちろん、中年の男性客も多く訪れます。
ただ女性に免疫がないだけで清潔感や最低限のエチケット・マナーはしているお客さんもいれば、酔っぱらった状態でニオイのケアを一切せずにセクキャバを訪れるお客さんもいます。
そこは、他の風俗店と同様で千差万別です。

セクキャバに向いているのってどんな女の子?

セクキャバに向いている女の子は、ある意味でしっかりとお客さんをお金だと割り切れる子です。
口臭がキツかろうが、不衛生なお客さんもそうでないお客さんも「お金をもらっているのだから」と割り切ってサービスすることが出来る女の子は稼げます。
また、ツライキスやDキスを交わしたとしても、身体の部位の中で他に自信がある女の子も稼げます。
例えば、キスを拒まれてもおっぱいを触ることや局部を触ることを歓迎していたり、何かしらキスに代わるエロ要素をアピールできる子は変わらず指名がつくことが多いでしょう。

セクキャバに向いていない子の特徴って?

セクキャバに向いていない子は、潔癖症な気質の女の子です。
上記のとおり、セクキャバにはシャワーや歯磨きをこまめに行う時間はありません。
なので、どんなお客さんがついても次から次へと次のお客さんを接客していかなければなりません。
セクキャバに向いていない子は、1人のお客さんの接客を終えると「歯磨きをしたい」とか「せめて口を濯ぎたい」というようにあれこれ衛生面を気にしてしまいます。
こういう気質の子は、間違いなくセクキャバに向いていないでしょう。
少しくらい時給が低くても普通のキャバクラで働くことをおすすめします。
あとは、基本サービスをすることに抵抗がなく、衛生面だけが気になるようであればヘルスやデリヘルの方がそうした方にとっては居心地がいいかもしれません。

セクキャバで働くメリットは何?

Ok上記でご紹介してきたのは、どちらかというとセクキャバをやって大変だと思うことが多かったので、本項ではセクキャバで働くメリットを紹介していきます。
セクキャバの最大のメリットは、キャバクラのようにお客さんへ気を遣いながらお酒を作らなくてもいいという点です。
お酒は基本的にボーイさんが注文を受けてお出しします。
なので、その分キスやお触りのサービスに没頭できるのです。
加えて、基本的にエロい気分でお客さんが来店することがほとんどなので、面倒な会話などは最小限に抑えられます。
あまり会話上手でない子でも問題なくセクキャバで稼げますよ。
また、お酒を飲むことがメインではないので、泥酔して二日酔いになる心配も少ないです。
それでも、キャバクラと同等にお酒に対するドリンクバックは付きますのでお得です。
衣装もドレスコーデだけではなく、Yシャツなどもあります。
自分の体型にあまり自信がない女の子は、Yシャツを着ることによって体型カバーも出来ますので嬉しいです。
このように、セクキャバにはサービスに関して大変な点もありますが、その分こんなに沢山の働くメリットがあるのです。
口臭などのニオイ面があまり気にならない人にとっては最高のお仕事かもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、「セクキャバのサービスでなにが一番しんどい?Dキス?」というテーマで進めてきましたが、どのお仕事にも短所は付きものです。
もちろん、衛生管理が行き届いていないように感じて生理的に無理だと感じた場合は、他のお仕事を選んでいただいても構いません。
ただ、高時給で粘膜接触が少なく、キャバクラのようにお酒を作らなくてもよいというのはセクキャバの最大の魅力でもあります。
ぜひ、今回の記事を参考にして、セクキャバの良し悪しを自分自身で確かめてみてください。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

セクキャバ
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました