セクキャバの時給は下半身のお触りありだと時給は変わったりしますか?

セクキャバ
Alexas_Fotos / Pixabay

セクキャバは女性へのお触りOKな新しいタイプのお店です。
セクキャバではお店によってお触りできる範囲が異なり、下半身へのお触りが有りのお店と無しのお店に分かれています。
ここでは、下半身のお触りの有り無しによる時給の変化と、下半身OKなお店に所属するメリット、デメリットについて紹介したいと思います。

セクキャバで下半身OKなお店は少数派

セクキャバはお触りできることを売りにしているお店です。
多くのお店でキスや胸に触れられますが、下半身まで触れるお店は少数です。
ただ、過激なサービスを売りにするお店に所属したり、女性の希望で下半身をOKにしたりすると、負担が大きくなる分、結果として時給が高くなる場合があります。

多くのお店ではキスと胸へのお触りが原則

キスセクキャバでは従来のキャバクラをより風俗よりに近づけたお店です。
従来のキャバクラでは男性客は女性キャストに触れませんが、セクキャバでは女性にお触りできる点を売りとしています。
多くのお店で胸に触れたり、キスしたりすることが可能なのです。
ただ、セクキャバは風俗店ではないのでそれ以上のサービスは基本的に実施されません。
風俗店で実施されるような女性から男性への性的サービス、いわゆる抜きありのサービスは行わないのが原則で、女性の下半身へのお触りは無しのお店が多くなっているのです。

例外的に下半身への接触を許すお店もある

セクキャバの中には例外的に、男性客が女性の下半身に触れても大丈夫なお店があります。
ただ、どの程度触れられるかは、お店によって異なります。
下着で覆われていない部位、つまり、お尻や太腿について触れることがOKなお店もあれば、下着の上から軽く触れる程度なら大丈夫というお店もあります。
女性の性器周辺への接触は禁止しているところがほとんどです。
女性の性器へ直接男性が触れると、性的接触となって風俗営業に近くなってしまうからです。
ただ、セクキャバの中でも過激なサービスを展開するハードセクキャバでは、女性の下着の中への指入れや、男性が直に女性のアソコに触れられる場合もあります。

女性によって下半身OKなお店もある

セクキャバの中には、女性に触れる範囲を女性の判断に委ねているお店もあります。
そのようなお店では、指名を多く獲得するために下半身までOKにしている女性も在籍しています。
多くの指名客を獲得できた女性は、お店の業績に貢献したと認められて時給が上げられます。
下半身OKにして指名を獲得すれば、結果的に時給の上昇に繋がるのです。
ただ、自分から積極的に触らせる女性は、指名ボーナスを目的にしている場合が多くなっています。
時給の上昇も多くの指名客を獲得できた結果によるので、下半身を触らせれば必ず時給が上がるというものではありません。

ハードセクキャバの時給は高い

お金セクキャバの中には、ハードなサービスを売りにしたハードセクキャバがあります。
ハードセクキャバではサービスが過激な分、男性が支払うサービス料金が高め設定されており、女性も高めな時給が受け取れます。

サービスが過激なハードセクキャバ

セクキャバの中には、より風俗的なサービスを実施するハードセクキャバと呼ばれるお店があります。
このようなお店では、女性がセクシーなランジェリー姿やトップレス姿で接客し、さらに下半身へのお触りも有りな場合が多くなっています。
このようなお店では、男性が女性の下着の中に手を入れるだけではなく、女性のアソコへの指入れが許される場合があります。
サービスが過激な分ハードセクキャバの料金は高額に設定される事が多くなっています。

女性の負担が大きな分、時給は高くなる傾向にある

サービス料金が高めなハードセクキャバでは、その高い料金に応じて女性の時給も高めに設定されています。
標準的なセクキャバの時給は、2500円〜4000円程度が相場です。
これに、歩合制で指名獲得数に応じて指名ボーナスが追加されたり、出勤日数のボーナスが追加されたりします。
一方、ハードセクキャバでは時給が5000円以上になる場合もあります。
これに、追加ボーナスが加算されるため、ハードセクキャバで働いている女性の中には、風俗嬢並みの高収入を得ている女性もいます。

過激なサービスには注意が必要

セクキャバで働く場合、過激なサービスを提供すれば高い時給を手にできる可能性が高まります。
しかし、性的接触を伴う過激なサービスを提供すると、警察に摘発されたり、性病にかかったりするリスクが生じます。
性的接触までこなすのであれば、安心して働ける風俗店への移籍を検討すべきなのです。

警察に摘発されたり、性病に感染したりする危険性がある

セクキャバは風俗店ではないので性的接触無しが大前提です。
しかし、アソコを男性に触れさせると、性的接触が発生してしまいます。
性的接触が許されるのは警察から風俗営業の許可を受けた風俗店のみです。
風俗店ではないセクキャバは風俗営業の許可を受けていません。
お尻や太腿を触らせるのは大丈夫ですが、アソコまで触れさせると警察に摘発される危険が生じるのです。
また、風俗店とは異なり男性が身体を洗わない状態でアソコに触れさせると、衛生面からも問題が生じます。
不潔な手で指入れされたりすると、性病にかかって身体を壊してしまう可能性が発生します。
セクキャバで働く際には、過激すぎるサービスを提供したり、ハードなサービスを女性に強いるお店に所属したりすることには注意しなければなりません。

性的なサービスをするのであれば、風俗へ移籍したほうが良い場合も

セクキャバの中には個室のVIPルームがあるお店があります。
このVIPルームでは、いわゆる抜き有りのサービスが行われていて、実質的には風俗店と同じです。
このようなVIPルーム付きのセクキャバは風俗営業の許可を受けていない悪質店と見て間違いありません。
このようなお店に所属するのであれば、風俗店への移籍を検討すべきです。
風俗店であれば、サービスの前に男性の身体を洗うために衛生的で、身体を壊す危険性も少なくなります。
また、風俗営業の許可を得ている風俗店であれば、いくら性的サービスを行っても警察に摘発されません。

お金さらに、過激なサービスが売りのハードセクキャバの時給がいくら高くても、それが1万円以上になることはありません。
一方、風俗では1時間あたりのバックが1万円を越えるのは珍しくなく、負担に応じた報酬が受け取れます。
セクキャバで働く魅力は、風俗未満のサービスでそれなりの収入が得られることにあるはずです。

風俗同等のサービスをしておきながら、風俗未満の収入しか得られない過激サービスの悪質店に所属することは、我慢が強いられるだけではなく、身体を危険に晒してしまいます。
また、指名を獲得するために過激なサービスをすることも同様に問題です。
いくらアソコを触らせても、時給の上昇幅や追加ボーナスの獲得額にも限りがあります。
そこまでするのであれば、ヘルスなど風俗店に所属したほうが稼げる可能性が高まるのです。
セクキャバで働くのであれば、過激でハードなサービスを提供しないように注意すべきなのです。

まとめ

セクキャバは、お触り出来ることが売りなお店ですが、どの程度までお触りできるかはお店によって異なります。
過激なサービスが売りなお店では、女性の下半身やアソコまで触れることがOKなお店があります。
また、セクキャバ嬢の中には、指名獲得を目指して自ら積極的に下半身を触れさせる女性もいます。
たしかに、下半身まで触らせると、負担に応じて時給が上げられる可能性があります。

しかし、セクキャバで働くのであれば、アソコを触らせるようなお店へ所属することは控えるべきです。
性的接触になって警察沙汰に巻き込まれたり、性病に感染したりするリスクを抱えることになるからです。
稼ぐためにアソコまで触らせるのであれば、割り切って、法的衛生的に安全な風俗店への移籍を検討すべきなのです。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

セクキャバ
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました