朝セクって夜のセクキャバより稼げる?やっぱり厳しい?

セクキャバ
danfador / Pixabay

風俗店には様々な種類がありますが、近年になって都心を中心に流行っているのがセクキャバというお店です。
セクキャバは、デリヘルやソープと比べて性的なサービスが少なく、普通のキャバクラよりも給料が良いというメリットがあります。
またセクキャバの中には夜だけではなく朝昼に営業しているお店も多く、そういうお店は朝セクと略されることもあります。
この記事では朝セクは夜のセクキャバよりも稼げるのかということについてご説明します。

セクキャバってどんな仕事?

セクキャバとはセクシーキャバクラの略です。
その名の通りキャバクラを基本としたお店なのですが、通常のキャバクラのようにお客さんの隣に座ってトークをしたりお酒を飲むだけではなくセクシーなサービスもします。

セクキャバの店舗はキャバクラと同じように大きなフロアに椅子と机があり、もちろんお客さんはお酒を注文することができます。
そしてお酒を飲みながらトークするだけではなく、セクキャバの場合はお客さんとキスをしたり胸や関心にタッチされるなどのサービスを行います。

カクテルただし、ピンサロやデリヘルのようにヌキはありません。
あくまでもお酒を飲みながらセクキャバ嬢に触ることも出来るというのがセクキャバのウリです。
お店によってどの程度お客さんが嬢にタッチできるかということには差があります。
どんなお店であってもキスがディープキスは通常のサービスとして含まれています。
お店によっては服の上から胸にタッチするところまでオッケーというお店もありますし、お客さんが女性の服の中に手を入れて下半身にタッチするようなところまで許容されてるお店もあります。

この性的なサービスの度合いはお店によってかなり異なるので、もしセクキャバで働こうと考えている場合には勤務先候補のお店のホームページや、利用しているお客さんのレビューを調べてみると良いでしょう。
また、キャバクラという名はついていますが、お客さんの目的は性的なサービスである場合がほとんどなので、お酒を沢山のんだりトークを頑張るだけでは出来ないお仕事であることは理解しておきましょう。

やはり性的なサービスをするお店ですので、夜に営業しているほうがお客さんもたくさん来やすいためセクキャバのメインの時間帯は基本的には夜です。
しかし最近では朝昼の時間帯に営業をしているセクキャバも多くあります。
そういったお店のことを朝セクと言います。
朝セクは早いお店であれば午前9時頃から開店しているお店もあり、主な客層は夜勤明けのサラリーマンや、昼間に働いていない男性です。

朝セクの給料制度はどうなっている?

朝セクであっても給料制度は普通のセクキャバと変わりません。
基本的にセクキャバの給料制度は時給+歩合制になっています。
大体朝セクの時給相場は地方だと2,000円~3,000円、都内だと2,500円~4,500円程度です。
基本的には夜の方が時給が高く、夜のセクキャバであればだいたい上記+500円程度の時給になります。

歩合制についてはキャバクラのシステムと似ています。
歩合の対象となるのは本指名や写真指名、場内指名などの指名系とお客さんが注文した飲みドリンクのバックです。
指名やドリンクバックは大体お客さんが支払った金額の50%ですが、お店によって差がある部分なので働き始める前にお店に問い合わせて確認しましょう。

例えば時給3,000円で朝9時から昼の15時まで勤務した場合、時給3,000×6時間=18,000円とバック分稼げるということです。

朝のセクキャバで働くメリットとは

Ok朝のセクキャバで働こうと考えている女性は、そもそも夜に働くことがどうしても難しいという方も多いようです。
朝のセクキャバで働くことには以下のようなメリットがあります。

女性の競争率が低い

基本的に風俗店では夜に働こうとしている女性の方がたくさんいます。
そのため朝セクには勤務している女性が少なく、女性同士の競争も少ないのです。
だから夜であればあまり指名がとれないという女性でも、朝セクで働き始めたら指名がたくさん取れるようになったという例も沢山あります。

昼職と同じ生活リズムを送れる

朝セクで働くことの最大のメリットは昼職と同じ生活リズムでいられることです。
家族や彼氏と同居している女性の場合、夜に働くのは不可能ですが、朝セクであれば風俗店の高時給とプライベートを両立できます。
逆に言えばどうしても昼に働かなくてはいけないという理由がない限り、わざわざ朝セクで働く必要はほとんどないとも言えます。

身バレするリスクを下げられる

風俗嬢が身バレする可能性が最も高いのはお店に出勤する姿を見られたり、お客さんとして知り合いが来てしまったりした場合です。
朝セクであれば、出勤時間は昼職と変わりませんので知り合いに見られたとしても問題はありませんし、お客さんの数も少なく普通のサラリーマンなどは昼にセクキャバに来ることはありませんので、知り合いとあってしまう可能性も低いのです。

朝のセクキャバで働くデメリットとは

朝セクで働くことのデメリットには以下のようなものがあります。

客入りが悪い

やはり風俗店ですので利用客は夜の方が圧倒的にたくさんいます。
いくら時給制とはいっても、やはり指名をどれくらいとれるかによってお給料は大きく変わりますので、稼ぎやすさという点では夜よりも朝の方が圧倒的に不利です。

お店によっては指名にかかわらず接客した数によってバックを決めているというお店もありますので、そもそもお客さんがあまりいない時間帯だとその部分でもお給料的には損をしてしまいます。
当然お客さんの数が少ないということは接客できる人数が少ないため、指名料やドリンクバックなども稼ぎにくいということです。

時給が夜よりも低い

ほとんどのお店で朝と夜では時給が違います。
夜の方が時給が500円以上高いことも多いため、やはり朝働くことは夜のセクキャバで働くことよりも稼ぐためには不利なのです。

夜よりも朝のセクキャバの方が稼げるの?

お金朝セクで働くことのメリットとデメリットについて紹介してきました。
基本的に時給が高いという意味でも、お客さんがたくさんいるという意味でも夜の方が稼ぎやすいというのが事実です。
唯一朝セクの方が稼げる可能性がある要素となるのは、女性の数が少ないため夜よりも女性のレベルが低いということです。
夜ならば中間ぐらいのレベルの女性であっても、朝セクで働いてる女性の中では圧倒的に可愛いというようなこともあり得ます。
しかしいくら朝セクの中で一番可愛いとしても、やはりお客さんの数が少ないため指名を常に確保するのはとても厳しい環境であることは間違いありません。

お給料という点では、普通のバイトなどよりははるかに稼げるけれども夜のセクキャバよりも稼げないと考えるのがよいでしょう。
それでも朝セクで働いた方がいいのは、彼氏や家族などに風俗で働いていることをバレたくないという女性です。
逆にどうしても昼に働きたいという理由がなく、がっつりお金を稼ぐことを最優先に考えているのであれば夜のセクキャバで働くことをお勧めします。

まとめ

朝セクは夜のセクキャバよりも稼げるのかということについてご説明しました。
結論としては朝セクでは夜のキャバクラよりも稼ぐのは非常に難しいと言えます。
お金をたくさん稼ぎたいという理由でわざわざ朝セクで働くのはおすすめできませんが、どうしても朝昼にかけて働きたいという場合は選択肢として考えてみても良いでしょう。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

セクキャバ
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました