性病でも風俗店に出勤してる?稼ぎたいときはどうしたらいい?

風俗全般
qimono / Pixabay

性病でも風俗店に出勤している人はいますが、梅毒など危険な性病に関しては出勤をさせてもらえなくなります。
また、性病に感染すると、風俗業界でバイトをする時にも支障が出て来ますので、まずは性病にならないように気を付けていくと良いです。
ちなみに、性病でもメンズエステやオナクラなどで働ける場合もあります。

性病になると出勤したくても出来なくなる

禁止風俗嬢として働いている方が、常に気を付けなければいけないのは“性病”です。
性病にかかってしまうと、お店側から出勤を禁じられることもあります。
せっかく、バリバリ出勤してお金を稼ぎたくても、性病に感染したと分かった時点で働けなくなりますので、お金が必要な方にとっては大きな痛手となります。
また求人に応募する場合なら、いくら容姿が美しくて、性的サービスのテクニックが上手かったとしても、特定の性病(感染力が強い梅毒など)があるだけでお店から門前払い状態です。

ですので、風俗で働く方は絶対に性病にならない、感染しないようにしていきましょう。
妊娠線やタトゥーなら、お店によっては出勤OKの所も多いですが、特定の性病に関してはどこもNGになってきます。

性病を隠して出勤するのも危険

また、風俗で既に働いている方が、性病に感染した場合、直ぐにお店側に申告しなければいけません。
お金が欲しいからと、性病を隠して出勤すると、お客さんに性病がうつってしまい、お店の評価を下げてしまう事にもなります。
そうなれば、まずお店から解雇される事になるばかりか、規約違反として高額の賠償金を請求される事もあります。
性風俗業界で働いている方は、性病にかかるリスクが出て来ますが、性病にかかった時には正しい対処と治療が求められます。

お客さんやお店、一緒に働いている同僚に迷惑をかけないためにも、性病に感染してしまったら、極力それを周囲へ広めてしまわないよう努力をしましょう。

性病は自覚症状のないものもある為、定期検診は欠かせない!

性病の中には、潜伏期間が何週間にもなるクラミジア(国内感染者数がダントツで多い)や、何か月もあるものもあるので、風俗嬢の方は定期的に検診を受けた方が良いです。
潜伏期間中は症状が全く出ませんので、検査をしないと感染しているかどうかも分かりません。

クラミジアの他には、感染症として「淋病」や「尖圭コンジローマ」もありますし、「性器ヘルペス」など性病の種類は豊富です。
更に最近は、抗生物質に対して耐性を持つ厄介なスーパー淋病も登場しています。
潜伏期間中に性的サービスを提供すれば、その性病をお客さんに感染させてしまう恐れも出ますし、感染したお客さんが働いているお店の別の風俗嬢に感染させてしまう事態にもなります。

ですので、それらの性感染を防ぐ為には、定期検診しかなくそれは欠かせないのです。

検診を受ければ早期治療が可能

禁止そして、定期検診を受けるようにしていけば、性病の早期発見と早期治療が可能になります。
性病を放置する事は、感染を広めるだけでなく、自身の体にも悪影響が出て来ます。
病気は早期発見と早期治療が欠かせませんので、そういった意味でも定期健診を受けましょう。
性病に感染した事に気付かず放置したことが原因で、症状が悪化して命の危険に晒されたり、合併症が起こったりして、病院生活を余儀なくされるケースもあります。

重たい性病になったり、病気になったりすれば、もう風俗で働くどころではありませんし、お金も稼げなくなってしまいます。
風俗嬢は体が資本的な所もあるので、自身の健康管理の一環として、病院で性病検査及び定期検診を受けると良いです。
たとえ、一時だけ感染したとしても、完治すればまた普通に働けるようになります。
性病を隠したまま、後ろめたさを感じて仕事をするより、完治した状態でした方が気持ち的にも楽です。

性病かかった方が、どうしても稼ぎたい場合はどうするか?

性病にかかったからと言って、風俗で働くのをやめればその分だけ収入が無くなってしまいます。
風俗業界では、正社員ではなくアルバイトの雇用形態で働く方も多いですし、各種保険が全くついていない所もあります。
風俗だけで生計を立てているは、病気をしたら、治療にもお金がかかりますし、収入が無くなってしまうので生活できなくなる方もいます。
ですので、簡単に性病になったから病院で治療を受け、仕事を控えると言っても出来ないものがあります。

では、性病になった方が、どうしても稼ぎたい場合はどうすれば良いのかというと、現在ならオナクラなど男性客に感染させるリスクが少ない仕事をする方法があります。
性病の種類によりますが、オナクラなら性病の感染がほぼゼロですので、性病に感染したとしても働けたりします。
オナニークラブ、略してオナクラは男性のオナニーを「見る事」が仕事です。
男性と交わる事も無く、ただ見ているだけで良いので、性感染症にかかりにくければ、相手に移してしまう事もありません。
性病感染を避けたい方や、性病感染をしても働きたいという女性は、そんなオナクラなどの仕事も可能です。

その他に、メンズエステも性病の人が稼ぐための選択肢としてあります。

オナクラやメンズエステでもしっかり稼げる

ちなみに、基本見てあげるだけのオナクラや、男性にエステを施術するメンズエステでも、それなりに良い時給やお給料をもらえます。
都内にあるオナクラでは、普通に働いて日給3万円以上もらえる所も珍しくありませんし、メンズエステも普通のバイトと比較すると、何倍もの時給になったりします。
性病の為、本格的な風俗店で働けなくなった場合は、そちらで働くのも方法です。

風俗で働いた経験がある方は、一般のバイトが馬鹿らしくなって、全然稼げないように感じたりする方もいますが、オナクラやメンズエステならそう感じる事も少なくなります。

まずは衛生管理をして性病にならない事を目指す。

性病にかかってしまう原因としては、衛生管理があります。
仕事で何人も男性の相手をする方は、ついつい、しなければいけない衛生管理が疎かになってしまう方もいますが、衛生管理を怠れば性病に感染するリスクは高くなります。
性的サービスを提供する風俗嬢だけでなく、それを利用する側も衛生管理を徹底させることは大切ですので、サービスを提供する側と利用する側の双方が衛生管理には気を使いましょう。

コンドーム風俗店ではお店側が衛生管理グッズを取り揃えてくれていますので、それらをフル活用すると良いです。
また、アダルトグッズを利用するときなどは、コンドームをかぶせるなどして使うなど、日頃の衛生管理意識も重要になります。

まとめ

風俗と性病は切っても切れない関係で、風俗嬢の中には、「性病が怖くてやっていられるか!」という方も実際多いです。
ただ、性病が蔓延するのは良くない事ですので、性病にならないような対策や工夫はしなければいけません。
また、風俗嬢として働いているときに、重い性病にかかってしまったら、精神的に受けるダメージも大きいです。
完治する性病も多いですが、中には完治しないエイズなどの性病もありますので用心してください。
お金を沢山稼げても、大事な体の健康を害してしまったら元も子もありません。

もし、絶対に性病に感染したくなくて、風俗でも稼ぎたい方は、オナクラなどの性病の感染リスクが低い所だけで働くのもありでしょう。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました