添い寝リフレ店で働きたいならまずは体験入店してみましょう

風俗全般
Hans / Pixabay

最近、男性客と一緒に添い寝をする添い寝リフレという店が人気です。
添い寝リフレはただ添い寝をするだけの店もありますから、男性と性的なことをする頃に抵抗がある人でも働きやすいかもしれません。
でも、本入店する前には必ず体験入店行いましょう。
今回は添い寝リフレについてまとめました。

添い寝リフレとは?

添い寝リフレ店で働きたいならまずは体験入店してみましょう添い寝リフレとは、店に来たお客さんと一緒にベッドで横になるお仕事です。
この添い寝リフレには、風俗店とそうでない店の2種類があります。
風俗店でない店の場合は、ただ横になるだけで構いませんが、風俗店の場合はオナクラやヘルス的なサービスが加わっていることがあります。
この違いははっきりと理解しておくべきでしょう。
非風俗店の場合は、お客さんが添い寝してくれる女の子に癒しを求めて行ってきます。
ソフレという言葉があるように、可愛い女性に村にしてもらうことで満足感を得られるのでしょう。

反対に、風俗店の場合は添い寝の癒しと同時に、性的な欲求を解決したいと思っています。
ちなみにこの添い寝は、日本だけでなくアメリカなどでも欧米でも広まっているようです。
それだけ需要が高いからこそ、添い寝リフレサービスが誕生したのかもしれません。

添い寝リフレは、基本的に女性が店舗で待機している形かデリヘルのように、ホテルや男性客の自宅に伺ってサービスを提供する形の2つがあります。
また、非風俗店の場合だと特殊のオプションがつくこともあるようです。
店外でのデートがそのひとつです。
レンタル彼女と考えるとわかりやすいかもしれません。
お客さんと外でデートすることによって自分の収入につながりますので、より高額稼ぎたいのなら店外デートなどオプションをつけるべきかもしれません。
ただし、風俗店も非風俗店も基本的には18歳以上の女性しか働けません。
安全面などのことを考えているからでしょう。

添い寝リフレ店に入店する前に注意すること

ある意味楽して稼げる添い寝リフレ店ですが、本入店する前には必ず体験入店を行いましょう。
なぜなら、お水系の求人の中には嘘が混じっているからです。
例えば、非風俗店のはずなのに入店してみると性的なサービスを提供させられることになった、ということが起きる可能性があるからです。
体験入店なら、少しでもおかしいと思ったら逃げ出すことができます。
ただ、店の面接担当も素人ではないので言葉巧みな女の子を移動しようとします。
半分洗脳させられたような感じなってしまうので、気づいた時には手遅れになってしまう可能性もあります。
面接や体験入店の時点で、求人には説明と違う!と思ったら、その添い寝リフレ店には入店しないようにしましょう。
いくらお金を稼げたとしても、悪質な店に間違いないからです。

個人契約の添い寝リフレにも注意が必要

中には、大手の店ではなく個人契約を結んで添い寝リフレをしようと思う人もいるかもしれません。
確かに働き方としては、個人契約をしてバイトとして働くのも良いかもしれませんが、人を信用しすぎるのにも注意が必要です。
というのも、体の関係を迫られてしまったり、盗撮されたりする可能性があるからです。
友達同士の延長で添い寝フレンドを作るのは良いかもしれませんが、個人契約には危険性もあるのであまりおすすめできません。
高額稼ぎたいと思っているのなら、できるだけ大手の評判の良い店と契約した方がいいでしょう。

非風俗店でも仕事内容にはチェックしておこう

チェック先ほど非風俗店は、性的なサービスは行わないといいましたが、近年添い寝リフレのサービス内容が過激化しているようです。
やはり同じことをしてくれるなら性的なサービスの方が良いと感じるお客様増えてきているのも理由なのかもしれません。
お店としては、基本サービスのそれ以外にもたくさんのオプションをつけてもらいたいと思うものです。
例えば、ハグや腕枕といった密着型のサービスが多いです。
非風俗店がギリギリで行えるサービスを提供することが多いです。

女性側としてはただ添い寝するだけでよかったと思ったのに、オプションが用意されていて、なおかつオプションを使いされたら、嫌でもオプションを引き受けなければなりません。

もちろんオプションが追加されれば追加されるど、給料にも反映されていきます。
なので入店する前には、悪質な店でないかチェックするだけでなく、どういったオプションがあるかも確認しておくべきでしょう。
その上で、自分が面接したお店で本当に働けるかどうか判断し、体験入店に進みましょう。

風俗店と非風俗店働くならどっち?

高収入稼ぎたいと思っている人は、非風俗店を選ぶ人が多いかもしれません。
しかし、安全面を見てみると、意外にも風俗系の方が安全であることが多いようです。
なぜなら、非風俗店は警察に届け出を出していないことが多いからです。
その反面、風俗店を営業させるためにはしっかりと警察に届け出を出す必要があります。
なので、もし働きに行った非風俗店がグレーなサービスを行っていた場合、ある日突然警察が介入してくる可能性もあります。
摘発されるとお店も潰れてしまいますし、警察から何らかの取り調べを受ける可能性が出てきてしまいます。
もし男性客の性器を見ることに抵抗がないのであれば、ヘルス系ではなくオナクラ系の風俗店に入店した方が、安全に稼げるかもしれません。

また、がっつり稼ごうと思うのなら風俗店おすすめします。
性的なサービスを行う分、料金も高くなりますので風俗店よりも高いお金を稼ぐことが出来ます。
それに、性的なサービスを行ってもらいたいために、店に立ち寄るお客さんも多いので、指名客や太客をたくさん獲得すると、その分収入につなげることができます。

ただ、非風俗店であっても指名客家リピート客をたくさん使うことができれば、風俗店に入店するよりも稼げることもあります。
非風俗店は、性的なサービスを行わないのでその分リピート客をつかむのが難しくなりますが、お客様が求めることや丁寧な接客を行って指名客を掴むことは可能です。
適当に仕事をしてしまうと、なかなか売上に反映しませんので自分がトップになるつもりで頑張ってみましょう。

安全なサービス内容を提供している店で考えると、非風俗店の方が良さそうに思いますが、場合によっては風俗店の方が安全なこともありますので、よく考えてから入店するようにしましょう。

添い寝リフレを利用する客の大半がサラリーマン

布団実は、添い寝リフレを利用する客の大半がサラリーマンだと言われています。
確かに、大学生と違ってお金も持っていますし、休日の空いた時間にふらっと立ち寄りやすいから訪れるのかもしれません。
ということは、添い寝リフレ店に来た客の要求を満たしてあげる必要があります。
毎日仕事で疲れているので、性的なサービスやオプションを行う前にまずはしっかりと癒してあげることが大切でしょう。
客の要求をしっかりと答えることによって、次回以降も指名してくれるお客さんを獲得しやすくなります。
お客さんをつかむことが売れっ子になる条件です。

また、たくさん稼ぐためにはサラリーマンが訪れやすい店に入店するのも一つの方法です。
仕事帰りにふらっと立ち寄りやすい場所や、駅から近い場所にある添い寝リフレ店に入店することも一つのてでしょう。
添い寝リフレ店に入店してがっつり稼ぎたいと思っているのなら、地理やお客さんの心理を理解することも忘れずに覚えておきましょう。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました