風俗で盗撮されない対策はない?気付いた時の対処法は?

風俗全般
Pexels / Pixabay

風俗で働こうと思っている女性が不安になることと言えば、盗撮があげられるのではないでしょうか。
お客にサービスしている最中の映像を知らぬ間に撮られネット上に流出されてしまうなんて、考えただけでも怖いことですよね。
盗撮が怖くて風俗の仕事を躊躇してしまう人もいるのではないでしょうか。
安心して仕事をする為にも盗撮をされない為の対策や、実際盗撮されていると気付いたときの対処法を一緒に見てみましょう。

盗撮は残念ながらゼロではないです

割合さて、肝心の盗撮被害ですが、実は思っているほど被害が多いわけではないのです。
風俗未経験の人からしてみれば風俗なんて盗撮だらけ、ネット上に頻繁に流出されていると考えるかもしれませんが、実際風俗で盗撮するのって結構面倒なんです。
まずほとんどの風俗店はきちんと盗撮を禁止事項として載せています。
盗撮の危険性が高いとされるデリヘルでも逆に風俗嬢や所属している事務所に住所を知られるわけですから、見つかった時のことを考えると盗撮するのはリスクが高いです。
店舗型は見つかれば店員が駆けつけてくるし、ホテヘルにしてもバレないように仕掛けるのって結構大変なものです。
第一、バレないと思っているのはお客だけで風俗嬢は割と簡単に気づきます。だって警戒していますから。
そしてバレたが最後、お店の規則により罰金を支払うこととなります。高額な罰金額を設定している風俗店がほとんどですので、かなりの痛手でしょう。
ネット上に拡散させようものなら警察沙汰にもなります。
魔がさして人生を棒に振る可能性も少なくありません。
そんなリスクを犯してまで盗撮するのかと聞かれると、残念ながらそれでも盗撮をしたい、バレないだろうと浅い考えを持った人が一部いるのが事実です。

ゼロでないなら対策を取った方が得策です

盗聴という方法も。レンズがないので探すのは難易度高め?

さて、盗撮される危険性がゼロでないなら対策を取っておくべきですよね。
でもその前に、映像は無理でも声だけなら…と言った盗聴目的のお客相手だと気付くのはちょっと難しそうです。
今はUSBメモリ型やペン型などボイスレコーダーと分からない形状のものがたくさん出ています。
バッグに無造作にさしてあるペンで盗聴されていても気付けないかもしれません。
それがレコーダーだと知っている人なら分かるかもしれませんが、レンズという分かりやすいものが付いている訳ではないので見極めるのはちょっと大変そうです。
その場合声は撮られてしまいますが、顔を映されたわけではないと最悪割り切る必要もありそうです。
身バレに直結するのは顔をハッキリ撮られてしまうことですので。
でも、だからと言って盗聴を許してはいけません。
気付けたなら即座に事務所に通報しましょう。

店舗型ならとにかくスマホに触らせない

では本題の盗撮ですが、カメラならレンズを向けなければ撮影できないので、対策は色々取ることが可能です。
今はスマホが盗撮手段の主流となっています。
中にはスマホの側面にカメラを移植している強者もいます。
テーブルに置いているだけだとしても撮られている可能性があります。
「ちょっと、仕事のメールが」と言いながらカメラを起動しているかもしれませんので、どういう理由であれ極力スマホは触らせないようにしましょう。
店舗型の場合はスマホは貴重品と一緒にこちらで用意した袋に入れてしまいましょう。
防犯の為、店の方針だと伝えれば承諾してくれるお客がほとんどです。
袋に入れることを拒む、手放さないお客は要注意となります。

デリヘルはWebカメラにご注意

Webカメラデリヘルは自宅に呼ばれた場合、スマホに加えてパソコンのWebカメラにも要注意です。
不自然にこちらを向いていないか、また動作ランプが付いていないか注意深くチェックしましょう。
Webカメラだけ動作している可能性もあるので、例えディスプレイが付いていなくても安心はできません。
また写真立てもチェック対象にしましょう。
超小型カメラを仕掛けている場合があります。
「このパソコン素敵ですね~」「わ~お洒落な写真!」等近づいたり手に取ったりしてみてください。
狼狽えてくるようなお客であれば盗撮をしている可能性が高いです。
明らかに怪しいと思った場合「これって盗撮してないですよね?私前されかけたことがあって、怖いんです」とズバッと切り出すのも手です。
逆切れしてくるようなら限りなく黒に近いので速やかに事務所に連絡しましょう。
盗撮の被害に1番遭いやすいのはデリヘルです。
自宅でのプレイはNGとすることが最も有効な対策ではありますが、お客の要望は叶えないといけません。
自宅が避けられないときは、特に警戒心を持って室内をくまなくチェックしましょう。

ホテヘルは持ち物を徹底的にチェックです

ホテヘルはまず、お客のコート等ハンガーにかけておく上着に要注意です。
ポケットにカメラを隠して室内を撮影しているので、ポケットを壁側にしてガードしましょう。
一見無造作に置いているように見える荷物にも小型カメラを忍ばせていたりしますので、「このバッグ素敵ですね~」とでも言いながらさりげなく向きを変えてしまいましょう。
自分のバッグを目の前に置くことも対策になります。
バッグが邪魔でほとんど何も映せなくなります。
隣にバッグを置かれることを嫌がる、バッグが動かされて怒るお客は盗撮している可能性が極めて高いです。
また、これはデリヘルにも言えますが、プレイに入る段階で照明を暗くすることも盗撮対策に有効な手段です。
部屋が暗ければ映像を撮ってても無意味なものになりますし、暗視カメラであっても顔がはっきりと映ることはまずありません。
気付いていないカメラがあるかもしれないと思う場合は「明るいのは苦手で」と言って部屋を暗くすることを提案してみてください。
明るくすることを強要してくるようなお客はきっと盗撮目的のお客でしょう。

盗撮に気が付いた!すみやかにお店に連絡しましょう

何を置いてもまずは事務所に連絡、これ鉄則です。
盗撮は言うまでもなく犯罪です。
泣き寝入りは絶対にいけません。
最近の風俗業界は女性のプライバシーを重視してくれますので、連絡すれば必ず対処してくれます。
あそこの店は何もしてくれないなんて評価が流れて女性スタッフがいなくなってしまうのは一番の痛手ですからね。
傷ついた女性スタッフを放っておけば店舗存続の危機に陥ってしまいかねないので、盗撮被害については迅速に対処してくれる店がほとんどです。
店舗型であればすみやかにスタッフに通報しましょう。
デリヘルやホテヘルの場合、どうにか隙をついて事務所に連絡を入れましょう。
下手に刺激してお客に逆上されると危険なので「ちょっと、トイレ良いですか?」や「店から緊急の連絡入っちゃって」とその場を離れて急いで連絡を入れてください。

盗撮されているかも?と警戒することが重要です。

注意 マークお店は盗撮を禁止事項にしているし、持ち物チェックすれば大丈夫でしょうと軽い気持ちでいると気付かぬうちに盗撮をされている可能性があります。
最近のカメラは超小型化が進んでいますし、何としてでも盗撮したいという根性を持ったお客ならありとあらゆる手段で盗撮をしようと目論むでしょう。
絶対大丈夫、なんてことはありません。
万が一にも自分の恥ずかしい姿がネット上にばら撒かれてしまえば、その後の人生苦しむことになるのは女性の方です。
繰り返しますが、盗撮は犯罪です。
気付けなかった自分が悪いと諦めてはいけません。
いないとは思いますが、仕事が仕事だからされても仕方ないと思っては絶対ダメです。
警戒しすぎてお客からクレームを付けられるかもしれませんが、そもそも怪しいお客、盗撮しようとしているお客にリピートなんてして欲しくありませんよね。
自衛が何より大事な仕事になりますから、常に十分な対策と警戒を持って取り組みましょう。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました