風俗店の脱がない・舐めない・触らせないは本当にその通り?

風俗全般
1quirk / Pixabay

風俗業界の求人を見ていると目にするのが、いわゆる「3ナイ」。
キスやタッチ、はてはヌキなどのハードサービスに抵抗がある女性にとって、願ってもない求人です。
不特定多数の男性相手に接触する訳ですから、舐めたり触られたりすれば、それだけ病気のリスクは高まるもの。
あるいは、風俗初心者や未経験者の女性にとっては、男の前で良服を脱ぐのは非常に勇気がいるものです。

巷に溢れる風俗の求人。
嘘広告の多いと言われる風俗求人において、3ナイは果たして本当に信じて良いのでしょうか。

実情

エステやオナクラなどのソフトサービスを提供する店は、風俗初心者の女性に人気です。
「脱がされもしないし、フェラもしない、あちこち触られることもない」と言われれば、多くの女性は「簡単そう!」「自分にもできるかも!」と思います。
したくもないサービスをしなくて済むのですから、理想的でしょう。

No, マークですが、実際のところ、この謳い文句は嘘である場合が多いのが事実。
ではなぜ、店はこのような手口で女性を騙すのでしょうか。
3ナイと言っておく事で、女性の入店を促せるからです。
言葉巧みに迫る悪徳業者が多いので、意に反して入店させられる事も十分あります。

求人を出している店に面接に行ったら、「ウチじゃ稼げないから、系列店を紹介するよ」と言って3ナイではないハードサービス店(ヘルスなど)に送り込むパターンなどが考えられます。
少しでも甘い言葉で引きつけて、あわよくば都合よく利用してやろう、と言うのが悪徳業者の本音。
ソフトサービスのみでありながら高収入を掲げるような求人は、まず嘘広告だと思って間違いありません。

3ナイにはどんなメリット・デメリットがある?

本当に3ナイを約束してくれる店なら、少なからず安心です。
オナクラを例に挙げると、女性は男性客のオナニーを見てあげるだけなので、テクニックも不要だし、病気をうつされるリスクもありません。
オプションサービスとして手コキする場合もありますが、女性側からすればリスクは一切なしです(手指にケガ等しないよう日頃から注意が必要)。
仮に生理中であっても、問題なく仕事ができるのも嬉しい所。
あくまで、自身のハンドテクニックのみでサービスの質が決まると言う事です。

デメリットに関しては、やはりソフトな分、高額な収入は期待できないことが多いです。
風俗とは言え、ある程度過激なサービスが出来る女性の方が稼げるのは事実ですから。
3ナイと言っていても、実際にはオプションをつけないと客はつきません。
やはり、男性の需要に応えてあげなければ稼ぐのは難しいのです。
ですが、リピーターが付いたりすれば、オプションなしでも日給にして2,3万円稼げる事も期待できます。

3ナイの求人では何が求められる?

質問至って善良な店では確実に3ナイを約束してくれます。
脱がない、舐めない、触らせないのであれば、多くの女性が募集に殺到することは先に紹介しましたが、ハードルが低い分、求められる条件があるのは事実。
具体的には、女性のルックスは重要視されます。
ハードなものは求められない反面、見た目で選別されることはある意味致し方ないと言えるでしょう。
素人であっても、ルックスが良ければ働ける確率は上がります。
若くて見た目の良い、要するに可愛い女性に見られながらオナニー出来るとなれば、男性だってより興奮出来る筈ですから。
晴れて入店が決まり、実際に仕事を始めると、いくつかのスキルが求められます。

1つ目はいわゆる「営業活動」
平たく言えば、固定客を作る努力をする事です。
何度も言いますが、ソフトサービスのみである以上、普通のサービスだけで満足する客は多くありません。
手コキをするにしても、客を十分に焦らしてから射精に導くとか、刺激の与え方にメリハリをつけるとか、日頃から自分なりのスタイルを持って仕事に望まない事には、リピーターはつきにくいでしょう。
「個人営業」だと言う意識でサービスを提供するスキルが必要になってきます。

2つ目は「いかにオプションで稼げるか」。
オプションを拒否できる店はありますが、多くの男性はオプション付きで気持ち良くなりたいもの。
オプションを片っ端から拒んでいては、自身の収入に響いてきます。
確実に出来そうなオプションをいくつか決めておき、出来るだけ客にオプションを付けてもらうと良いでしょう。

3つ目は「素人感を出せるか」。
ソフトサービスを利用する客の中には、テクニックになれたプロよりも、初々しい感じの女性を好む者もいます。
素人らしい方が、不慣れであっても懸命に満足させてくれようとしている印象を客に与えられるので、評価が高まる事も。
必ずしも手慣れたサービスを求める男性ばかりではないのです。

実際の所、3ナイの店は多いの?

結論から言えば、ヌキアリなどハードサービス店に比べると、ソフト系は少ないです。
仕事を探す女性にとってもですが、あまり過激なプレイを求めない男性にとっても不便である、と言っても良いかも知れません。
逆に、表向き3ナイの店は、風俗全体の3割とも半数とも言われており、具体的にどれくらいの割合なのかは不明です。

3ナイかどうかを確認するには

パソコン応募の段階で、電話で確認するのも良いですが、その他にも確認する方法はあります。
基本中の基本、求人情報をよく読む事。
一見して高時給・高日給と、金額にばかり目が行ってしまいがちですが、一歩引いた視点で求人を読んでみましょう。
「あまりにも給料が高すぎる」
これには注意です。
客の前で肌を晒す事も、キスなどリップサービスする事も、あちこち触られる事も、全てないのにデリヘル嬢などよりも高い金額を提示している求人は、高確率で3ナイではありません。
面接に行ったが最後、ハードサービス店に横流しされる危険が高いです。

「店のサービスやオプション、コースなどは全て事実か」
オナクラにしろエステにしろ、完全に3ナイであるかどうかは疑わしいです。
基本は3ナイ、でもオプションで脱いだりトップレス、Tバックなどを要求する店もあるからです。
完全脱衣じゃないから言いや、と割り切れるならまだしも、全裸に近くなればなるほど抵抗感は増すでしょう。

舐めないにしたって、ゴムありでフェラなんて言う場合や、触らせないにしても、完全お触りNGの場合と、軽いタッチなら可としている場合など様々。
電話や面接でその店がどの程度のオプションやコースを提供しているかを確認した方が良いです。
自分は本当に3ナイを求めているのか、多少の脱衣やタッチなら我慢できるのか、割り切れる範囲を考えておきましょう。

まとめ

風俗の3ナイはやはり、嘘であるケースが多いことが分かりました。
店側は少しでも魅力的な条件を提示して女性を確保しようとするため、高時給や数々の保証と共に、性的サービスのない「エサ」で釣ろうとします。
求人を見つけたら、まずは電話で口で、本当に脱いだりする必要は無いのか、確認すべきです。
「3ナイではあるけれどオプションによっては~」などの返答であれば、その求人に応募するのは控えた方が良いでしょう。
ネットで検索すれば、無数の対処法や実際の体験談が得られます。
風俗業界は、女性を簡単に信じさせてしまう騙しの手口が多いです。
事前に確認できる点はしっかりとチェックし、面接の場ではハッキリと希望を言うようにしましょう。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました