出稼ぎに持っていく私物で必ず用意する必需品やアイテムは何?

風俗全般
ivabalk / Pixabay

出稼ぎに限らず、遠方へ出かける際には様々な用意が大切です。
スーツケースがあると荷物を楽に運べるため、あると出稼ぎの旅が楽になります。
保険証などの身分証は風俗の出稼ぎにあたって必需品となりますので、必ず用意しましょう。
忘れ物がないか、チェックリストを作っておくと便利です。

出稼ぎする前に準備すること

スーツケース出稼ぎの求人に応募し、面接をして採用され、いざ現地に向かい、そして到着してから大事なモノを持ってくるのを忘れたことに気づいても最早手遅れというものでしょう。
地元の風俗店での労働と違い、出稼ぎの労働は近くに知り合いも友人もいないことがほとんどです。
忘れ物があっても届けてくれる人はいませんし、そもそも家族や友達に内緒で風俗をしている女性は多いでしょうから、忘れ物を届けてくれと電話で連絡することもできません。
出稼ぎをするにあたって用意すべき物の中には、仕事をするにあたって必要なもの、例えば保険証などの身分証や、お店によっては性病検査表などを用意する必要があります。

仕事にあたって必要なモノを提出できないとそもそも働くことすらできませんので、お店側が持参するように伝えてるものは絶対に忘れないように注意しましょう。
もしかしたら忘れるかもしれないと心配な人は、チェックリストを作ってスーツケースに入っているかどうか確認すると良いでしょう。
もしくは、スーツケースに入っていることを確認し、それをスマホで撮影しておくと、後で本当に仕舞ったかどうかスマホの写真を通じて確認ができて便利です。
出稼ぎの旅はたとえ短期間といえど1週間から10日間ほどの日数がかかるものです。
それだけに持っていく荷物は多くなるでしょうから、スーツケースは荷物が沢山入る大き目のモノがオススメです。

しっかりと旅のスケジュールを確認し、事前に準備と支度を整えておくことで、万全を期して出稼ぎをすることができます。

出稼ぎで絶対に用意するもの

チェックリスト風俗嬢が出稼ぎをするにあたって、絶対に用意しておく必要のあるモノがあります。
それは身分証です。
パスポートや運転免許証などの身分証明書は必ず持参し、忘れないように財布に入れておきましょう。
風俗の出稼ぎは最悪、身分証さえあればなんとなくなります。
他の荷物に関しても、たとえ忘れたとしても現地で購入することができます。
しかし、身分証だけはお金では買えないだけに、絶対に忘れないように注意しましょう。
身分証の次に必要なものとして、保険証があります。
もしも出稼ぎ先で怪我や病気になった時に保険証が必要になりますので、用意しましょう。

お店によっては性病検査表の他に、住民票を提出させられることもあるので、お店に用意するように言われたら出来るだけ早めに住民票は確保しておきましょう。
これらのモノは地元で準備できるのですが、中には移動中に用意する必要のあるモノがあります。
それは交通費の領収書です。
出稼ぎ先の風俗店によっては交通費を全額負担してくれることがあるのですが、その際に交通費の領収書を出す必要がありますので、電車や飛行機に乗る際にはしっかり領収書も用意しましょう。

出稼ぎで持っていく荷物

出稼ぎをするにあたって何を持っていけば良いのでしょう?まず一番先に用意した方が良いものはスーツケースです。
これがないと荷物を運べません。
次に、私服とは別に仕事で必要な服や下着を数日分は用意しておきましょう。
ただ、出稼ぎの日数によっては準備しておいた服や下着では足りないこともあるため、出稼ぎ先では使ったらその日の内にすぐに洗濯しましょう。
さらに、化粧品やスキンケア用品も必要です。
女性によっては使い慣れていないものだとアレルギーや発疹が出るといったケースもあるでしょう。
現地で同じモノが購入できるとは限りませんので、しっかり準備しておくと良いです。

最近は出稼ぎをするにあたって寮やホテルといった宿泊施設を準備してくれる風俗店が多いのですが、宿泊施設によってはシャンプーやリンスがないこともあります。
たとえあったとしても使い慣れていないモノであることがほとんどなので、アレルギーなどが心配という人は自分用のシャンプーやリンスを持って行った方が良いです。
出稼ぎ先の宿泊施設には自分以外にも出稼ぎするためやって来る風俗嬢がいるものです。
寮やホテル次第では、ルームシェアすることもあります。
そうなるとドライヤーの数が足りなくなることもあるので、自分用のドライヤーを一つ持っていった方が良いかもしれません。
さらに、ドライヤーはあってもコテは用意してないことがほとんどなので、必要なら用意しておいた方が良いです。

風俗嬢の中には頭痛薬や胃薬など、常備薬が必要な女性もいるでしょう。
近くにドラッグストアやコンビニがあれば良いのですが、田舎に出稼ぎに行くとコンビニすらないこともありますので、よく使う常備薬は事前に用意しておきましょう。

出稼ぎの知恵

出稼ぎをする風俗嬢の中には頻繁に遠方に出かける女性もいます。
そういった女性に限って案外身支度はすっきりしており、行きばかりか帰りにおいても準備に手間取らないものです。
風俗嬢の中には観光目的で出稼ぎをする女性もいますが、あれもこれもと買い物ばかりしていると、最終日に荷物を抱え込み、クタクタになりながら帰宅することになります。
そうならないように、女性の中には荷物や洗濯物、さらにはスーツケースなどをまとめて宅急便で送ってしまうこともあります。

荷物をすべて宅急便で送ってしまえば、バッグ一つで楽々帰宅することができます。
出稼ぎは荷物が多くなりやすいため、帰りはぜひ宅急便を活用してみましょう。

出稼ぎの宿泊施設と寮の種類

ホテル 部屋風俗嬢が仕事をするにあたって必要なものといえば色々ありますが、一番はやはり生活の拠点でしょう。
生活拠点がなければ毎日の寝泊りの場所に困ってしまいます。
そのため、出稼ぎをするにあたってどこで寝泊りをするのか、宿泊施設をどうするかを考える必要があります。
寮やホテルのある風俗店であれば、そこを利用することで雨露を凌ぐことができます。
では、風俗店が用意する寮やホテルとはどのようなものなのでしょう?

これは風俗店のランクによって実に様々です。
例えば人気のある高級店などになると、家具つきの一人部屋を貸してくれることもあります。
清潔感のある内装で、ペット可の物件ならば大事なペットをお供に連れて出稼ぎに行けます
このような家具付きの寮やホテルであれば洗濯にも困りませんし、仕事がない日は部屋でリラックスし、寛ぐことができるというメリットがあります。
ただし、このような豪華なホテルや寮の場合、1日あたり2000円から4000円の費用を取られることがありますので注意が必要です。

風俗店が用意するホテルや寮の中には、宿泊費どころか光熱費すら無料の場合があります。
ただし、こういった安く泊まれるホテルや寮の場合、他の女性とルームシェアであったり、不衛生であったりと、様々な点でデメリットがあります。
このような風俗店が用意するホテルや寮を利用することで、宿泊施設をわざわざ探す手間を省いて生活拠点を確保することができます。
ただし、これらの宿泊施設を利用するとプライバシーが守られないといったデメリットに加え、入居の際に条件をつけられることがあります。

例えば、1ヶ月に何日以上は稼働しなければならないなど、勤務日数や勤務時間が指定されることがあります。
もっとも、出稼ぎは短期間だけで、がっつりと稼ぎたいという女性であればそれほど気にならないかもしれません。
ただ、出稼ぎが1ヶ月以上にわたるような長期の場合は、どのような条件が付くのかしっかり確認しておいた方が良いです。
風俗店の寮というのは鍵を風俗店側が持っているため、プライバシーに関してはあまり守られず、何よりも不特定多数の風俗嬢が出入りしているものです。
衛生面に関してはあまり良いとは言えないため、アレルギーや潔癖な女性には向いていないかもしれません。

どうしても寮は嫌だというのであれば、多少お金がかかっても良いので自分でホテルや旅館を予約した方が良いでしょう。
宿泊施設はどうなっているのか、荷物はしっかり準備しているのか、忘れ物はないのかなど、身支度をしっかり整えることで、万全の体制をもって出稼ぎに行けます。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました