風俗のメンズエステには種類がある?教えてください!

エステ・回春マッサージ
carjens / Pixabay

風俗には、メンズエステという業種があります。
その名の通り、男性客をマッサージやエステで癒やします。
ただ、それだけで終わるのではなく手コキで抜く場合も多いです。
最近じわじわと人気を集めているメンズエステサロンについてご紹介します。

メンズエステサロンとは?

質問メンズエステサロンのサービス内容は、男性客にエステやマッサージを施すようになっています。
それだけだと、とても健全な店に思えますが、中には手コキをして抜いてあげる店もあります。
手コキをしない店は風俗店には入りません。
とはいっても、健全なお店でも施術をする女の子は水着などちょっとセクシーな衣装を着ていることも多いです。
そういったお店はマッサージやエステがメインなので、働きたいのならそれなりのテクニックも必要になってくるでしょう。

そこに、手コキが加わったのが風俗のメンズエステサロンです。
大抵の場合が手コキのみとなっています。
こちらも同じく水着などを着ますが、オプションでトップレスになることもあります。
とはいっても、基本的にお客さんは体に触ることはできません。
抜きありとはいっても、あくまでおまけ程度なので働く際にはマッサージやエステの知識を身に着けたほうがいいでしょう。
ただ、お客さんでも抜きありと抜きなしの見分けがつかないこともあるようです。
抜きなしなのに、抜きありを要求されることも、この先あるかもしれませんね。

メンズエステサロンの形態は?

メンズエステサロンと聞くと、店舗型の店を思い浮かべる人が多いでしょう。
しかし、非店舗型のメンズエステサロンもあります。
後者は、デリバリーヘルスタイプのもので、ホテルなどに派遣されます。
デリヘルなどを思い浮かべるとわかりやすいでしょう。
メンズエステサロンに務めるのが初めてなら、できるだけ店舗型の店をおすすめします。

店舗型なら、すぐ近くにスタッフや店長がいるので、なにかあれば助けてもらえます。
しかし、派遣型は自分とお客さんしかいないため、本番や生フェラを強いられることがあります。
どうしても、体に触られているとアソコが反応してしまうので、マッサージだけでは物足りなくなってしまうでしょう。
店側が本番などを禁止していても、誰も助けてもらえませんので、根負けしてしまう可能性もあります。
また、店側が本番やフェラを強要するケースもあるようなので、入店する際は気をつけるようにしましょう。

過剰サービスの末路

風俗では、過激なサービスを提供することを過剰サービスと呼んでいます。
メンズエステサロンなら、本番やフェラ、キスがそれにあたります。
過剰サービスを提供すると、お客さんに喜んでもらえますが、それは一時的なものです。
できないことはお客さんとしてもわかっています。
それでも強要して、それに応じてくれたときお客さんは達成感を感じます。
すると、もうその風俗嬢には用がなくなってしまうのです。
なので、過剰サービスで売っても自分のためにはなりません。
また、ルールが厳しい店だと過剰サービスしているとわかった時点でクビにされてしまいます。
その場しのぎの客の喜ばせ方ではなく、心から喜んでもらえて、リピーターになってくれるテクニックを身につけましょう。

メンズエステサロンの選び方

虫眼鏡長く務めるためには、いいメンズエステサロンを選ばなければいけません。
ですが、どの求人を見ても、いいことしか書いていません。
応募したものの、実はダミー求人だったということもありえる話です。
ダミー求人とは、架空の求人のこと。
メンズエステサロンと見せかけて、本当はヘルスやソープで働かせるという手口が使われています。
そういった店に、ひっかからないためには口コミを見る必要があります。

そこそこ知名度がある店なら、働いている風俗嬢が愚痴を言っている掲示板もありますので、必ずチェックしておきましょう。
また、お客さんが口コミを投稿している掲示板もあります。
やはり、風俗店を見極めるためにはお客さんの意見につきます。
店のホームページではいくらでもいいことが書けますが、掲示板はそうはいきません。
もちろん、うのみにするのもよくありませんが、参考にはできるでしょう。

そして、なによりも注目しておくべきところが店のホームページです。
雰囲気もつかめますし、オプションを確認できることもあります。
手コキ以外にフェラなどがある場合もありますので、ネットから確認しておきましょう。
一般の会社でもブラックとホワイトがあるように、風俗店でもクリーンなところと地雷店があります。
見極めるためには、情報収集力が欠かせません。
ネットを駆使していい店を探しましょう。

必ず体験入店してから本入店する

面接を合格すると、入店ができますが、できるかぎり体験入店を行ってからにしましょう。
やはり、いい店かどうなのか判断するためには、まず体験入店がかかせません。
そこで、悪い店だとわかれば、入店をやめられるので、この先ずっと嫌な思いをする必要がありません。
また、いい店だと思っていても実はダミー求人だったという可能性がありますので、そういった店を見極めるためにも、体験入店は行っておくべきです。
問題なさそうだと思ったら、はじめて本入店するようにしましょう。

メンズエステサロン店で本指名を取るためにはどうするべき?

メンズエステサロン店は、他の風俗店とは違ってかなりライトな分野です。
お客さんもおさわりがNGなので、リピート客を増やすことに苦労している人も多いでしょう。
しかし、過剰サービスをしなくても、簡単なことでリピーターは増やせるようです。
客がつかないから、ヘルスやソープに業種替えする必要もありません。
その方法の一つにトークがあります。
お客さんとしては、無言で施術されるよりも楽しく話しながらマッサージされるほうが嬉しく思うものです。
無理して自分がベラベラ話す必要はありません。
お客さんが話したら、それに相槌を打つかのように話すだけで案外トークは続くものです。
いつも会話が続かない…という人は聞き上手になることを目指してみましょう。

また、できるだけマッサージやエステのスキルを身につけるのもおすすめです。
所詮風俗だから…と適当にするよりも本格的に勉強をしたほうが、意外とお客さんに喜んでもらう可能性はあります。
最初は抜いてもらう気マンマンだったけど、マッサージがあまりにも気持ちよすぎて満足してしまったということもあるかもしれません。

特に、抜きありのメンズエステは、みんなマッサージが下手な傾向があります。
その中で、きちんとした技術があれば人気も出てくるはずです。
他の風俗嬢の意見も聞きながら、スキルを磨いていきましょう。

最初は本指名が返ってこないことがある

矢印 開店メンズエステサロン店で働いている風俗嬢曰く、最初は本指名が入らないこともザラのようです。
周りがたくさん指名されていると焦ってしまうかもしれませんが、店を変えるのはちょっと待ってみましょう。
長くいると、そこからどんどん本指名が入ってくることもあるようなので、あまり気に病まないほうがいいようです。

店自体に客が入らないとかでない限りは、店を転々とするのはやめておいたほうが無難です。
お客さんをつかむコツを覚えたら、メンズエステサロンほど楽な仕事はない!と言っている人もいるほど。
抜きありでも抜きなしでも、稼いでいる人は稼いでいるので、やはり自分の頑張りしだいでしょう。
すぐに辞めずに、最低でも1年は頑張ってみてください。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

エステ・回春マッサージ
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました