派遣キャバ嬢の良し悪しを解説するけど質問ある?

派遣キャバ嬢は最近人気が高まってきた職種で、メディアでも取り上げられる様になった影響で知名度も飛躍的に高まりました。
なんだか楽そうで稼げるらしいけど、その実態はあまり詳しく知られていません。
そこで今回は質問サイトで多く聞かれている疑問にスポットを当てて、派遣キャバ嬢の善し悪しについて解説していきたいと思います。
派遣会社のサイトを見てもいまいち「?」が解決されない女の子は必見です!これを読めば、あなたの疑問も解決して、安心して派遣キャバ嬢になれますよ。

派遣キャバの求人に時給の差があるのはなんで?

疑問
派遣キャバクラの求人情報には様々なランク・ジャンルのキャバクラ店が掲載されています。
ランクというのは所在地のエリアが持つ品格や女の子のルックスで、いわゆる高級店として営業しているお店です。

品格で例えるなら銀座や六本木。
キャバクラに限らず、一般的にセレブな街として有名ですよね。
そういったエリアは客層も富裕層が多いので、土地の高さだけでなくお店の雰囲気も高級です。
そこにふさわしいキャバ嬢に求める条件も非常に高く、その分時給も高くなります。

ただし、そういったお店は会員制のところが多く、エリアの品格で麹級設定しているようなお店で派遣を採用しているところは希少価値と言えるでしょう。
派遣キャバの求人で多いのは繁華街の中で高級店として営業しているところですね。
エリアの品格として高時給を提示しているお店同様、ルックス重視で採用基準は高いです。

どちらにせよ、時給の高いお店は高級店なので普通の女の子ではなかなか採用されません。
派遣でも同じで、あまり実績が無い子には求人情報が紹介されず、もし予約が取れて行けたとしても、お店から直接不採用が下される場合もあります。
その場合はお給料がもらえないので、高級店の厳しさは覚悟しておいたほうが良いでしょう。

あまりルックスにこだわっていないのに時給が高いところもあります。
それは少し過激なサービスがあるところ。
イメクラやセクキャバやランパブです。

普通のキャバクラはドレスでの接客ですが、イメクラはコスプレ、セクキャバは露出の高いコスプレ、ランパブはランジェリーでの接客です。
裸に近い衣装での接客ですから、当然お客様のお触りだってあります。
中にはもはや風俗なのかなんなのか分からないところも…。
基本的にはキャバクラでお触りはNGなんですが、黙認しているお店もあります。
ドレスで接客する普通ランクの派遣キャバ嬢の時給は3000~5000円。
5000円でも少し高い方なので、何かしらあるのかなと疑ってかかった方がいいでしょう。
普通のキャバクラで気楽に楽しく接客したいと思うなら、時給の高望みはせず、標準な時給設定のところを選ぶ事をお勧めします。

ヘルプってどんなことをすればいいの?

助っ人
派遣キャバ嬢のお仕事はヘルプだと言いますよね。
指名をとる必要も、特別お客様に気に入られる必要も無いので、あくまで在籍嬢の引き立て役として場をつなげばいいんです。
人気キャバ嬢ともなれば、いろんなテーブルから指名が入り、一つの席に長い時間つくことができません。
せっかくお気に入りの女の子に会いにきて、指名料まで払ったのに隣に来たと思ったら、またどっかに行っちゃった…そんなショボーンとしているお客様の相手をするのがヘルプです。
また指名ラッシュで慌ただしい人気嬢でない在籍嬢の引き立て役にもなります。
お世辞でもいいから在籍嬢を持ち上げ、指名につなげる様にサポートするのがヘルプ。
そうは言っても、派遣嬢は初めて会う在籍嬢の事を良く知らないので難しいですけどね。
とりあえず場を盛り上げられればOKです。
お客様を不愉快にしないように場をつなぐのがヘルプの役目であって、それが派遣キャバ嬢のお仕事です。

派遣キャバ嬢は友達バレしないって本当?

慌てる
在籍嬢の場合、夜の出勤が週に数回も固定であれば、やはり友達や彼氏にバレやすいですよね。
学生のキャバ嬢も多いですが、学校が終わって夜はキャバクラに出勤して深夜まで働く生活をしていては日中なにかしら支障が出ますし、ましてや毎日数万円稼いでいると無意識のうちにブランドが増えたり金遣いが派手になっていきます。
だからバレます。
でも派遣の場合は出勤が固定ではなく、自分の都合で決められるし、休みたければ数ヶ月という長期休暇も可能なので、怪しまれません。
出勤した翌日に二日酔いがひどくたって「昨日バイト先の合コンだった」とでも言えば大丈夫でしょう。
普段居酒屋等でバイトをしていれば尚更バレにくいですよね。
居酒屋という確かなアリバイを持ちながら、週に1回や月に1回程度、臨時ボーナス的に派遣の仕事するんだったら、バレのリスクはほとんどないです。
知り合いに絶対バレたくない子は、本業と掛け持ちしながら、とりあえず派遣サイトに登録だけしておいて稼ぎたい時だけ仕事を探す様にするといいですよ。

キャバクラとクラブとガールズバーとスナックの違いって何?

考え込む
ナイトワーク業界に疎いと名称によって何が違うのか分からず、戸惑ってしまいますよね。
もしかして如何わしいお店なのかも…と妄想ばかりが膨らみます。
キャバクラ派遣のお仕事には、キャバクラ以外にもクラブ、ガールズバー、スナックといった業種も含まれています。
違いをしっかり把握して、あなたに合ったお店を選びましょう。
特に分かりにくいのがキャバクラとクラブの違いですね。
何が違うかと言えば料金システムや指名制度など、女の子というよりも利用者である男性側が配慮すべき点が多いです。
キャバクラは時間当たり1セットとし、それに指名料や延長料がかかります。クラブは時間でサービス料の清算はされないのでオーラスでいても変わりません。ただしボトルを入れるのが決まりで、それに各々のチャージ料が加算されます。

またキャバクラの場合は指名を変える事ができますが、クラブの場合は永久指名制なので一度決めた子から乗り換える事は出来ません。
永久というのはよっぽどですからね、それだけクラブで気に入られるのは厳しいという事です。

ガールズバーは男性のお客様を相手に会話をし、お酒を作ったり灰皿を交換したりしてもてなすのはキャバクラと同じ。
制服があるところもあるので、衣装はお店に確認しましょう。
大きな違いはただ1つ。
お客様の隣に座らずにカウンター越しの接客です。
ガールズバーはバーなのでバーテンダーとして勤めます。

スナックも基本的にはカンター越しの接客です。
ですが最近はボックス席を儲けているお店も多く、スナックのキャストがお客様の席に座って談笑しているお店もあります。
その場合は風俗営業許可を取っている場合は問題ないのですが、そうでない場合は摘発される危険性があるので入店時に確認しましょうね。

お店を切り盛りしているママや、その下でキャストの指示を出すチーママがいるのも特徴ですね。
キャバクラにはナンバーワンがいてもママのような権力者はいません。
指名が無いのも気楽で、お客様はお気に入りと仲良くなるというよりも、アットホームな雰囲気を楽しみ、お友達として仲良くなる事を望んでいます。
ガールズバーとスナックは業務内容的には似ています。
この2つの違いは、女の子の年齢でしょう。
ガールズバーは若い子が多く、スナックは年齢が高い女性でも働けます。
さすがに30歳以上の方が「ガール」にはなれませんからね…。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
キャバクラ派遣と一言でいっても、いろんなお店があります。
きちんとリサーチしてから行った方が接客中の戸惑いは少なくすみますよ。
特に時給がいいところは、一般的な時給額との差に何か意味があるものです。
時給がいいから稼げる!と浮かれて行ったら、まさかのセクキャバでとんでもない目にあった…こういう事故は少なくありません。

派遣は毎日入れる仕事でもないので、副業にしておいた方がいいかもしれません。
毎回新しいお店に行くわけですから、連日それが続くと精神的にも疲れちゃいますし、更に在籍嬢の嫌がらせにもあうとなったら身が持たないですよ。
初めて行くお店は派遣会社のスタッフに相談して決める事をお勧めします。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

キャバクラ
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました