セクキャバの面接は容姿や胸のサイズに厳しい?体入でもキスあり?

セクキャバ
lloorraa / Pixabay

風俗には様々な営業形態があります。
風俗というと、裸で男性にサービスをするヘルスやソープを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、実際のところは裸で接客する業種はそれほど多くないのです。
セクキャバことセクシーキャバクラも、裸で接客しない風俗の1つ。
サービスとしては、風俗店とキャバクラの中間のようなものです。

しかし、セクキャバはそれほど店舗が多いわけではないので、いざ働いてみようと思っても、どんな仕事をするのか不安に思う方もいるのではないでしょうか。
特に、面接に関することは不透明なことが多いので、働こうという意思はあっても二の足を踏んでしまっているという方も多いはずです。

そこで、ここではセクキャバの面接の採用基準を紹介しつつ、体験入店でどんなことをするのかということについてまとめていきたいと思います。
これからセクキャバで働こうとしている人は、是非参考にしてみてくださいね。

面接は胸が大きくないと受からないの? 要求される容姿のレベルも厳しい?

胸ほとんどのセクキャバは、上半身へのタッチが基本的なサービスとして存在しています。
なので、胸が大きいということはそれだけ大きなアピールポイントになるでしょう。
しかし、決して胸が大きくないからといって面接に受からないということではありません。
なぜなら、男性によって嗜好は様々で、大きいサイズの胸が好きな人もいれば、控えめな胸が好きな人もいるからです。
胸のサイズに関していえば、お店の雰囲気にあったサイズが優遇されることでしょう。

容姿に関しても同じです。
美しさというのは基本的に人によって観点が違い、誰が見ても完璧な美女なんてものはこの世に存在しません。
だからこそ、胸のサイズと同じように、お店の雰囲気にあった容姿が優遇されるでしょう。
例えばの話ですが、ロリ系を推しているお店で、どこかエロチックで胸の大きい女性が面接に来てもあまり評価されないかもしれません。
逆もまた然りで、大人な運息を推しているお店に、胸の小さなどこか幼い印象を受ける女性が面接に来ても、あまり評価されないでしょう。

逆に、お店に合致した雰囲気を持つ女性であれば、多少容姿の水準が低くても、採用される可能性は高いと思います。
容姿に関していえば、どんな風俗店であれ、ある程度要求されるものはあるでしょう。
どちらかというと、デリヘルやソープなどよりも、より高い容姿を要求される傾向にあります。
とはいえ、美人・モデルのような女性ばかりが募集されているわけでもないので、とにかく一度面接に行ってみるといいでしょう。
重要なのは行動をすることです。

体験入店ではどんなことをするの?

質問面接で合格をすれば、晴れて入店することができます。
しかし、いきなり働き始めるというのも不安だと思います。
そこで、ほとんどのセクキャバ服務風俗店では、本格的に働き始める前に、体験入店という形で仕事を体験することが可能です。
では、この体験入店(体入と略されます)は、どんなことをするのでしょうか。

時間は大体2時間から3時間くらいの場合が多いようです。
実際に働くときのように、数時間ずっと働きづめということはほぼありません。
ただし、業務上は従業員として扱われ、普通にお店の一員としてサービスをしなければなりません。
お店によっては体験入店である旨をお客さんに伝えてくれますが、ほとんどのお客さんは体験入店であっても従業員の1人としてみてきます。
なので、体験入店で行うサービスはお店が通常行うサービスとほぼ同じといっていいでしょう。
さて、気になる内容ですが、これはお店によって大きく異なってきます。
そのお店がセクキャバであるのなら、基本的にはお酒を飲むこと、お客さんと会話をすること、そしてお客さんに愛撫されることが業務になります。

しかし、お店によって、どこまでお客さんに触らせるのかということは大きく異なっているのが普通です。
お店Aでは上半身のみタッチOKで、下半身は一切NGという場合でも、お店Bでは下半身の、性器を触ることもOKという場合もあります。
基本的に時給が高いところはハードサービスな場合がほとんどで、中にはピンサロ紛いのことをしなければないお店もあるようです。

当然、体験入店をしたからにはお店のサービスがどんなものであれきちんとこなさなければならないので、絶対にやりたくないことがある場合は、お店がどんなサービスを行うことなのか、最初に確認しておきましょう。
なお、ほとんどのセクキャバではキスは絶対にしなければなりません。
それも、指名をたくさん得ようと思うのならフレンチキスではなくディープキスをする必要があるでしょう。
もちろん体入でも当然キスは必須です。

知らないおじさんとキスなんかしたくないという人は、セクキャバで働くのは避けるようにしましょう。
加えて、セクキャバにはほとんどの場合制服があります。
もちろん、制服の雰囲気も千差万別。
ぱっと見では普通のオフィスレディーのような制服から、とても外まで歩くことのできないような制服まで様々です。

過激なものを採用しているお店では、トップレスのものもあります。
そのあたりもあらかじめお店に確認しておきたいところですね。

セクキャバで働くため、稼ぐために必要なこと

チェックリスト面接で採用されるためには、ある程度の容姿が必要です。
とはいえ、容姿やスタイルだけで採用・不採用が決定されるわけではなく、面接中に様々なことを見られます。
一番見られるのは愛嬌です。
はきはきと喋っているか、笑顔で接客できるか、そういうところを見られます。
いくら胸を触れるからといっても、セクキャバはあくまで接客業の一種。
接客をするために大切なことは笑顔です。
終始暗い表情で面接をするようであれば、いくら美人だからといっても、採用される確率は低いでしょう。
逆に多少太っていたりしても、愛嬌があれば採用される確率はぐんとあがります。

体入を終えたあとは、本格的に働き始めることになります。
セクキャバは基本的には時給制で、大体3000円以上の収入を得ることが可能です。
しかしながら、セクキャバには指名制度があり、頑張れば頑張るほど稼ぐことが出来ます。
では、たくさん稼ぐために必要なことはなんでしょうか。
まず大切なのは、1つ1つのサービスをしっかりとすることです。
お客さんとの会話もそうですし、エロティックなキスをすることもそうです。
お客さんは何人かの女の子とキスをすることになるのですが、他の女の子と違う、「うまい」キスをするようなら、お客さんもその女性を指名してみたくなるでしょう。

身体を触られるときも、無言でじっとしてはいけません。
演技でもいいので、軽く喘いで見たり、身体を奮ってみたりしましょう。
感じている女性を見るのがいやなお客さんはいないと思いますから、ぐんと好感度があがるはずです。
好感度があがれば再度来店した際に指名されることも増えますし、いわゆる太客になってくれる可能性もあります。
どんな接客業でも同じように、とにかく1つ1つのサービスをきちんとすることが大切なのです。

セクキャバの面接のまとめ 見た目より愛嬌!

セクキャバの面接は、確かにまずは見た目を見ます。
しかし、見た目に関していえば、一定の水準があるのならあとはお店にあっているかそうでないかです。
一番大切なのは愛嬌と笑顔。
そして、一生懸命働こうという姿勢です。
これはセクキャバに限らずどんな接客業でもいえることなので、そういった業種で働きたいという人は、是非意識して面接に臨んでみてくださいね。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

セクキャバ
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました