待機が辛い!暇な原因は風俗店?季節?それとも自分?

風俗全般
StockSnap / Pixabay

ソープランドやデリヘルといった風俗の大部分が出来高制です。
だから接客している時間帯にだけ報酬が発生し、そうでない時間は全くのタダ働き(働いていないですが)になります。
そのお金にならない、しかも暇な時間を過ごすのが待機部屋です。
ここで過ごす「待機」の時間が辛くて仕様がないという風俗嬢さんは少なくないでしょう。
場合によっては出勤日丸1日お茶を引く、なんてことに成りかねません。
なぜ待機なんて時間帯が発生してしまうのでしょうか。
本記事では、その原因について考えてみたいと思います。

時期的な原因から考えてみる。

まずは誰のせいでもない、時期的な原因から考えてみましょう。

1日の中での繁忙期と閑散期。

時計「時期」と呼ぶにはちょっと無理がありますが、1日の中で繁忙する時間帯と閑散としてしまう時間帯を区別しておきます。
これは次のように考えられます。

  • 1日で繁忙する時間帯=遅番(午後5時から午後12時)の内、午後7時以降から午後11時位まで。
  • 1日で閑散とする時間帯=早番(午前6時から午後5時)の最後の時間帯、特に午後3時界隈。

繁忙する時間帯については単純に、午後7時以降が会社帰りのサラリーマンが訪れやすいからです。他方、午後3時ごろはみんな仕事の追い込みで忙しいから風俗店は閑散としていまいます。
繁忙する時間帯が午後11時までなのは、閉店がどのお店も午後12時だからです。
これは風営法にもとづくものです。
ちなみに以上の話は店舗型風俗に限ったものです。
デリヘルのような無店舗型風俗だと24時間営業も可能なのです、少し話が違って来ます。

1か月の中での繁忙期と閑散期。

1か月の中での繁忙期と閑散期の区別は簡単です。
月末の給料日が繁忙期、月初めから月半ばにかけてが閑散期と考えられます。

1年の中での繁忙期と閑散期。

最も気になるのが1年の中での繁忙期と閑散期でしょう。
イメージとしては1年の中で「お祭り騒ぎになる」時期が繁忙期だと考えて頂ければ良いです。
逆に神妙な面持ちになるというか気分になるのが閑散期に当たります。

  • 1年での繁忙期=正月と年末年始そして冬休みのある12月と1月、大型連休(ゴールデンウィークやシルバーウィーク)のある5月と9月、お盆と夏休みがある8月。
  • 1年での閑散期=年度初めの4月、年度末の2月と3月、休暇終わりの10月。
    11月もお祭り騒ぎする時期ではないので閑散期。

6月はあえて外しましたがこれは夏のボーナスがあるか繁忙期です。
同様に冬のボーナスが出る12月も、すでに上げましたが典型的な繁忙期と言えます。

お店が原因?

以上のように考えると1日、1か月、1年の閑散期にわざわざシフトを組んでしまった風俗嬢さんは、自分から稼げない時期にはまってしまったと言えます。
これでは暇で待機が増えるのも仕方がありません。
しかし「そういった閑散期でも安定して男性客が来るように宣伝するのがお店の仕事なのでは?」とお店側を批判したくなる風俗嬢さんも居るでしょう。
そもそもお店側が集客のためにすべき営業努力とは何でしょうか。

オフィシャルサイト。

パソコン風俗店が取り組むべき営業努力のひとつ目は、ホームページの開設でしょう。
そこをいかに魅力的で、男性客の好奇心をそそるものに作り上げて行くかが来客数に大きな影響を与えます。
店舗のオフィシャルサイトできちんと在籍女性を紹介しているか、きれいな店内のイメージを男性客に与えているか、コース内容を適切に伝えているかどうか、風俗嬢の女の子もたまには自分のお店をチェックして店長に物申すくらいの心構えがあっても良いかも知れません。

集客サイト。

現在では、風俗情報を配信しているサイトが数多くあり、そこで宣伝広告をきちんと打っているかということも風俗店の営業努力の内に含まれます。
特に無店舗型のデリヘルなどになるとお店の数は星の数ほどありますから、男性客側からしてみればオフィシャルサイトがあるくらいでは、そのお店を信用する気には到底なれません。
自分の勤務するお店がきちんと集客サイトに宣伝広告を出し、話題性を作り上げているかも、しっかりチェックしておくべきです。

掲示板。

風俗業界に限らず各業界に多大な影響力を持つようになっているのがBBS、いわゆる「掲示板」です。
こういった掲示板に風俗店の感想や悪口を書くことに躍起になっている輩は少なくありません。
風評被害とでも言いましょうか、火の無い所に煙は立たぬと言いましょうか、いずれにせよこういった掲示板からの影響は無視できないところがあるので、見たくないのは分かりますが鬼の心でチェックを怠るべきではないでしょう。

自分が原因?

掲示板経由にせよ宣伝広告せよ、お店側の営業努力や危機管理能力の欠如が風俗嬢さんの待機時間の原因になっている可能性は否定できません。
しかし「時期」やら「お店」やら散々外部に原因を求めて来ましたけれども、「自分」はどうでしょうか。
実は暇な待機時間ができるのは自分が原因となっているのではないでしょうか。

本当にそうなのか。
答えは残酷なことに、待機部屋の中にあります。
待機部屋の中でいそいそと出て行っては戻って来ている売れっ子嬢が居るなら、まず自分に原因があるのではないかと疑ってみてください。
もちろんそこには男性スタッフの贔屓などの外部原因もあります。
しかしちゃんと男性客が来訪しているのに、自分に仕事がないというのはどういうことでしょうか。
原因は2段階に分けて反省することができるでしょう。

本指名が返って来るような接客をしているか?

基本的なのですが、一度来訪してくれた男性客に本指名を返してもらえるような接客をきちんとしているか反省してみましょう。
確かに、ネット指名と写真指名だけでお仕事を得ることはできます。
しかしいつまで経っても新規の男性客では、半ば運任せにしているも同然です。
安定して来訪してくれる男性客を確保するためにも、本指名客が返って来るような接客態度を意識してみてください。
懸念されるのは、客を選り好みしてないかということです。
お仕事の観点からすれば、どんなキモ客でも本指名を返してくれるなら、ありがたい男性客ではないでしょうか。

ネット指名が鳴るような外見の努力をしているか?

パソコン 女性お店のオフィシャルサイトで在籍女性の写真を撮るとき、大半はメイクさんなどが外見を上手く作り上げてくれます。
しかしあえてそこに自分のこだわりを入れてみましょう。
服装の選択はベストか、男性客好みのエロさが演出できているか、スリーサイズは望ましいものか、いろいろ考えてみてください。
例えばバスト88センチくらいにならないと男性客の心は動きません。
それに加えウエストはバストを引き立てるようになっていますか。
とにかくオフィシャルサイトに掲載される写真ひとつでネット指名が取れるのなら、そこには大いにこだわりを見せるべきでしょう。

まとめ。

いかがだったでしょうか。
「待機が辛い!暇な原因は風俗店?季節?それとも自分?」という疑問に答える形で記事を書かせて頂きました。
答えは、「原因はひとつに絞り込めるものではない。
時期(季節)的原因もあれば、お店が原因のこともある。
そして自分が原因になっている可能性もある。
ひとつひとつ注意深くチェックしていく心構えが肝心」というところになります。
暇だからと言ってお店のせいにするのは簡単なことです。
むしろお店に改善案を提案するくらいの心構えで、自分なりに辛い待機の時間を減らす努力をするように頑張ってみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました