ホスト狂いの風俗嬢は手取りいくら?貯金はできてる?

風俗全般
OpenClipart-Vectors / Pixabay

風俗業界は、男性客との性的サービスを行うことで一般的なお仕事よりも多くお給料を稼ぐことができるということから、今多くの女性から『働きたい!』と人気を集める業界です。
一口に風俗業界といっても様々で、男性客と一連の流れでセックスをするようなお仕事もあれば、直接男性から触れられないような、女性からするとセーフティなお仕事もあり、その業務内容は幅広くあります。
ほとんどの女性が風俗で働く理由として、『自分磨き』『留学』『独立開業資金』などの目的を持っていますが、その中には『ホストに貢ぐため』という理由を持った、ホスト狂いの風俗嬢も多く存在します。

ホストにハマった風俗嬢は、手取りはいくらほどもらっているのでしょうか。
また、どれくらいの金額を貯金に回せているのでしょうか。
今回は、その部分についてご紹介をさせていただきます。

ホスト狂いの風俗嬢は、手取りが多い!?

質問ホスト狂いの風俗嬢の手取り給料は、他の『自分磨き』『留学』『独立開業資金』といった目標を持った風俗嬢に比べても、多い傾向があります。

ホストクラブとは、遊びにしては高くないお金が必要になります。
貢ぐ相手がおらず、フリーで適度に遊ぶ程度であれば、1回の利用で数万円ほどと安くつくのですが、ホスト狂いをしている風俗嬢には大抵貢ぎ先の担当ホストがおり、そのホストナンバー入りできるように、トータルで多額の費用を使うことが一般的で、中には月に100〜150万円を使う風俗嬢もいるほどです。
そのため、高級ソープや高級デリヘルなど、風俗業界の中でもお仕事はハードですがお給料の割りがいい風俗で働く方が一般的で、月に100〜200万円ほどは稼いでいる風俗嬢も珍しくありません。

一方で目標を持った風俗嬢は、風俗業界のお仕事に専念されているというよりも、他の本業の傍で風俗のお仕事をしているというパターンが多く、また『一般的なアルバイトよりも、お給料が多いなら』と、ソープなどといったそこまでハードプレイを求められるお仕事を希望する人は少ない方なのです。
中でもまだソフトな『セクキャバ』『オナクラ』『デートクラブ』、その中でハードといっても『箱ヘル』『デリヘル』『高級デリヘル』といった、口での奉仕サービスが伴うくらいで留めている風俗嬢がほとんどです。
もちろん、高い意識と短期集中で貯金をしたいという願望を持った風俗嬢は、ソープなどで働く選択をする方も多いので、一概にソフトを希望する方しかいないとは言えません。
それでもホスト狂いの風俗嬢に比べると確かにソフトさを求める風俗嬢の割合は多く、また目標に対する意識・モチベーションの波や、体調が悪い日は無理をしないなど、第一に自分のことを考えているので、ホスト狂いの風俗嬢よりかは、手取りのお給料が低いことが多いのです。

ホスト狂いの風俗嬢は、体を酷使してでも稼ぐ。

セクシー 女性ホスト狂いの風俗嬢は、他の風俗嬢に比べても、手取り金額が多い傾向が見られます。
その理由として、ホストクラブに行く、もしくは担当ホストと会う時間以外は、全てお仕事に時間を使うというひたむきさが挙げられます。

担当ホストに喜んでもらう、特別扱いしてもらうためには、多くのお金が必要になります。
そして多くのお金を手に入れるためには、その分多くのお仕事をこなすことが必須になります。
例えばソープであれば、オープンの日の出時間は早いところで7:00ごろから開業しておりますが、その時間からスタンバイして1日中出勤している風俗嬢も少なくはありません。
また、ソープなどの店舗系風俗は閉店時間が0:00と法律で決まっておりますので、それ以降にデリヘルなどの無店舗系風俗で掛け持ちでお仕事をし、さらに収入を増やそうと頑張る風俗嬢も多くいます。
また、ルックスが非常に良い風俗嬢などであれば、お仕事で相手したお客様やプライベートで知り合った富裕層の男性との愛人(パパ)契約を結び、定期的に支援をしてもらえる仕組みを作る方もいるほどです。

そうなると、必然的に風俗嬢自身のお休みがないことになりますが、ホスト狂いの風俗嬢にとって、それは全く厭わないことなのです。
なぜなら、自分の体調や休みよりも、担当のホストに貢ぎ、そのホストが喜んでくれる、特別扱いをしてくれることを第一に考えているからです。
ホスト狂いの風俗嬢は、『ホストクラブは疑似恋愛をする場所』という目的を飛び越えて、本気の恋愛感情を持っている人がほとんどです。
そうなると、自分の担当ホストが、他の女性客に目移りしてしまう、取られてしまうということを恐れ、『自分だけの存在になってほしい』『誰にも渡したくない』『自分のことだけを見ていてほしい』という感情がモチベーションに変わり、仕事にさらなる精が出るのです。

ホスト狂いの風俗嬢、貯金はほぼ0!?

ホスト狂いの風俗嬢は、何よりも担当ホストにとって特別な、なくてはならない存在になることに対して大きな喜びを感じています。

そのため、そのホストにとって1番大きな金額を使用してくれる『エース』と呼ばれる太客になれば、他の客よりも特別扱いされると考え、多くのお金をホストに使おうとするのです。
例えば手取りが100万円ほどある風俗嬢は、生活費に15〜20万円ほどを残し、残りの金額を全てホストに貢ぐという傾向が見られるのも、珍しいことではないのです。
生活に関しては、愛人契約を結んでいるパパが支援してくれるという風俗嬢もおり、その場合は手取り金額の9割ほどをホストに貢ぐということもあるのです。

そのため、ほとんどのホスト狂いの風俗嬢は、貯金をすることはありません。
むしろ、自分の生活費は限界まで切り詰め、その結果浮かせることができたお金を、担当ホストに貢ぐという風俗嬢が大半になっております。
もちろん、担当ホストから『可愛い』『綺麗だ』と言われたい、いつまでも1人の女として見られたいという願望は強く持っているので、ヘアサロンやエステ、ネイル、ファッションといった自分の美容に対する投資は行いますが、『おいしいご飯』『贅沢な生活』『友達との交際費』などは極力切り詰め、ホストへの投資にお金を回します。

中には、貯金をしている風俗嬢ももちろんいる。

貯金もちろん、全てのホスト狂いの風俗嬢が、貯金ができていないというわけではありません。
一部の風俗嬢は、担当ホストにしっかりとお金を貢ぎながらも、貯金をしている風俗嬢も少数ではございますが、いないわけではありません。
ホストクラブで自分の持つお金が瞬間的になくなって行く中で、担当ホストも自分もいつまでも若くはない、そうなると将来のキャリアや生活が心配だ…と考え、ホストに通いながらでも少し貢ぐお金を減らし、貯金をするのです。

ただ、本当のホスト狂いの風俗嬢であれば、そういった将来のことを考えた貯金の目的の中心にあるものもまたホスト、ということも珍しくはありません。
例えば、『担当のホストはいつかホストクラブを引退して、私と一緒になってくれるはずだから、そうなった時にすぐに一緒に暮らせるように、引越し料金や家賃を貯めておこう』と考えるなどです。

『疑似恋愛』の枠を超え、本気の恋愛感情を担当ホストに抱いている風俗嬢は、担当ホストの甘い言葉や態度に大きな勘違いをしてしまい、そうして暴走して叶うことのない将来のために貯金に勤しむ風俗嬢も、少なくはないのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ホスト狂いの風俗嬢は、ただ単に手取りのお給料が高いというわけではなく、それに伴い長時間に渡る労働に励んでいるからこそ、手取りのお給料が高いのです。
ホストクラブで羽振りのいい風俗嬢の裏側には、休みや自分へのご褒美などといった贅沢はなく、自分にかかる生活費などを極限まで切り詰める努力や無茶が隠されているのです。
そして多くの風俗嬢が、手に入れたほとんどの手取りのお給料を担当ホストに貢ぎ、結果的に貯金ができない、できたとしても担当ホストとの叶わない夢や将来への期待のために貯金をしています。

ホストクラブは、本気の恋愛をする場所ではなく、疑似恋愛をする場所です。
もしホストクラブを利用することがあれば、ホストから出る甘い言葉や態度は営業のためという意識を強く持ち、本気にならないように軸をしっかり持つことが大切です。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました