セクキャバのサービスってお客さんにどこまで触られるの?

セクキャバはお触りできるお店です。
そこで、セクキャバで働くことを希望する場合には、どこまで触られるのか気になるものです。
ただ、一口にセクキャバと言ってもサービスの内容はお店によって異なり、お触りできる範囲も違っています。
ここでは、セクキャバ店におけるお触りできる範囲やサービス内容の違いについて分析し、女性が働きやすいセクキャバを見つけるための方法について紹介したいと思います。

お触りできる範囲はセクキャバ店によって異なる

セクキャバでは男性客が女性キャストに触れます。
どのお店でも胸へのタッチとキスは可能ですが、それ以上できるかどうかはお店の経営方針や女性の許容範囲によって異なります。
ただ、過激なお店になると下半身まで大丈夫な場合もあり、同じセクキャバでも触られる範囲には大きな違いがあるため注意が必要となります。

一般的なセクキャバのサービス

チェックリストセクキャバのシステムはキャバクラとほぼ同様です。
キャバクラのような開放的なラウンジに男性客が通され、女性がマンツーマンで接客します。
最初、お酒を提供することからサービスが始まります。
会話をしながら楽しいひとときを過ごし、そして、女性が男性に近づいて自然に胸を触らせ、キスのサービスを提供します。
場合によっては、女性が男性の膝の上に乗ってキスしたり、ハグしたりする場合もあります。
また、お店によっては男性客が女性に触れる時間を区切る場合があります。
サービスタイムやハッスルタイムと呼ばれる特別な時間帯が設けられ、その時だけタッチできるようになっているのです。
ただ、どのようなお店でも女性から男性に性的な行為をする、いわゆる「抜きあり」のサービスを提供することはありません。

どこまで触れられるかはお店によって異なる

セクキャバを利用する男性客は女性の胸に触れられ、キスすることもできます。
この点はどのセクキャバでも共通です。
しかし、それ以上触れられる範囲についてはお店の方針によって異なります。
胸に触れる場合でも、ドレスの上からでないと触れられないお店もあれば、女性の肌に直接触れるお店もあります。
また、下半身へのお触りを厳重に禁止しているお店もあれば、パンツで覆われていないお尻やふとももについてのお触りを許可しているお店もあります。
また、お客さんが触れる範囲を女性に委ねているお店もあります。
そのようなお店には、多くの指名を獲得するために積極的に男性に身体のあちこちを触れさせる女性も在籍しています。

指入れまで可能なお店もある

セクキャバの中では、ハードなサービスを売りにするお店もあります。
このようなお店では、女性がトップレスな状態で接客したり、女性のアソコへの指入れを許可したりしている場合があります。
ハードなお店では抜きありのサービスが行われないだけで、一見すると風俗店に見間違えるレベルのお店まであります。
一口にセクキャバと言っても、ソフトサービスなお店とハードなサービスを提供するお店とでは、女性に求められるサービス内容が大きく異なります。
そこで、セクキャバの求人に応募する場合には、お店が提供しているサービス内容について、事前に情報収集する必要があるのです。

タッチされる範囲と働きやすさの関係

セクキャバで働くことを希望する場合、多くの女性がなるべく触られないお店を選択しようとします。
ただ、それは考えものです。
タッチ範囲が狭くなればなるほど、キャバクラ的なお店に近づき、女性に会話術や高度な接客能力が求められるようになるからです。
逆に、タッチ範囲が広くなれば風俗的なお店に近づきますが、会話の能力は必要とされなくなります。
どのタイプのお店が働きやすいかは、女性の適性や能力によって異なります。
そこで、体験入店などの制度を利用して実際にお店で働いてみると、自分に合ったお店を見つけられるようになるのです。

サービスの違いによるメリットとデメリット

Okセクキャバではお店によって男性客のお触りできる範囲が異なり、サービスがソフトなお店とハードなお店に分かれています。
ここで、それぞれのお店にはメリットとデメリットがあります。
ソフトなお店では、お触りがサービスの中心ではありません。
お酒と会話を楽しむキャバクラな接客が中心で、高度な接客能力が求められるのです。
ソフトなお店では、セクキャバ嬢であってもお客さんの話に合わせ、話を盛り上げたり、会話が停滞しないように話のキッカケを提供したりする会話術が必要になります。
一方、ハードなお店では会話はあまり必要なく、お触りがサービスの中心となります。
身体的な負担は大きくなるものの、サービス時間の多くがお触りに費やされ、男性客と会話する必要はなくなります。
セクキャバではお店の特徴に応じて、女性に求められる会話能力と身体的負担の割合が変化するのです。

女性の適性に応じたお店を選ぶ必要がある

セクキャバで働く場合には、女性の適性に応じたお店を選択する必要があります。
触られる範囲が狭いソフトサーブなお店は働きやすそうに感じるものですが、必ずしもそうとは限りません。
というのも、触られる範囲が狭いお店はキャバクラの延長にあるお店です。
当然、お酒も飲めなければならず、男性の話を聞いて、驚いたり、笑ったりしながら愛想の良い反応を示し、さらに、会話を誘導して盛り上げていかなければなりません。
コミュニケーション能力に乏しい女性にはキャバクラ的な接客は難しく、ソフトサービスなお店が向かない可能性があるのです。
一方、触られる範囲が広いハードなお店ではコミュニケーション能力は必要ありません。
お客さんは女性の身体に触れることに夢中で話をすることが少なく、会話を盛り上げる必要がないからです。

女性の適性や能力は千差万別です。
会話が楽な女性もいれば、身体を触れさせることが楽な女性もいます。
どちらが楽で、稼ぎやすいかについては女性の適性によって違ってきます。
触られる範囲だけでお店を選択することは、避けたほうが良いのです。

体験入店すれば、適性にあったお店を選択できる

一口にセクキャバと言ってもキャバクラよりのお店もあれば、風俗よりのお店もあります。
お店によって身体に触れられる範囲も異なっていて、実際にどの程度、男性に身体を許さなければならないかチェックするためには、お店で働いてみるしかありません。
そんな時、役に立つのが体験入店です。
セクキャバでもキャバクラや風俗と同様に体入が実施されています。
体入では実際に採用された場合と同様に男性客に接客し、どのような感じで身体を触れられるのかを確認できます。

お金また、体入では実際に給与も支払われます。
体入時の時給は高めに設定されている場合が多く、ちょっとした小遣い稼ぎや臨時収入づくりとして利用することもできます。
セクキャバでの接客がどのような感じなのか把握できるようになり、収入も得られるため、一挙両得なのです。
そうして複数のセクキャバ店で体入を経験すれば、お店を比較できるようになります。
ソフト系のお店とハード系のお店、双方を体験すればより、触られる範囲の違いが明確に分かるようになり、自分に適したお店を探せるようになるはずです。
また、サービスの違いによる客入りや指名数の違いも実感でき、どちらが稼ぎやすいかについても把握できるようにもなります。
働きやすいセクキャバを見つけるためには、体入を経験してみることがおすすめです。

まとめ

セクキャバはお触りできるお店ですが、お触りできる範囲はお店によって異なります。
キスと胸へのタッチしか許さないお店もあれば、下半身への指入れまで許可しているお店もあります。
一般に、触れられる範囲が狭いほうが働きやすいと考えがちですが、必ずしもそうとは限りません。
セクキャバでは、会話とお触りが反比例する関係にあり、触れられる範囲が狭くなればなるほど、会話術や高度な接客能力が要求されるからです。
体験入店の制度を利用すれば、どのくらい触られるかを確認できます。
働きやすいセクキャバを見つけるためには体入し、自分の適性を確認してみることがおすすめなのです。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

セクキャバ
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました