風俗嬢が風俗業界を卒業できない理由と共通点をまとめてみました

風俗全般
Maialisa / Pixabay

一生風俗嬢として働き続ける人はほとんどいません。
風俗をお仕事としている間に目的や目標を見つけて辞めたり、結婚を機に引退する女性もいます。
そのような人がいる中、風俗業界を中々卒業できない女性がいるのも事実です。
いつまでも卒業できない理由とは何なのでしょうか。

理由①目標がない

No, マーク目標がない風俗嬢はズルズルと仕事を続け、辞め時が分からなくなり続けてしまうパターンが多いです。
風俗業界に入る主な理由は、お金のためが大多数で、大半は何かしらの目標のために大金を稼いでいます。
学生であれば学費のためであったり、奨学金の返済、仕送りが少ないことから生活費を稼ぐため、留学の費用を稼ぐためなど様々です。
様々な理由がありますがほとんどはお金のためで、目標額に達したらスパッと辞める人ばかりでしょう。

社会人で多い理由は、学生と同じくお金のためになります。
OLだけの手取りだけでは足りないから仕方なく掛け持ちで風俗嬢として働き生活のために稼ぐのです。
あとは、借金や奨学金の返済のため。
社会人も社会人で何かしら目標があるので、風俗嬢だけでダラダラと働く女性は少ないそうです。

目標も何もなく風俗嬢として働いている女性は、とりあえず稼げるから何も今は考えていないというパターンになります。
風俗嬢とは短時間で大金を稼げる仕事で、頑張れば月収100万円以上も稼げるのです。
年収にして1,000万円以上となり、一般的なお昼の職業と比べると雲泥の差でしょう。
そのため、稼げるからいいやと、将来について何も考えない風俗嬢はいつまで経っても風俗業界を卒業出来ないのです。
客観的に自分の将来を見られるようにならないといけません。

理由②転職をしたくても昼職に就けない

昼職を探しているのに中々見つからない、働けそうな仕事がない、ということで風俗嬢を辞められないパターンになります。

やりたい仕事がない

昼職を探しているというものの、特にやりたいと思う仕事がないという風俗嬢がいます。
女性で昼職というと事務職を思い浮かべる人が多いと思いますが、最近は正社員で事務職を目指すとなると狭き門です。
大卒でも中々事務職には就職出来ないため風俗嬢であれば尚更でしょう。
仮に事務職になれたとしても零細企業となるので、手取り14,5万円とかなり安く、ボーナスや福利厚生、勤務時間についてもあまり期待は出来ません。

事務職以外で探そうとしても、あとはあるとしても誰でも就けるサービス業か接客業くらいでしょう。
どちらも休みが少ないかつ、給料もあまり良くないため大変です。
大金を稼いでいる風俗嬢からしたら耐えられない仕事になります。
このように、納得出来る仕事がないため中々やりたい昼職が見つからないのです。

学歴や経歴が求められることも昼職への転職の大きな壁となり、そこで挫折する風俗嬢もいます。
風俗業界は経歴や学歴がまったく関係ない世界となるのでどのような人でも働け、頑張れば頑張るほど給料が増える仕事です。
それに比べて昼職はどこのも大抵学歴や経歴を求められ、自分が良いと思った企業に入社出来るか分かりません。
給料と福利厚生に恵まれている企業に入るためには最低でも大卒を条件とされる可能性が高いのです。

恵まれている良い企業に入るのは大変ですが、最近は風俗のお店でも就職のために支援をしてくれるところが出てきました。
風俗嬢を辞めた後、資格を手に職に就けるように支援をしてくれるのです。
資格獲得のためのコースが福利厚生で用意されており、風俗の仕事の時間の合間に面倒を見てくれます。
昼職への就職で困っている風俗嬢は、資格獲得コースがあるお店を選んでみてはいかがでしょうか。

風俗嬢の仕事が楽で辞められない

風俗嬢という仕事が楽すぎて他の仕事は無理、と考えている女性も存在します。
確かに風俗嬢は昼職に比べるとルールが緩く楽です。
ほとんどのお店は自由出勤となり、好きな時に出勤をして好きな時に休めます。
出勤は夕方からとなるため出勤ラッシュがなく、人気嬢によっては車の送迎があることもあるのです。
自由が魅力的すぎるあまりに風俗嬢以外の仕事に良さを見つけられないのでしょう。

理由③金銭感覚がズレていて生活が派手

財布風俗嬢とは大金を稼げる仕事で、大半は月収30万円以上も稼いでいます。
一般的なOLの平均の手取りである16万円から18万円を大幅に上回っており、OLとは生活水準がまったく違うであろうことが分かります。

実際に風俗嬢の私生活は派手で、稼いでいるためお金のことを考えずに買い物をする人が多いです。
高級ブランド品で欲しい物があれば考えもせずにすぐに購入したり、高いレストランで食事をするのは当たり前となります。
高級マンションを購入、何度も海外旅行に行くこともあるでしょう。
このように、OLの手取りだけではとても暮らしていけそうにない生活を送っている風俗嬢が多く、金銭感覚を治さない限りは昼職に就けそうにありません。

金銭感覚を治すために、OLと同じ手取り額で生活する方法があります。
あるだけ自由にお金を使うことが問題となるため、あらかじめ使える額を決めておけば問題ないでしょう。
給料をもらったら決めた額以外は全て貯金をして下ろせないようにして下さい。

理由④お店の居心地がいい

長年お店に在籍していると離れたくなくなります。
それがズルズルと続くといつまで経っても風俗業界を卒業出来ない嬢となってしまうのです。

同僚と仲が良い

同じくらいの年数を勤めている風俗嬢と仲が良く、どちらも辞めるつもりがないことから風俗嬢を辞められなくなります。
今の関係が居心地良すぎるあまり「辞める」という考えが頭から抜けているのです。
仲が良い友達は一生物なので、風俗嬢を辞めたとしても関係は変わらず続いていくはずです。
何も心配はありません。

スタッフと仲が良い

スタッフとの距離が近く、仲が良いというのも風俗嬢を辞められない原因となります。
職場の環境が良いと中々辞められない人が多いのです。

風俗嬢を卒業するには

目標を立てる

財布風俗嬢を卒業するには、明確な目標を立てる必要があります。
目標があればそれに向かって努力が可能で、貯金をして備えることが出来るからです。
目的がないといつまでもダラダラと風俗嬢を続けることとなり、死ぬまで風俗業界で働く可能性が出てきます。

小さな目的でもいいのでとりあえず何かしら目標を立てましょう。
何月までにはこれくらいお金を貯める、何々のためにお金を貯めるなど、具体的なビジョンを思い浮かべて下さい。

何年か先の未来を思い浮かべてみるのも手です。
5年後はこのようなことをしてこんな暮らしをしている、10年後もまだ独身でこの仕事をしているなど、具体的に思い浮かべて下さい。

風俗嬢で居続けても良い

この先ずっと風俗嬢として働き続けるのも悪くありません。
明確な目標を持って誇りを持ち働き続けるというのは良いことです。
風俗嬢として頑張って一生懸命に働いているうちに何か他の目標が見つかることもあれば、良い男性と巡り合い結婚する未来もあるでしょう。
今はがむしゃらに風俗という仕事を続けるのも手なのです。

まとめ

風俗嬢を卒業出来ない理由の多くは、これといった明確な目標がないからです。
何かしら目標があればそれに向かい仕事を頑張り、達成後にスパッと風俗業界を辞める人がほとんどとなります。
ただ、今は風俗の仕事を続けて貯金をし、未来に備えても良いでしょう。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました