風俗嬢は家族にどんな仕事してるって言ってる?バレにくい職業は?

風俗全般
FirmBee / Pixabay

風俗嬢として働いていると困ることは、風俗で仕事をしていることが知人や家族にバレたらどうしようだと思います。
身体を売っている事実を世間に隠したいという女性が大半でしょう。
家族バレ、知人バレしないために、世の風俗嬢はどう誤魔化しているか紹介します。

どのような仕事と言って誤魔化している?

風俗嬢にとって1番困る質問は「どんな仕事をしているの?」で、風俗嬢だという事実を隠すために嘘をつく必要があります。
その時によく使われている職業、怪しまれない職業をまとめました。

事務職

パソコン風俗嬢の大半は「事務職」と答えることが多いです。
女性と言えば事務と考えている人も多いため、とりあえず事務職と答えれば怪しまれません。
また、もし仕事について詳しく聞かれても事務なら答えやすく、どの会社もコピーを取る、資料作成、パソコンに打ち込むなど、そこまで特殊な仕事内容ではないからです。
営業と答えてしまうと面倒で、外を歩き回る仕事となるので色々とつっこまれる確率が高いです。
「外回りなのに日焼けはしてないのか」、「足は大丈夫?」と、詳しく聞かれると面倒なことになるため注意して下さい。

派遣

最近は派遣と答える風俗嬢も多いようです。
今は非正規でフリーターや派遣として働いている人が多いので、派遣と答えても違和感がないからでしょう。
派遣先により仕事内容が異なるため仕事内容について詳しく聞かれる可能性は低いです。
もし、「どこに派遣されているのか」と詳しく聞かれたら、事務やコールセンターと答えましょう。
派遣で事務を雇う会社が増えてきたので正社員の事務と答え辛い時は、派遣で事務をしていると言えば大丈夫です。

キャバクラ

キャバクラに対して特に偏見がない家族や友達の場合は、キャバクラと答えても良いと思います。
実際に高額な給料を誤魔化すためにキャバクラと答える風俗嬢はいるようです。
高い高級ブランド品ばかり購入していることを疑われ、家族間のトラブルの原因となる場合もあるので、大金を稼げるキャバクラは誤魔化すにはうってつけの職業でしょう。

気をつけること

生理中の対応

風俗嬢として働いている時に困るのは、毎月1週間は休まなければならない生理の週になります。
特にソープやデリヘルといったハードサービスは人前で裸になることはおろか、下着姿にもなれません。
実家暮らしとなると、1週間の生理休暇をどう過ごせばいいか困るでしょう。
そこでおすすめしたいのは、日雇いアルバイトで生理休暇を乗り切る方法です。
オナクラやピンサロというソフトサービスの風俗店に勤めても誤魔化せます。
日雇いのアルバイトであれば自分で仕事を選べるので、体調に合わせて自分に合う仕事を選択可能です。
ソフトサービスのお店は裸にはなりません。
そのため、手コキやフェラのスキルさえあれば十分に働けます。

長期の出稼ぎに行く場合

カレンダー時には、より多くのお金を稼ぐために遠い場所へ出稼ぎに行く場合もあるかもしれません。
1ヶ月以上は家を空けることになるため、きちんと対策をしていないと周りから怪しまれてしまいます。
旅行と答えられればいいのですが、1ヶ月以上も休みをくれるような会社は日本には存在しないので確実に怪しまれるでしょう。
そこでおすすめしたい誤魔化す方法は、リゾートバイトです。
沖縄やその他のリゾート、観光地に泊まりで働く仕事で、観光客が多く訪れるシーズン中は大量に募集しています。
現地に長期滞在する仕事となるため1ヶ月以上家を空けても怪しまれないのです。

風俗嬢だとバレる原因

高額な買い物

高額な高級ブランドを買い漁った結果、風俗嬢だと疑われてバレることが多いです。
風俗嬢となると一気に大金が手に入るので値段を気にせずに買い物をして、段々と金銭感覚がおかしくなっていきます。
自分では普通だと思っていても周りからみたら金遣いが荒い人に見え、夜の仕事をしているのではないかと、疑われるのです。
ご褒美としてたまに高級ブランドを購入するくらいなら怪しまれませんが、毎週買っていると不審な目で見られるので気をつけて下さい。
金遣いが荒くならないようにするために、1ヶ月で自由に使える額をOLの手取りと同じにする、という方法があります。
OLの手取りはあまり多くはなく、16万円から18万円です。
多くても20万円と上限を定め、決めた額以外のお金は全て貯金に回しましょう。

服装が派手、露出が多くなる

日頃から風俗客に好かれるような服装をして仕事をするせいか、私生活のファッションまでもが仕事の時の格好と変わらない確率が高いです。
知らず知らずのうちに派手な服装を好み、胸元を見せるような露出が多い格好になるでしょう。
仕事はあくまでも仕事として私生活と離して考えて下さい。

男性への慣れた対応

男性への対応がやけに手慣れていると周囲から疑われます。
初対面にも関わらず馴れ馴れしく近付いたり、媚びているようか話し方や話し声は不審に思われるのです。
私生活ではあまり男性に近付かず、適度な距離を置いた方がいいかもしれません。

バレないようにするためには

風俗店が用意している「アリバイ対策」を利用

風俗店の90%は風俗嬢だということがバレないようにするため「アリバイ対策」をしてくれます。
家族に給与明細を見せるために偽物であるものの給与明細を作成してくれたり、名刺や社員証まで用意してくれるのです。
給与明細に記される給料は、一般的なOLの額を記入されることになります。
会社の名前も一般企業と大差ないものに変えてくれるので、風俗店だとバレることはありません。

きちんとした会社の物を用意してくれるだけではなく、電話やメールの対応も一般的な会社と同じように偽ってくれます。
例えば、家族がお店に電話をするとしましょう。
その時にアリバイ対策用の電話番号を伝えおけばそちらにかけ、お店の方で上手く受け答えをしてくれるのです。
メールについても同じで、アリバイ対策用のメールアドレスを教えてくれるでしょう。

アリバイ対策で気をつけることは、給与明細の取り扱いです。
アリバイ対策のために用意されたものであり、きちんと証明に使えるものではありません。
ローンを組む時に給与明細の提出を求められますが、アリバイ対策用の物は偽物なので出さないで下さい。
あくまでも家族や知人に見せるだけのものなのです。

1人暮らしをする

ワンルーム家族に風俗嬢であることをバレないようにする究極の方法は、実家を出て1人暮らしをする、でしょう。
1人暮らしであれば誰にも気を使う必要がないため風俗嬢を隠す必要がありません。
実家暮らしだと仕事道具を隠したり、送迎の場所を家から少し遠くしたりと、バレないように工夫する必要があります。
1人暮らしの場合、仕事道具も送迎もそこまで徹底して隠さなくていいのです。
気楽でしょう。

風俗嬢という仕事は短時間で大金を稼げるので、あっという間に1人暮らしの資金は貯まります。
敷金礼金など諸々合わせて30万円から60万円以上は必要となりますが、1ヶ月もあればそれくらいすぐに貯金可能でしょう。

まとめ

風俗嬢とバレないようにするためには、風俗店が用意してくれているアリバイ対策を利用すれば大丈夫です。
きちんとアリバイ対策をしてくれるので周囲にバレることはまったくありません。
アリバイ対策をしているのにバレる理由は簡単で、自分自身のうっかりや気の緩みから風俗嬢だとバレてしまうのです。
高額な買い物、携帯の履歴、仕事道具など、常を気をつけましょう。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました