派遣のキャバ嬢はメリット多いけど早上げされたら稼げないよ!

キャバクラ

束縛がなく自由に仕事が出来る、という理由でキャバクラ派遣で仕事をしている人が多いと思います。
確かに在籍キャバ嬢と違いキャバクラ派遣は自由です。
自分の都合に合わせてシフトを組めたりとメリットが多くありますが、稼げるのかは人によって様々な意見があるようです。

派遣キャバ嬢のメリット

派遣のキャバ嬢で働くにあたってのメリットは、やはり自由が多いことでしょう。
自分の予定に合わせて好きに仕事を入れられるのです。
在籍キャバ嬢になるとお店に縛られるので、シフト組みなどはあまり自由に出来ません。
あまりコミニュケーションを取りたくなくてサクッと簡単に働きたいならキャバクラ派遣で働くことをおすすめします。

在籍キャバ嬢だとお客さんに対しての営業、お店側との関係を保つためにそれなりに気を使ったり大変です。
派遣キャバ嬢だとそういった面倒な営業は全くなく、気兼ねなくお客さんの相手が出来ます。
残業やアフターも無いので、キャバクラ内でのお客さんの相手をするだけでいいのです。
派遣なのでお店との関係も楽で、短ければたった1日の関係なので、当たり障りのない対応をしておけばそれで大丈夫です。
同じように女性同士である在籍キャバ嬢との関係も短い期間なので、そこまでコミニュケーションを取らなくても大丈夫でしょう。

派遣キャバ嬢は、基本日払いなことも嬉しいメリットです。
どうしてもすぐにそれなりのお金が欲しい、そういった時には派遣キャバクラで稼げばいいのです。
働いたその日のうちに1万円近く、または1万円以上は必ず手元に入ってきます。
1週間働いただけでもかなりのお金になります。

キャバクラ派遣は稼げるのか

キャバクラ派遣は稼げるのかの問題は、仕事の時間と時給によります。
たまに派遣先のお店によっては派遣のキャバ嬢でもバックが付くことがあるので、そういったお店に当たればそれなりに稼げるはずです。
キャバクラと言えど派遣なので給料は時給制になります。
その日のシフトがみっちり入っていればその時間分稼げますが、半分以上待機といったこともあるかもしれません。

キャバクラは待機時間も仕事に入るのでその分きちんと給料は発生します。
しかし、待機時間は暇すぎるので待機は嫌、という方もいます。
派遣のキャバ嬢は携帯禁止のルールがあるお店がほとんどなので、呼ばれるまで待機しているのは辛いでしょう。
逆にお客さんと話すのが面倒だから派遣で待機が良い、という人もいます。
待機時間分も給料が出ることを考えると確かに楽ですが、お店があまりに暇だとキャバ嬢に早上がりをさせる場合があります。

派遣キャバ嬢は早上がりの対象になりやすい

お客さんがあまり来ない時にキャバ嬢が大勢お店に待機していても店側に何もメリットはありません。
お客さんが来なくてお金が入ってこないのに、給料を払わなければならないキャバ嬢だけお店にいても意味が無いからです。
そのため、お金を節約するために何人かのキャバ嬢は早上がりさせられ、その対象になりやすいのが派遣キャバ嬢になります。

早上がりになると働く予定だった分働けないのであまり稼げないです。
せっかく派遣先のお店に行ったのにたった1,2時間で早上がり、ということもあります。
派遣会社によっては最低でも4時間以上の労働を保証しているので、そのようなキャバクラ派遣の会社を見つけるといいでしょう。

最低労働時間が守られているといっても4時間ですぐ早上がりのパターンも考えられます。
このように派遣キャバ嬢は、真っ先に早上がりの対象になるので思っていたより稼げない時があります。
遅くまで残ることが少ないので、在籍キャバ嬢に比べたら派遣キャバ嬢は稼げません。
沢山のお金を稼ぎたいなら在籍キャバ嬢、そこそこ稼ぐだけで自由に働きたいたいなら派遣のキャバクラがいいかと思います。

派遣キャバ嬢の扱われ方

派遣キャバ嬢の待遇は正直に言うとあまり良くありません。
キャバ嬢といっても所詮派遣です。
在籍キャバ嬢に比べるとどうしても待遇は悪くなってしまいます。

先ほどの早上がりの件ですが、お店とっては長年い続けてくれる在籍キャバ嬢の方が大切です。
いくら仕事が出来る派遣のキャバ嬢でも、すぐ居なくなることが分かっているのでそこまで思い入れはありません。
だから在籍キャバ嬢に仕事を割り振るのです。

在籍キャバ嬢と派遣キャバ嬢の違いは、お店がキャバ嬢に付けるお客さんの違いからも見えてきます。
指名客はもちろん、羽振りが良かったり扱いやすいお客さんはだいたい在籍キャバ嬢が付きます。
それ以外のお店にとって扱いにくいお客さん、例えばケチ、すぐ触る人、酒癖が悪い人などは派遣のキャバ嬢に割り当てられることが多いです。

在籍キャバ嬢の待遇

お店の専属として働くので待機はきちんとしています。
売り上げなどのノルマがあるので大変ですが、仕事を頑張れば頑張るほど評価されてバックが増えたりします。
お店までの送迎があったり、家賃を半分払ってくれたりなど様々なメリットがあるのです。
お店にとって在籍キャバ嬢はお金を稼いでくれる大切な存在。
そのためお店からの待遇が良く、指名が多くある稼ぎが多い在籍キャバ嬢ほど待遇が良くなっていくのです。

在籍キャバ嬢は上まで登り詰めようという向上心ややる気がある女性が多いです。
仕事に対して一生懸命な人が多いので待遇も良いのでしょう。

派遣キャバ嬢の待遇

1つのお店に長くいるわけではなく、1日で派遣先のお店を去ることがあったり、数週間と長期間在籍する場合もあります。
長くいるといっても派遣扱いであることには変わりはないため、在籍キャバ嬢に比べると待遇は良くないです。
多く売り上げとしても派遣なのでバックが無いお店が多いので、どんなに頑張っても時給分の給料しか貰えません。
例え仕事が出来る派遣キャバ嬢でも時給は上がりません。

派遣先のお店ごとに時給が違うので稼ぎたい人は高時給な仕事を選ぶといいでしょう。
高いものでは、7千円から1万円といった高時給な求人があります。
このような高時給の求人を出しているお店は、美人な派遣キャバ嬢を求めていることが多いので、自分の容姿に自信がある人は派遣のキャバクラでもそれなりに稼げます。

派遣のキャバ嬢は、営業がないなどの自由さを求めて選んでいる人が多いです。
在籍キャバ嬢に比べるとそこそこしか稼げないのでお金に執着がある人もあまりいないです。
そのため、仕事にそんなに一生懸命ではありません。
適当までとは言いませんが、在籍キャバ嬢に比べると仕事に対しての姿勢が違い、向上心はあまり無いでしょう。

まとめ

派遣のキャバ嬢の給料事情、待遇について紹介しましたがどうでしたか?
自分の見た目に自信がある人、楽に簡単にさっさと稼ぎたいなら派遣キャバ嬢がおすすめです。
ただ、頑張りは認められないので給料は上がりませんし、待遇も良くありません。

それとは逆に、在籍キャバ嬢とだと頑張り次第で給料と待遇は良くなっていきます。
その分お客さんへの営業やお店との兼ね合いがありますが。
キャバ嬢としてのスキルがある人も派遣より在籍キャバ嬢の方が稼げるでしょう。

どちらもメリット・デメリットはあります。
試しに派遣キャバ嬢として働いてみるのもありかと思います。
派遣から在籍に移る人もいるので大丈夫です。
自分に合いそうな方を選んでから初めてみて下さい。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

キャバクラ
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました