ソープ嬢の仕事内容を紹介!流れからテクニックまで徹底解説!

ソープランド

風俗にはさまざまな業種がありますが、中でも一番稼ぎやすいといわれているのがソープです。求人広告を見ても、ソープは比較的高額な報酬が約束されていることが多く、実際に働いてみたいと思った女の子は多いのではないでしょうか?そこで、ここからはソープで仕事をして高収入を得たいと考えているに女の子にピッタリの情報を集めました。ソープ嬢の仕事内容や仕事の流れ、さらに効率よく稼ぐためのテクニックなどについて紹介します。

ソープってどんな風俗店?

風俗業界で働いている女の子なら、ソープがどのようなところか知っているはずでしょう。しかし、風俗未経験で、これから風俗業界で働いてみたいと考えている方にとって、ソープは未知の世界ですよね。まずは、ソープの基本的なことを知っておきましょう。

本番がある数少ない風俗店

風俗の業種には、デリヘルやホテヘル、イメクラ、SMクラブ、エステなどがありますが、どこも本番行為はできません。風俗で働いている女の子によって、お店に内緒でそのような違反行為をしている女の子もいますが、風俗店の営業内で本番行為を行っているお店はありません。

ソープは、日本国内で営業する風俗店の中で、唯一本番行為が可能なところです。ただし、実際にソープランドでは本番があることをアピールはしてはいません。お客さんがお店の人に「本番できる?」と聞いても、必ず「できません」と答えられてしまいます。

しかし、実際には本番行為が行われていて、それが周知の事実であるにも拘わらず、どうしてこのようなことが起きているのでしょうか。これには、日本の法律が関わっています。日本の法律では、売春が禁止されているので、お店としては公に本番行為があることはアピールできません。

「お風呂屋さん」という建前

ソープランドはかつてはトルコ風呂と呼ばれていましが、その後、トルコ国の関係者などから「国名が風俗店の名前になっているのはどういうことだ!」批といった判を受け、ソープランドという呼び名に変わったのだそう。

そうしたソープランドでは、法律上において個室特殊浴場となっています。実際に、ソープには浴槽付きのプレイルームが用意されています。そのため、多くの人は本番のある風俗店であることを理解していますが、あくまで法律上は浴場であり、本番行為ができるとは謳っていません。

「お客さんと恋に落ちて肉体関係を持った」という体

ソープランドは法律上は浴場であり、本番ができる風俗店であると公に認められていません。しかしそうなると、ソープランド自体が違法なのではないかと思った女の子もいるでしょう。確かに、これからソープで働こうと考えている女の子ににとって、違法であるか否かは重要であり、不安がありますよね。

心配しなくても、ソープは合法な風俗店であるため大丈夫です。確かに売春を禁じている法律がある以上、お店として堂々と「本番ができます!」とアピールはできませんが、ソープランド事態は決して違法ではないのです。

ソープランドでは、お客さんは女の子とお風呂に入るために店を訪れ、そこで女の子に恋愛感情が芽生え、そこから肉体関係に発展した、という建前になっています。笑ってしまいそうな話ですが、実際のそうした建前のもと、ソープランドは運営されています。そのため、お店で売春を行っているのではなく、あくまでお客さんと女の子の個人的な感情の延長である、とされているのです。

ちなみに飛田新地の料亭も同じ仕組み

大阪で女の子とエッチなことができると人気のスポットがある飛田新地は、かつて遊郭があった場所としても有名です。現存する唯一の遊郭があり、全国から大阪までわざわざ足を運ぶお客さんがいるほど、熱いナイトスポットのひとつです。

飛田新地は地元の人だけでなく、全国的に有名な風俗街ですが、建前はそうではありません。飛田新地は建前上、風俗店は1つも存在しないことになっているのです。この地で営業しているのはあくまで料亭や小料理店であり、女の子による性的なサービスなど行われていないことになっているのです。

しかし、実際には店の前で客引きの女の子が道行く男性に声をかけています。さらに、店頭の見える場所には、艶めかしい恰好をした女の子が座っていて、とても料亭であるといった雰囲気ではありません。しかし、こうしたお店も、建前上はあくまで料亭であり、肉体関係を持ったとしても、それはお店の中で女の子とお客さんが自由恋愛をした結果であるということになるのです。

そのため、飛田新地の料亭ではプレイに入る前に女の子がお客さんにお菓子とお茶を運びます。それは基本的にどこのお店でも行われており、料亭であるという建前を守るためのサービスなのです。

お店のランクがはっきり分かれている

風俗店には、激安店や大衆店、中級店、高級店などのグレードがあります。デリヘルにもこうしたランク分けはありますが、ソープランドでは特にこうしたランク分けがハッキリとされているのが特徴です。では、それぞれのランクごとにお店の特徴を見ていきましょう。

高級店

在籍している女の子もハイスペックで、店舗の内装や設備も豪華であることがほとんどです。高級店は、ソープランドの中で最も稼ぎやすい場所なので、ガッツリ稼ぐことが目的の女の子なら、ぜひチャレンジして欲しいお店です。

高級店は、お客さんのプレイ料金の金額が高めに設定されています。60分で50,000円以上の料金が設定されていることもあり、女の子が稼ぎやすい環境が整っています。ソープ嬢のお給料は完全歩合制で、売上からバックマージンを得るシステムです。そのため、客単価が高ければ高いほど、女の子はガッツリ稼げます。

なお、高級店の客層は大企業の社長やメディア関係者、芸能人、スポーツ選手などが多い傾向にあります。お客さんは紳士的かつ裕福な方が多いので、これも稼ぎやすいといわれる理由です。料金とは別に、チップやプレゼントをくれるようなお客さんも少なくないようです。

高級店は稼ぎやすさは抜群ですが、女の子の採用基準が高く、誰でもすぐに働けるわけではありません。女の子は、ルックスやスタイルだけでなく、教養を求められることもあります。高級店は、一流のお客さんを迎えるお店であるため、働く女の子にも高いスペックが求められるのです。

中級店

後述する大衆店と高級店の中間に位置するのが中級店です。高級店ほどではありませんが、女の子は中級店でもガッツリ稼ぐことが可能です。高級店で採用されなかった女の子も、中級店であれば働ける可能性があるので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

客層は、企業経営者や役員、弁護士、医師などハイスペックなお客さんが多いです。女の子は、高級店ほどハイクオリティな接客を求められないので、高級店よりもフランクに働けるかもしれません。高級店で働いていた女の子が、もう少し気軽に仕事をしたいと考えたときに、中級店に移籍するといったケースもあるようです。

大衆店・激安店

大衆店や激安店、格安店などは、どこのお店も似たような客単価と客層です。多くのお店の客単価は20,000円前後もしくはそれ以下で、主な客層は大学生やサラリーマンなどです。

客単価が高くないので、女の子は1回のプレイだけでは大きく稼げません。しかし、回転率の良いお店が多いため、お店によっては待機時間が少なく、次々と接客が可能です。そのため、数をこなすことで、女の子はガッツリ稼げるので、大衆店や激安店といっも、稼げないわけではありません。

また、大衆店や激安店は、中級店や高級店に比べて働きやすいのもメリットのひとつです。店には厳格な接客ルールはなく、フランクに接客できるので、女の子は気軽に働けます。伸び伸びとマイペースで稼ぎたいと考えている女の子には、大衆店や激安店が合っているかもしれません。

なお、大衆店や激安店は採用基準があまり厳しくないので、中級店や高級店で不採用になってしまった女の子もチャンスがあります。もちろん、誰もが必ず採用されるわけではありませんが、希望はあります。どうしてもソープで働きたい、稼ぎたいという女の子は、大衆店や激安店の面接に応募してみましょう。

風俗店の中でもっともプロ意識が求められる

風俗のあらゆる業種の中で、ソープは比較的高額なサービス料金設定になっています。そうした理由もあり、ソープ嬢には高いプロ意識が求められます。また、ソープランドは歴史の長い風俗の業種であるという点も、高いプロ意識が求められる理由かもしれません。

採用条件が厳しい

キャバクラでは不採用だったのに、デリヘルでは採用された、という話はよく耳にします。デリヘルに限らず、箱ヘルやホテヘルなど、ルックスをあまり重視せずに採用するお店は少なくありません。その点に関しては、ソープランドはそれらと大きく異なり、ほとんどのお店で厳しい採用基準を設けています。

ソープは数ある風俗の中でも高額なサービス料金を設定しているので、女の子はそれなりのルックスが求められるのです。激安店や格安店では少し話が変わってきますが、中級店以上のソープであれば間違いなく採用時にルックスを重視します。

また、ソープは勤怠に関するルールが厳しく、ほとんどのお店で罰則を設けています。遅刻や当日欠、無断欠などにはペナルティが課せられ、時には数万円の罰金が徴収されることもあるようです。

求められるサービスの質も高い

お客さんは高いお金を支払って利用しているため、ソープでは質の高いサービスを要求されます。女の子は、ただルックスが良いだけでなく、プレイにおいてもしっかりとお客さんを満足させられるだけのテクニックが必要なのです。

そのため、お店によっては徹底した指導や講習などが行われることも少なくありません。元風俗嬢の講師を招いて、講習を実施しているお店もあるそうです。そうするお店があるほど、ソープに勤める女の子には高品質なサービスが要求されます。

女の子はソープで働き始めてからも、常にお客さんをどうやって満足させればいいのかを考える必要があります。人気の売れっ子ソープ嬢の中には、休日でも元ソープ嬢が開催しているセミナーなどに参加していることもあるのだそう。

お店があるエリア(ソープ街)が決まっている

箱ヘルやイメクラなどは街中に点在していますが、ソープの店舗はなぜか一カ所に集中していますよね?これは偶然ではなく、ソープは営業可能なエリアが決まっているからです。

また、法律上新たにソープを開業することはできません。そのため、お店の多くは店舗の修繕・改装を繰り返しながら営業を続けています。こうした理由もあり、ソープは昔から同じエリアに集中して長いるのです。

ソープがある地域は、北海道ならススキノ、東京なら吉原、岐阜なら金津園などが代表的です。女の子がソープで働くには、これらのエリアに生活の拠点を置くことになります。

20歳以上でないと働けない地域がある

一般的な風俗店は18歳以上になれば働くことができます。ただし、高校在学中の女の子は働けませんが、高校を卒業している18歳以上の女の子なら、箱ヘルやデリヘル、イメクラなどは採用されることがあります。

しかし、ソープに限って言えば女の子の募集対象は20歳以上としているお店が数多くあります。実際に求人広告を見ても、応募条件に「20歳以上」と記載されているお店がほとんどです。

札幌のススキノや、岐阜の金津園などは18歳でも働けるソープがありますが、東京の吉原は20歳以上の女の子でないと働けません。これは東京都の条例によって決められており、20歳未満の女の子を採用することができないためです。

めぐみ
めぐみ

私がソープ嬢になったのは20歳のときです。ソープでは、エリアによって20歳未満の女の子が採用してもらえないそうで、それを知ったときには驚きましたね。私が在籍していたのは中級店で、客層も報酬も良かったです。短期間でまとまったお金を稼ぎたい女の子にとって、ソープは比較的稼ぎやすい仕事と思いますよ。

ソープ嬢の仕事内容とは?

ソープで働きたいと考えているのなら、具体的な仕事内容を覚えておきましょう。多くの方は、ソープは本番があるお店といった認識しかなく、具体的な仕事内容はよく知らないのではないでしょうか?ここでは、まずソープの基本的な流れを把握しておきましょう。

基本的な仕事の流れ

ソープの仕事の大まかな流れを把握しておくと、実際に仕事を始めても戸惑わないかもしれません。ここでは、お客さんを迎え入れてからお見送りするまでの、一連の流れをご紹介します。お店によって多少異なるかもしれませんが、基本的にはここで紹介するような流れで仕事が進みます。

お客様をお出迎え

ソープは店舗型風俗店なので、お客さんがお店に足を運びます。事前に予約をしているお客さんも、そうでないお客さんも、まずは待合室に案内されてスタッフから声がかかるのを待ちます。女の子は、準備ができた時点でスタッフに伝え、お客さんを呼び込んで貰ます。

店舗の中にはいくつものプレイルームがあり、店によってはスタッフが待合室からプレイルームまでお客さんを誘導します。また、通路やエレベーターの前などで女の子が待機し、お客さんと一緒にプレイルームに向かうお店も少なくありません。

お客さんとの対面のとき、女の子は少しでも良い印象を与えるため笑顔を意識しましょう。時には自己紹介をして挨拶し、お客さんに名刺を渡すこともあります。

入浴プレイ

ソープのプレイルームの中には、バスタブ付きの浴室が設置されています。プレイ前にシャワーを浴びるのは風俗では常識ですが、ソープの場合はお客さんと一緒にバスタブで入浴します。

ただ一緒に入浴するだけでなく、この時間はお客さんと入浴プレイを行う場合がほとんどです。よく知られている入浴プレイのひとつが潜望鏡というプレイです。これは、向かい合って入浴しているお客さんの腰を浮かせれ、水面から出る男性器を女の子がフェラするプレイです。これはソープ独特の伝統的なプレイなので、お客さんから非常に人気があるようです。

マットプレイ

入浴が終わったらマットプレイに移行します。マットプレイも、ソープやマットヘルスでしか行われていないプレイなので、お客さんから大人気です。しかし、お客さんによってはマットプレイは不要といったケースもあるので、その場合にはムリに行わなくても大丈夫です。

マットプレイは、専用のマットを浴室に敷き、その上にたっぷりのローションをかけて行為を行います。お客さんにマットの上に寝てもらい、女の子はさまざまなテクニックを駆使して気持ちよくしてあげるプレイです。

激安店や大衆店の中には、マットそのものがない場合もあります。しかし、中級店以上であれば、かなりの高確率でマットプレイが行われています。

ベットプレイ

マットでのプレイが一通り終わったら、次はローションを洗い流してベッドへ移動します。マットプレイで使うローション落ちにくいので、シャワーでしっかりと落としましょう。

ベッドでは、フェラや全身リップなどのさまざまなプレイを行い、最終的には本番をしてお客さんには気持ちよくなってもらいます。お客さんがフィニッシュを迎えたら、ベッドプレイ終了です。

休憩

ベッドプレイを終えたあとは一旦休憩になる場合が多いでしょう。この時、お客さんから飲み物を求められることがあるので、女の子は適宜サービスしましょう。

休憩中は、お客さんとコミュニケーションをとるチャンスです。色々な会話をしてお互いの距離を縮めましょう。ここでしっかりとコミュニケーションをとり、お客さんと仲良くなれれば、今後も指名されるようになるかもしれません。そのため、女の子は休憩中も気が抜けないのです。

2回戦・3回戦(要望があれば)

お客さんが希望すれば、その後も2~3回戦行います。ただし、残り時間が少ないと中途半端に終わってしまうので注意しましょう。女の子は残り時間を確認し、大丈夫であればお客さんの要求に応じましょう。

シャワー

全てのプレイが終わったら、お客さんと2人でシャワーを浴びます。お客さんの体はプレイ前にボディソープで洗っていますが、プレイ終了後のシャワーでも再度、女の子が洗ってあげる場合もあります。

この時、お客さんの中にはボディソープの使用を希望しない人もいるので、しっかりと確認しましょう。シャワーが終わったら、2人で着替えます。

お見送り

部屋の中でお見送りする店もあるかもしれませんが、ほとんどの店は廊下やエレベーター、店の出入口付近でお客さんをお見送りします。お見送りの際は、お客さんに感謝の言葉を述べて、笑顔でお見送りしましょう。

また、お別れするときにキスをしたり、お客さんに「また来て欲しい」と伝えることも大切なポイント。女の子は、お客さんに「また来たいな」と思わせるようなお見送りを心がけましょう。

マットプレイのテクニック

中級店以上のソープなら、高い確率でマットプレイが行われています。マットでのプレイは、さまざまなテクニックを駆使するので、女の子は少しずつマスターしていきましょう。ほとんどの店では入店時に講習が行われます。そこでまず基本的なテクニックを覚え、それから徐々に高度な技を身に着けていくのが一般的です。

泡踊り

阿波踊りは、マットプレイの中で一番最初にマスターするべきテクニックです。プレイの中でも基本とされる技で、女の子のおっぱいを使ってお客さんの体を洗うプレイです。この時、たっぷりのローションやボディソープを使うのがポイントになります。

扇返し

マットの上で行う騎乗位バックの素股のことです。お互いの性器をこすり合わせることで、お客さんを気持ちよくしてあげます。プレイ中は手も使い、お客さんの乳首などを刺激してあげると喜ばれます。

表千流下り

マットの上で行う全身リッププレイです。全身リップはベッドでも行われるプレイですが、ソープの場合はマットでも行います。この時、女の子は全身のさまざまな部位を舐めてあげましょう。

裏千流下り

お客さんをうつぶせにした状態で行う全身リップです。この時、お客さんの足に自分の足をしっかりと絡ませて行うのがポイントです。上から下へ、下から上へと丁寧にご奉仕してあげましょう。

抱え込みアナル舐め

うつぶせにしたお客さんの太ももの下に手を入れ、少し腰を浮かした状態にします。女の子は、そのままお客さんのお尻に顔を近づけて、アナル舐めを行うというプレイです。アナル舐めはもともと人気の高いプレイですが、マットで行うとより快感が強くなり、このプレイを希望するお客さんが多いそうです。

あめんぼう

女の子がお客さんの足を持ち、おっぱいに押し当てるプレイです。この時、足の裏をしっかりとおっぱいに押し当ててください。大きなおっぱいの女の子ほどお客さんに喜ばれやすいプレイであるため、貧乳の女の子はあめんぼうをしないこともあります。

表松葉崩し

仰向けになったお客さんの足の間に、女の子の足を入れて絡ませるプレイです。太ももの密着感が気持ち良いだけでなく、性器同士もこすり合わせるので、お客さんに強い快感を与えます。

裏松葉崩し

先ほどの松葉崩しの背面バージョンです。お客さんにうつぶせになってもらい、その状態で女の子の足を絡みつかせます。太ももと性器を密着させた状態で動くので、イヤらしい音が出てしまうこともありますが、お客さんはそこに興奮するのだそう。

カエルキック

うつぶせになったお客さんの太ももの下に、女の子の足を潜り込ませるプレイです。お尻で男性器を刺激する時の女の子の動きがカエルに似ているため、このようなネーミングになっています。マットプレイの中でも高度なテクニックのひとつです。

カエル挟み

カエルキックは、お客さんの太ももの下に足を潜り込ませるプレイですが、カエル挟みはその逆バージョンです。女の子はお客さんの足の上に乗るような形になり、その状態で足コキをします。こちらも上級な技なので、女の子はまず基本をマスターしてから覚えましょう。

かに挟み

女の子がうつぶせになっているお客さんの横に寝転がり、おっぱいを横から押し付け、足を絡めた状態で前後に滑るプレイがかに挟みです。お客さんを仰向けにして行うこともあります。

風見鶏

マットの上で行うシックスナインのことです。お客さんが下になることが多いですが、逆の体勢になることも少なくありません。舌を使ってお互いの性器を刺激するため、女の子も気持ちよくなれるプレイです。

金の鯱(きんのしゃちほこ)

うつぶせになっているお客さんの腰の下に女の子の足を潜り込ませ、その状態でおっぱいをお客さんのお尻に押し付けます。そのまま女の子の手で男性器を刺激するプレイのことです。

鯉の滝登り

マットの上で行う騎乗位の素股プレイのことです。通常でも十分に気持ち良い素股プレイですが、ローションまみれのマットで行う素股は、より一層気持ち良いのだとか。上級のソープ嬢になると、このプレイだけでお客さんをイかせられるのだそう。

その他の特殊なプレイやテクニック

ソープには、ほかの風俗店にはない特殊なプレイやテクニックがたくさんあります。最近では、ソープ以外の風俗でも行われるプレイもありますが、そのプレイの元祖はいずれもソープであると言われています。

即即プレイ

デリヘルや箱ヘルには、即尺と呼ばれるプレイがあります。即尺とは、お客さんがシャワーを浴びる前にフェラをすることです。部屋に入ってすぐにお客さんのズボンを脱がせて即フェラを始めます。

即ベッドと呼ばれるプレイは、即尺同様にシャワーを浴びずにベッドプレイを行うことです。こちらは、基本的にソープでしか行われていません。

この即尺と即ベッドの2つのプレイを合わせて「即即プレイ」と呼んでいます。これはシャワーを浴びずに、すぐにフェラとベッドプレイを行うサービスで、お客さんの支配欲や征服欲を満たすことができることから、非常に人気があるプレイです。

即即プレイはソープの中でも、激安店や大衆店ではあまり行われておらず、中級店以上の店などで行われているプレイです。高級店や超高級店では即即プレイが行われることが多いので覚えておきましょう。

NS・NN

NSとはノースキンのことで、お客さんがコンドームを着けないプレイのことを指します。NNは生中出しのことで、どちらの用語も元は隠語として使用されていました。現在では、風俗店でのサービス内容を示す言葉として浸透しています。

NSもNNも、強い快感を得られるためお客さんから人気があります。こちらも、高級店を中心に提供されているサービスですが、大衆店や中級店でもオプションでNSが用意されている場合も。

これらのプレイは、お客さんに高い満足度を与えられる一方、女の子には性病や妊娠のリスクがあります。NSやNNを採用する店で働く女の子の多くは、日頃から低用量ピルを服用して妊娠を回避するよう努めていますが、性病の感染は防げません。

お掃除フェラ

ベッドプレイが終わったあとに、お客さんの男性器をフェラするプレイです。男性器をフェラでキレイにすることから、お掃除フェラと呼ばれるようになりました。

このプレイは、もともとAV作品においてAV女優が行っていたプレイでしたが、その後、風俗の世界にも広がったといわれています。行為を終えた後の男性器は決してキレイなものではありませんが、それを女の子が舐めてキレイにすることで、お客さんの支配欲や征服欲を満たせるのだとか。

椅子プレイ

ソープには、スケベ椅子やくぐり椅子といった椅子が用意されています。こうした椅子を使ったプレイのことを風俗では「椅子プレイ」と呼んでいます。

スケベ椅子とは、椅子の座面にI型のくぼみが設けられており、そこに手を入れられるようになっています。女の子は、お客さんが座った状態のときくぼみに手を入れて、下からアナルや男性器などを刺激します。

くぐり椅子とは、椅子の下に体が入るくらいの空間がある椅子のことです。女の子が下に潜り込んで、アナル舐めや玉舐めなどを行います。どちらも、ソープでしか味わうことのできないプレイなので、お客さんからは非常に人気があります。

めぐみ
めぐみ

私がソープで働き始めたばかりの頃、マットプレイに苦労しました。お店で講習は受けましたが、プレイ自体それまで経験したことがなかったので、なかなかうまくできませんでしたね。でも、お客さんからの指名を増やしたかったので、努力して色々な技を覚えて、今ではマットプレイや椅子プレイが得意になりましたよ。

ソープ嬢のお給料はどれくらい?

これからソープで働こうと考えている女の子なら、どれくらいのお給料を貰えるのか気になるところでしょう。実際、ソープで働くとどれくらいのお給料が貰えるのでしょうか?

お店のランク別のお給料目安

ソープには、大衆店・格安店、中級店、高級店などのランクがあります。得られるお給料の金額は、どのランクのお店に在籍するかによって大きく変わってくるので注意しましょう。それでは、それぞれのランク別に、お給料の目安をご紹介します。

高級店

お客さんの利用料金が、最も高く設定されているのが高級店です。基本的に、高級店ではロングコースを利用するお客さんが多い傾向にあり、それが稼ぎやすい理由のひとつになっています。報酬の目安ですが、120分あたり30,000~50,000円が相場で、中には1日300,000円ほど稼ぐ女の子もいるそうです。

ただ、1日に300,000円も稼ぐ女の子はほんの一部なので、あくまで目標としておきましょう。働き始めの女の子は、1日150,000円程度を稼ぐのが一般的です。

中級店

中級店の客単価は20,000~30,000円くらいが相場です。中でも稼ぐ女の子は、日給200,000円ほどになります。平均的では100,000円くらいなので、仕事を始めたばかりの女の子は、まずこの金額を目標にしましょう。中級店を利用するお客さんは比較的裕福であるため、チップなどが期待できます。そうすると、もう少し多めの金額を稼げるかもしれません。

大衆店・格安店

大衆店や格安店は客単価が低く、10,000~20,000円ほどが目安です。日給は平均して60,000円くらいですが、中には100,000円以上を稼ぐ女の子もいます。

大衆店や格安店ではあまり稼げない印象がありますが、実際はそうでもありません。というのも、近年は不景気であるため、手軽に安くヌきたい、と考えるお客さんが増えているからです。

料金の高い中級店や高級店ではなく、安く利用できる大衆店や格安店を選ぶお客さんは少なくありません。店によっては、次々と接客をこなさないといけないほど集客に成功しているところもあります。、このような店であれば、女の子もより効率よく稼げるでしょう。

ソープは風俗店の中でもっともお給料が高い

箱ヘルにホテヘル、デリヘル、イメクラ、エステなど、風俗にはさまざまな業種がありますが、中でも客単価が高いのはソープです。ソープは数ある業種の中でも、熱狂的なファンが多く、ソープ嬢に固定客がつきやすい点も稼ぎやすい理由のひとつでしょう。

ソープはただでさえ稼ぎやすい業種ですが、女の子の努力次第でさらに稼げる可能性があります。大きく稼ぎたい場合はお店選びも重要ですが、それ以上にマットプレイや椅子プレイなどのテクニックをマスターし、指名客を増やす努力が必要です。

売れっ子ソープ嬢となると、例外なく多くの指名客を抱えています。指名してくれるお客さんが多ければ多いほど、女の子は安定した収入を得られます。指名を増やすためには、まず一人ひとりのお客さんの満足度を高めなくてはなりません。そのために、女の子は日頃からテクニックを磨き、会話術や内面的な部分も磨く必要があるのです。

ソープは頑張った分だけリターンが大きくなるので、高いモチベーションを保ちつつ働ける業種でしょう。女の子は、仕事で大変な思いをすることもありますが、たくさんのお給料を手にしたら今までの苦労が報われたと感じることができますよ。

ただし経費もある程度かかる

高収入を得やすいソープのお仕事ですが、お給料からは経費が差し引かれるので、手取りはやや少なくなります。どの程度の金額が経費として差し引かれるかは、店によって大きく異なるので、事前に確認したほうが良いでしょう。

お店によって、経費は1日3,000~5,000円ほどと金額が決められていることもあります。ただ、こうした店は少なく、給料の総額から5~10%を経費として差し引いている店がほとんどです。

例えば、その日の給料が1,000,000円だったとすると、10%の経費が徴収された場合は、経費が100,000円ということになります。女の子にとって、これは少し痛手となるでしょう。

めぐみ
めぐみ

私が勤めていたお店は、雑費としてお給料から10%が差し引かれていました。「そもそも雑費って何なのだろう?」と思って店長に聞いたのですが、お店の電気や水道代、個室の使用料、タオルのクリーニング料金などだそうです。しっかり稼ぎたい女の子は、なるべく雑費や経費の割合が少ないお店を選んだほうがいいですよ。

ソープで働くメリット・デメリット

ソープで働くメリットもあれば、もちろんデメリットもあります。女の子はメリットばかりに目が向きがちですが、デメリットも覚えておかないと働き始めてから後悔するかもしれません。

メリット

他の風俗の業種に比べて、ソープは高収入を得やすいのが大きなメリットです。ソープは客層が良く、デリヘルのように移動時間のロスが無いのも大きなメリットと言えるでしょう。

とにかくお給料が高い

数ある風俗の業種の中でも、ソープほど稼げる業種はないと言われています。ソープは、どの風俗よりも高額なサービス料金を設定しているので、女の子が稼ぎやすい環境が整っているのです。

また、ソープでは女の子へのバック率を高く設定している店も少なくありません。他の風俗では、およそ50%のバック率を採用していることが多いのですが、ソープでは50~70%ほどのバック率が適用されていることもあります。

こうしたバック率によって、売上から女の子に支払われる報酬金額が大きく変わるので、バック率はなるべく高いほうが良いでしょう。ソープであれば、高いバック率で働けるので、女の子がトータルで得られるお給料の金額は高くなります。

客単価が高い

お店のランクにもよりますが、中級店や高級店であれば客単価はかなり高くなります。相場は30,000~50,000円、もしくはそれ以上となり、女の子は1回のプレイで大きな金額を稼げます。

ソープでは、1回のプレイ料金に加え、オプションなどによるさまざまなインセンティブがお給料に加算されます。オプションに可能な限り対応していれば、客単価がトータルで60,000円程度になることもあります。

客層が良い

客層はお店のランクによって大きく変わります。中級店以上の場合は紳士で落ち着いた、富裕層のお客さんが多くを占めているのが特徴です。企業経営者や役員、医師、弁護士などが利用することが多く、女の子にチップをあげるお客さんも少なくありません。

社会的ステータスが高く裕福なお客さんは、女の子に対して優しく接する人が多いです。暴言を吐いたり、暴力的なことをするようなお客さんはまずいません。また、女の子にがっつくこともなく、ゆっくりとお喋りを楽しみたいというお客さんが多いのも特徴でしょう。

これらの理由から、ソープは初めて風俗で働くという女の子でも安心して仕事ができます。大衆店や激安店の場合はまた客層が異なりますが、中級店以上であればさらに安心して働けるでしょう。

スタッフの対応が丁寧

ソープは高品質なサービスを売りとする店が多いので、男性スタッフへの指導もきちんと行われています。そのため、女の子にも丁寧に対応してくれる店が多く、しっかりとサポートしてくれます。

風俗店で働くスタッフの中には、女の子に上から目線で接する人がいるようですが、ソープではそうした話はほとんど聞きません。これはやはり、店によるスタッフのの指導がしっかりしているからでしょう。

移動時間のロスがない

近年、ソープのような店舗型風俗店は少なくなる一方、デリヘルのような派遣型風俗店は増加の一途を辿っています。現在では、デリヘルが風俗の主流となりつつありますが、派遣型風俗は女の子にとって、移動時間というタイムロスがあります。

移動時間に原則報酬は発生しません。そのため、移動にかかる時間が多くなると、仕事への拘束時間が長いにも関わらず、稼ぎにはつながりません。その点、ソープは店舗型風俗店なので、移動時間のタイムロスはありません。

デメリット

ソープでの仕事は、実際にはかなり体力を使います。また、本気で稼ぐためには、女の子には高いプロ意識と、向上心が必要です。また、ハイレベルなルックスやテクニックが求められ、プレッシャーが大きいのこともデメリットといえるでしょう。

かなり体力がいる

マットやベッドでのプレイは、女の子の全身をくまなく使うのでかなり体力を消耗します。慣れていない女の子は、1回のプレイでヘトヘトに疲れてしまうかもしれません。

そのため、売れっ子のソープ嬢となれば、日頃から体力づくりのために運動をしていることが多いようです。中には定期的にジムに通っている女の子もいるのだそう。ソープで働く女の子は、仕事のパフォーマンスを高めるためにも、日常生活に運動を取り入れてみると良いかもしれません。

プロ意識と向上心が必要

ソープ嬢は、お客さんから高いサービス料を貰う仕事なので、女の子に高いプロ意識が求められるのは当然のことでしょう。店からも、常にプロ意識を持つよう指導されることが多く、アルバイト感覚で気軽に働けないこともあります。

お客さんからの指名を増やすには向上心が必要で、女の子は日頃からテクニックの研究や練習をしなくてはなりません。こうした地道な努力を続けられる女の子が、いずれは売れっ子ソープ嬢になるのです。

NS・NNなどハードなプレイが要求される場合も

NSやNNは、女の子にとってリスクのあるプレイです。性病への感染や妊娠といったリスクがあるので、女の子はできればやりたくないのが本心でしょう。しかし、店で基本プレイに設定されているとすれば、女の子は精一杯プレイをするしかありません。

これらのサービスを用意しているのは、中級店以上のお店がほとんどです。中でも高級店では高確率で用意されているプレイですが、大衆店や激安店にはありません。どうしてもNSやNNが嫌だという女の子は、働くお店選びを慎重に行いましょう。

出費が大きくなりがち

向上心の高いソープ嬢なら、日頃から自分磨きを欠かしません。定期的にエステやジムに通い、時には風俗に関連するセミナーなどに参加することもあります。

スキンケアやボディケアにもお金を使っている女の子が多く、人によってはこれがかなりの出費となってしまうことも。売れっ子といわれているソープ嬢になるほど、自分への投資としてたくさんのお金を使っています。

ハイレベルなルックス・テクニックが要求される

大衆店や激安店では、そこまでルックスやテクニックが求められることはありません。ただ、店によってはそのあたりを重視している場合があるので、結局はお店次第になります。

そして、中級店以上になると、間違いなく高レベルのルックスやテクニックを求められます。利用するお客さんも風俗玄人が多く、質の高いサービスを求める傾向があるからです。

そもそも、ルックスが良くなければ中級店以上の店で不採用の可能性が高いです。テクニックはあとからついてきますが、ルックスだけはどうしようもありません。中級店以上のお店で働きたいと思っても、実際には働けない女の子も大勢います。

金銭感覚が狂う可能性がある

ソープは比較的稼ぎやすい業種です。実際、毎月かなりの金額を稼いでいる女の子もいます。売れっ子になるとよっては、毎月コンスタントに1,000,000円以上稼ぐケースもあるので、女の子の金銭感覚が狂ってしまうことは珍しくありません。

一度金銭感覚が狂ってしまうと、人付き合いもしにくくなってしまいます。また、ソープを辞めたあと、普通の金銭感覚に戻すために相当な苦労が必要となるでしょう。そのため女の子は、例えたくさん稼げるようになっても、金銭感覚が狂わないように工夫しなくてはなりません。

めぐみ
めぐみ

私も一時、金銭感覚が狂いそうになりました。その時は、値段を見ずに高級ブランドのバッグを買ったりしていましたね。でも、これではいけないと思い、毎月使える金額を決めることにしました。それ以外は、きっちりと貯金していましたよ。

ソープランドはこんな人におすすめの仕事

ソープランドでの仕事が向いている女の子もいれば、そうでない女の子もいます。これから紹介するタイプの女の子は、ソープでの仕事に向いているかもしれません。

※上記で解説した内容のまとめ的な内容

とにかくお金を稼ぎたい

ソープは稼ぎやすい業種であることに間違いないので、風俗でたくさん稼ぎたい場合はソープ一択です。ルックスにも自信がある女の子なら、中級店以上のお店を狙いましょう。また、ただダラダラと働き続けるよりも、「半年で3,000,000円を貯める!」といった目標を立てて仕事をしたほうが良いでしょう。また、短期間でガッツリ稼ぎたいなら、ソープのある地域に出稼ぎもありでしょう。

風俗の仕事に誇りをもって取り組める

後ろめたい気持ちや、恥ずかしさを持っていてはソープで質の高いサービスを提供することはできません。そのような気持ちで働いていると、お客さんにも気持ちが伝わってしまい、満足して貰えないでしょう。ソープは、お客さんを幸せにして、癒せる素晴らしい仕事だ、と誇りを持って働ける女の子に向いています。

体力に自信がある

体力に自信がない女の子には、ソープの仕事は難しいかもしれません。ソープは全身を駆使したサービスが多いので、体力がないと体が持ちません。ただ、仕事をしているうちに慣れてくる部分もあるので、まずはチャレンジしてみましょう。まずは週に1~2回から始めて、少しずつシフトを増やしていけば、そのうち体力がついてくるかもしれません。

めぐみ
めぐみ

私がソープ嬢になった理由は、やはりお金をたくさん稼ぎたいから。お金に対して貪欲な女の子であるほど、ソープでのお仕事に向いていると思います。ただ、金銭感覚が狂いやすいのも事実なので、そこだけは気をつけて働いてくださいね。

まとめ

風俗には実にたくさんの業種がありますが、その中で最も女の子が稼ぎやすい職種はソープランドのソープ嬢でしょう。ソープは、女の子が安心して働ける環境のお店が多いので、風俗未経験の女の子におすすめの業種です。ただ、店によって女の子の待遇や働きやすさは異なるので、まずはさまざまな求人を比較しながら、慎重に選びましょう。

ソープは比較的簡単に稼ぐことができますが、大金を手にすると女の子自身の金銭感覚がおかしくなってしまいます。ソープには多くのメリットとデメリットがあるので、そうしたことを踏まえて、女の子自身が働きやすい環境が整ったお店を探してください。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

ソープランド
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました