中々濡れない風俗嬢です。何かいい対処方法あったら教えて!!

風俗全般
Alexas_Fotos / Pixabay

風俗のお仕事を毎日していると濡れない問題に直面している方、居るのではないでしょうか?
風俗嬢の8割が「イクふり」をすると言われていますが、濡れるフリってできませんよね。
普通のエッチだったらムードたっぷりで自然と濡れるのに、お仕事となると一気に乾いちゃう…
濡れないからと言って、落ち込むことはまったくありません。
しっかりとした対処をして、濡れる女性のメカニズムを知っておけば大丈夫です。
今回はそんななかなか濡れない風俗嬢に、おすすめの「濡れるフリ」ができる対処方法をお伝えします。

目次
①なかなか濡れない風俗嬢の苦労
①-1リピートされている風俗嬢の感度は抜群!
②濡れない原因って何だろう?
③「仕込みローション」もうみんな使ってるよね?
まとめ

なかなか濡れない風俗嬢の苦労

水風俗嬢の中には、なかなか濡れなくて困っている…なんていうお悩みを持っている方、意外と多いと思います。
仕事として好きではない男性とエッチをするのは、なかなか気持ちが入らない、もともと濡れにくい体質だからなど、
さまざまな理由がありますよね。
実は風俗嬢が嫌う客の行動の上位にランクインするが、「濡れていないのにガンガン責めてくる人」。
わざわざ演技しているにも関わらず、それに気づかず指入れしたりガシガシかき回したり、デリカシーがないお客さんがいます。
濡れていないと摩擦で膣に目に見えない無数の傷ができ、そこから細菌やウィルスが入りやすくなります。
こんな状態で無理やりエッチをしようとしても、あまり良いプレイができないだけでなく体まで傷つけてしまう事にもなりえるのです。

しかしお客さん側からすれば、自分の愛撫に全然感じてくれてないんだなぁ…テクニックに問題があるのかなぁ…と思って、
ちょっとシラケた空気になってしまうこともあるのだとか。
「濡れにくい女性」と「濡れやすい女性」が居たら、やっぱり「濡れやすい女性」を選びたくなりますよね。
濡れないことが原因で、自分との相性が悪い女性という位置づけになってしまうと、次にわざわざ指名したいと思えないのが現実です。
はじめてお客さんが女性を選ぶ時の基準は、顔やスタイルなど見た目で選ぶ方が大半です。
ですが本指名(リピート)となると、その大半は女性のプレイ内容に関する満足度で選ばれるのです。

「濡れない」ことは、リピートを妨げる要因のひとつとして大きな課題になってくるのです。

リピートされている風俗嬢の感度は抜群!

すぐに濡れる女性は、やっぱりエッチでの感度が良いことが多いです。
感度が良い女性は、愛撫の段階で具体的なエッチの行程をイメージすることができるため、濡れるという体の反応も早いのが特徴です。
リピートされている風俗嬢はエッチに対する想像力が豊かで、お客さんをリードするようにどんどん気持ちのよい状態をイメージすることができています。
なかにはエッチだけではなく、日常的に自慰行為を行って感度を鍛えているという風俗嬢も居ます。
自分が気持よくなるポイントを自覚することでアソコを敏感にして、感じやすく濡れやすい体質に改善していく方法もあるようです。

濡れない原因って何だろう?

質問濡れない風俗嬢の方は、なぜ自分ばかりがこんな体質なんだろう?と悩んでしまいますよね。
濡れやすいかどうかというのは、エッチの相性だけではなくさまざまな要因が関係しています。
その中でも絶対に外せない条件は、女性が「リラックス」した状態であること。
男性とキスをしたり、抱き合ったり触れ合うことで、脳内に”オキシトシン”というホルモンが分泌されます。
このリラックスした状態から、性的興奮をすると「濡れはじめる」or「濡れやすくなる」のですね。
女性が濡れるメカニズムは、「リラックスが興奮を呼び→濡れる」ということです。

一概には言えませんが、エッチの時にあまり緊張しない経験豊富な女性は濡れやすい傾向にあります。
経験が少ない女性の場合は、前戯に時間をかけるなど緊張しないようにする工夫すれば、力が抜けてくるにつれ愛液が分泌されてきます。
愛液の分泌が盛んな状態というのは、リラックス+水分分泌が多くなり濡れやすい状態ということでもあります。
毎日2Lの水を飲むことはダイエット効果があると言われていますが、風俗のお仕事をしている女性は意識して摂取することをおすすめします。
また不規則な生活をしていたり、ストレスによってホルモンバランスが崩れていると、濡れにくい体質になってしまうのも事実です。
風俗嬢が体調や気分によって、濡れ具合が左右されると言われるのはこういった理由があったんですね。

「仕込みローション」もうみんな使ってるよね?

風俗業界の方は、みんな知ってる「仕込みローション」。
いろいろと濡れるメカニズムをお話しましたが、これさえあればどうしても濡れなくて困っている風俗嬢も安心です。
最近では膣専用のゼリータイプがあるので、衛生的にもおすすめなんです。
仕込みローションを使うことによって、摩擦を軽減でき膣内の炎症を防ぐので病気になりにくくなります。
それだけでなく「この子はこんなに濡れているんだ!」とお客さんが興奮してイキやすくなる、なんていう効果も期待できます。
演出の為にもっと濡らしたい!と思っている方にもぴったりですよ。

水「ウエットトラスト」・「アイカツチュウ」・「プレペア」などがおすすめ商品。
ネットはもちろん、すぐに必要な方はドンキ・ホーテやドラッグストアにも売っているのでチェックしてみてください。
1本あたり100円前後とリーズナブルに購入できるので、簡単にもとが取れるのも嬉しいところです。
仕込み方はとっても簡単!タンポンを入れる時の要領でピストンするだけで完了です。
(取り出した袋は、使用後にまた戻すと便利なので取っておくのが無難です。)
たまに「仕込みローション使ってるでしょ?」と言ってくるお客さんが居ますが、ここはちゃっかりとぼけたフリをすればOK。
これを聞かれる風俗嬢は、ちょっと仕込むタイミングが遅いのかもしれません。
接客の直前で入れると仕込みローションがまだ冷たいので、バレる可能性が高くなります。

最適なタイミングは接客をする10分前!
これならちょうど体温でローションが温まり、手で触ってもクンニされても本当に濡れているかのようなリアルさが出せるのです。
お店のプレイルームでお客さんを待機している場合、コールが鳴ってからサッとトイレで仕込むのがベスト。
デリヘルの場合は、ホテルのトイレやお客さんの家のトイレで仕込めば大丈夫です。
間違っても、お客さんの前で堂々と仕込むなんていうことはやめましょうね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
1日に何人も接客していると、2人目や3人目ぐらいから濡れにくいのが現実です。
なかなか濡れなくて悩んでいた風俗嬢も、しっかりとこの対処方法を知っていれば乗り越えられそうですね。

何度も繰り返しますが濡れないということは、風俗をしていくうえで重大な障害です。
先ほども述べた通り、リピートが増えればこちらがお客さんを選ぶ事もできますし、嫌なお客さんに無理に付かなくても他のお客さんで稼げるということになります。
しっかりと稼いで自分の体を守るためにも、良い道具「仕込みローション」を利用していきましょう。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました