風俗の面接で身分証を見せなくていいお店では働いてはいけません

風俗全般

どんなアルバイト先で働くことになっても、身分証や住民票を提示しなければいけないところがほとんどだと思います。
もちろん、風俗店も例外ではありません。採用となった時には身分証を提示するように求められる事でしょう。
しかし、中には風俗という仕事柄何に使われるか分かったものではありませんし、危険性を考えて身分証を見せなくても働ける風俗店を探す方もいらっしゃると思います。

この行動を取ってしまった方、もしくは取ろうと考えていらっしゃる方、ちょっと待ってください。
こちらの記事で身分証を見せることによってどんな危険性があるのか、逆に見せないことによってどんな危険性があるのかをご紹介いたしますので、ご一読いただいてから働き口を見つけてください。
既に働いていらっしゃる方も、自分の勤務先がどういったお店なのか知る機会になると思いますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

身分証を見せるということ

パスポートまず風俗嬢として働く際に、身分証を見せるという事に対して抵抗を覚える方は多くいらっしゃると思います。
業界からして考えても悪用される想像がつきますし、プライバシーの観点から身を守ろうと考えるのも正しい自衛の策だと言えるでしょう。
しかし、その危険性は皆無だと覚えておいてください。
身分証を提示するよう求めてくるお店は、真っ当な営業を行っている証拠です。
風営法に則って、しっかりと在籍している女の子の情報を管理し、仮に調査が入っても開示することが出来るように努めています。

また、未成年の女の子を雇うことが出来ませんので、女性の年齢確認の意味も兼ねて身分証を提示するように求めているだけです。
住所や本籍、家族構成に関しては気にも留めていないと思いますので、正しい営業と運営を行っていると考えていいでしょう。
しかし一つの例外として、脅し文句を言ってくるようなスタッフがいたらおかしいと考えるようにしましょう。
「急に来なくなったら自宅と実家に押し掛けるからな」と冗談交じりの口調で言ってくるような人がいた場合、信頼できる職場だと考えるのは難しいと思いますので、別の働き口を検討するようにしてください。
レアケースではありますが、水商売や風俗関係の仕事に就いている男性は人を脅す感覚がマヒしているので、どこまでが本気でどこからが冗談なのか分かりにくい部分があります。
少なからず最も自分の身を守ることが出来るのは自分だと思いますので、不審に思う行動や発言を目の当りにしたら冷静に考えてみて下さい。

身分証提示を求めてこないお店

Ok上記で身分証を提示することへの必要性はご理解いただけたかと思いますが、逆に提示を求めてこないお店は違法営業をしている可能性が高いです。
しっかりと営業許可証を持っていなかったり、そもそも事務所を構えていない人だったり、未成年の女性や児童を雇用していたり。
憶測で全てが判断できるわけではありませんが、少なからず真面目に営業と運営をしている風俗店でしたらまず間違いなく身分証の提示を求めてきます。

提示するよう言われなかった場合、その他の点でおかしな部分が無いか観察するようにしましょう。
特に違法営業を行っているお店に勤めてしまった場合、逮捕の対象となるのはお店の経営者と幹部の人間になりますが、働いている風俗嬢も取り調べの対象になります。
急なガサ入れをされてお店が摘発されてしまうと、職を失うどころか警察に連れていかれてしまいますので、違法営業を行っている店舗では働かないようにしてください。
昼職をしながら風俗嬢をしている女性は職場に知られてしまう可能性がありますし、かなりの高確率で家族には連絡が行くでしょう。

風俗嬢として働いていることを家族に伝えている女性はほぼいらっしゃらないと思いますので、犯罪の片棒を担ぎながら風俗で働いていたという二つの事実が家族に知られるリスクがあります。
メリットはなくてもデメリットは数え切れないほどにございますので、身分証提示を必要としないお店での勤務は控えた方が良さそうです。

分かりやすいくらいに違法なお店

Okそれでは実際に風俗嬢として働きたいと考えた際、お店選びをどのようにすれば違法営業を行っている勤務先を避けることが出来るでしょうか。
まず分かりやすいのは、SNS等個人間のやり取りでアルバイトを紹介してくる人と知り合ったケースです。
最近ではツイッターやインスタグラム等SNSが若い世代を中心に流行していますが、そういった切り口で働かせる女の子を見つけられないか物色する人が増えています。
LINEやカカオトーク等も同様です。掲示板アプリ等を利用して自分のIDを載せ、友人や恋人を募集してしまうとそういった怪しい勧誘が来ることがありますので相手にしないようにしましょう。

また、風俗専門求人サイトの中にも違法営業を行っているお店が求人を出すことがあります。
恐らくこのケースが、違法営業をしているお店で働くことになる最も多いケースだと思いますが、通常のアルバイトの様にテレビCMが流れているような求人サイトには風俗のアルバイト情報は載っていません。
風俗には風俗専門求人サイトがありますが、初めて見る方にはどれも怪しく見えてしまって仕方がないと思います。
しかし、どのサイトを見てもそんなに変わりはありませんので、待遇面や給与で決めると思いますが、まずしっかりとお店を構えていてその情報が記載されているか確認するようにしてください。

出会い系サイトを中心に蔓延っている援デリ業者は店舗を構えていることがありませんので、お店のURLや所在地が載っていないことがほとんどです。
分かりやすく見極めることが出来ますので覚えておきましょう。
また、本番ありきのデリヘル、俗に言う本デリやDCといった営業を行っているお店も違法営業となります。
デートクラブという言葉に関しては割りとオープンに使われている部分がございますので、そのお店のURLを必ず応募する前に確認するようにしましょう。

基本的に、商業目的で展開されているお店が性行為を助長するような内容を宣伝してしまうと摘発の対象になりますので、あまり大っぴらに宣伝するようなことはないとは思いますが注意して見るようにしてください。
また、もし口コミやレビューを見ることが出来ましたら、それは実際に利用したお客さんの評判でもありますので正しい営業を行っているお店かどうかの判断が付きやすいと思います。
全てのお店で見つけることは出来ないと思いますが、「店舗名+口コミ」といった形でネット検索してみるのも分かりやすいと思います。

まとめ

風俗嬢として働き口を探す際、そのお店の歴史に関しても調べてみると良いと思います。
身分証提示を必要としないお店や、違法営業を行っている摘発の対象となるお店は、それほど長い期間営業を続けることが出来ません。
大体三年くらいを目安に摘発されて営業停止となりますので、五年や十年継続して営業しているお店は健全な営業を行っていると言って良いのではないでしょうか。
身分証提示に関しては、一般の人が風俗に対して持つイメージが良くない事から敬遠しがちですが、働く上で絶対にしなければいけないことだと理解しておいてください。
風俗で身分証を見せると考えるから抵抗が生まれるのかもしれませんが、長い営業実績を誇るお店で働くことが出来ましたら、普通の会社で身分証を提示したと考えてしまっても良いと思います。
正しい対応を間違えて覚えてしまわない様、知識として備えておいてください。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました