セクキャバってどんな格好で仕事をするの?下着ってつける?

セクキャバ
Clker-Free-Vector-Images / Pixabay

キャバクラやスナックでの服装は誰でも想像はできますが、セクキャバの格好はどんなものがあるのか分からな女性が多いと思います。
セクキャバでの格好はお店のコンセプトによって着用する衣装が変わります。
女子高生のコスプレがメインだったり、かなりセクシーな衣装を着て仕事をするお店もあります。
今回はセクキャバでどんな格好をするのか?また下着はどうなっているのか?働く前に気になる下着や格好について紹介していきます。

キャバスーツを着るお店もある

ドレス 女性キャバクラと同じくキャバスーツと呼ばれるドレスを着用するセクキャバがあります。
ドレスはお店が用意してくれる事もありますが、自前で用意する所が多いです。
ちなみにお店が用意してくれる場合は「レンタル扱い」になるので給料からレンタル料が引かれます。
自前のドレスを数着用意して、時々お店からレンタルしているセクキャバ嬢もいます。
キャバスーツ着用時の下着に関しては基本的に自由になっています。
セクキャバでは上半身裸になる事が多いので常時ノーブラで仕事をしている嬢が多いようです。
中には胸が大きすぎてブラジャーをつけている嬢もいます。
パンツは、ランジェリー・水着・Tバックです。
セクキャバではお客さんからお尻を触られたり見られたりするのでTバックを着用している嬢が人気になっています。

また、キャバスーツ(ドレス)以外にもセクシースーツを着用するお店もあり、ミニスカや腰元までスリットの入ったチャイナドレスが制服のお店もあります。
基本はキャバスーツでイベント時にセクシースーツを着用したり、自分の気分や好みで選べる事もあります。

コスプレがメインのセクキャバ

お店のコンセプトによってコスプレの種類も変わります。
一般的なのが、女子高生・体操服・ナース・OLスーツです。
中には、アニメや漫画キャラのコスプレが衣装のセクキャバもあります。
コスプレがメインのセクキャバだと来店する客層も限定的になるので、働きやすいと言われています。
常連やコスプレフェチが多く、接客の対応がしやすい

衣装はレンタル扱いでレンタル費用を取る場合と、クリーニング代だけ取られるお店があります。
ブラジャーは基本的に着用しない事が多いです。
着用する事もできますが、結局上半身裸になるので、着けなくなる嬢が多いです。
パンツもランジェリーやTバックが人気になっており、好みの下着を選ぶ事ができます。

ランジェリー系のセクキャバ

ランジェリーお店の衣装がランジェリー系のお店があります。
衣装をレンタルとして貸してくれるお店もありますが、自前で用意する事が多いです。
ランジェリーは生地が薄いので接客中に破れたりする事も多く、丈夫なものを選ぶといいでしょう。
下着については、ランジェリーはスケスケな物が多く、常に胸が見えるのでブラジャーを着用している嬢が多いです。
またお店によっては、ノーブラが基本の所もあります。
パンツも衣装に合わせた、ランジェリーパンツを着用したほうが見栄えもよく見えます。
ランジェリー系では、露出度の高いセクシーランジェリーを着用し、他のセクキャバに比べて過激な雰囲気になっています。
初めてセクキャバで働く女性は避けたほうがいいかもしれません。
客層も様々な男性が来店するので、場馴れしていない嬢だとお客さんの対応に困ったり、トラブルに発展したりする事もあるので注意してください。

特に決まった衣装がない

セクキャバの中には特定の衣装が決まっていないお店があります。
その場合は自分で仕事をする格好を選ぶ必要もあり、服装によってはお客さんから不人気な事もあります。
特定の衣装がないセクキャバは入場料が比較的安く設定されている事があり、経費を削減するためにレンタル衣装を用意しない理由もあったりします。
初めてセクキャバで働く女性には決まった衣装がないのは少し厄介かもしれません。
決まった衣装がないセクキャバではファッションに関心がありセンスに自信のある女性は働きやすいです。
また上半身裸になるので脱ぎやすさで選ぶ嬢もいます。
セクキャバでは下の服装は必ずスカートを着用する事になっています。
ジーンズなどでは仕事ができませんので禁止となっています。

男性に人気のある格好は、やはりセクシーな服装です。
露出度の高い物が好まれるのでその点を意識して選ぶセクキャバ嬢が多いです。
下着についても基本的に自由に選ぶ事ができます。
決まった衣装がないセクキャバでの格好を選ぶ時は、

  1. 脱ぎやすさ
  2. セクシー/露出度が高い服装

この2点で選ぶと働きやすく、お客さんからの人気も得る事ができます。
毎回自分で衣装を決める事になるので、他のセクキャバを比べめんどくさいと感じる嬢も多く、働く時にはその点も考慮する必要があります。

下着の選び方

セクキャバでは衣装も大事ですが着用する下着も結構重要です。
素敵な下着を着用する事で、女性としての魅力も高まりお客さんにも喜ばれます。
セクキャバで働く女性に最も人気のある下着はランジェリーです。
ちなみにランジェリーというのは下着に装飾が施されているものです。
見た目にも華やかで、セクシーさもありランジェリーを選ぶ嬢が多くなっています。
お客さんが触るものなので高価な下着は避けたほうがいいです。
安価な下着ブランド「ピーチジョン」「アモスタイル」などが人気になっています。

お客さんから最も人気があるパンツはTバックです。
お尻の露出が高く、触る面積も広くなるのでかなり人気です。
またTバックを着用する嬢はパイパンにする事が多いです。
Tバックは初めて着用する時には勇気がいるので慣れない内は無理して履かないでも大丈夫です。

働くセクキャバを選ぶ注意点

チェックリスト衣装はお店によって色々ありますが、働くセクキャバを決める時に大事な事があります。
それは、お店規定の衣装が”自分に似合うか”です。

女性の身長や体型によって似合う衣装が変わるので、働く前にお店の衣装を確認しましょう。
HPでお店の衣装を確認した上で、自分に似合うか想像したほうがいいでしょう。
もし自分に似合わないと感じた衣装で仕事をすると、恥ずかしい思いをして働く事になってしまうので自分に合わないと感じたら避けたほうがいいでしょう。

セクキャバではノーパン禁止

一昔前のセクキャバは今より過激な所が多く、ノーパンで仕事をする事が可能でした。
当然、性器へのお触りもあります。
現在のセクキャバではノーパンが禁止になっているので性器へのお触りはありません。
ノーパンで性器へのお触りがあるお店は、セクキャバと内容は似ていますが違うジャンルのお店になっています。
ですが、仕事内容がセクキャバと似ているので間違えて働いてしまうケースもあるので注意が必要です。
そういった店を見分けるには事前に確認する事と、面接でしっかりと聞いておきましょう。

まとめ

セクキャバによって衣装は様々です。
働くお店を選ぶ時には、自分の好みの格好で働けるお店が良いでしょう。
あまり露出したくなければコスプレ系や、衣装に決まりのないお店を選びましょう。
衣装に関してはレンタルできるお店もありますが、そうでない場合は自分で用意する必要があります。
用意する衣装や下着はお客さんが直接触れるものなのであまり高価なものは選ばず、丈夫で安価なものを購入しましょう。
下着に関しては上半身裸になる事が多いのでノーブラが基本でパンツは必ず着用します。
見栄えの良いセクシーなものを選ぶとお客さんにも喜ばれ人気もでます。
お客さんに一番喜ばれる下着はTバックなので、仕事に慣れてきたら挑戦してみましょう。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

セクキャバ
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました