出戻り風俗嬢にならない上がり方とは?目標金額を決めるとか?

風俗全般
Alexas_Fotos / Pixabay

風俗で働くことに区切りを付け、上がった(=卒業した)はずなのに、また出戻ってしまう風俗嬢がたくさんいます。
風俗業界は意外と懐の深い面があるので、比較的簡単に戻れてしまいます。
そのためずるずると続ける人もいますが、どうしても若いころのようには稼げなくなっていきます。
風俗業界から抜け出せない出戻りループに陥ってしまい、歳を取って稼ぎにくくなってから借金を背負ってしまう人もいます。
稼ぐために風俗にいるのに、これでは本末転倒です。
この記事では風俗業界にきちんと区切りをつけ、次のキャリアを築くための風俗業界からの出戻りしない上がり方を考えていきます。

風俗嬢の出戻りの理由は?

何らかの理由で風俗業界(=ナイトワーク)から別の業界、昼職へ移ることを俗に「上がり」と言います。
しかし、望んで別のキャリアをスタートさせたはずが、なぜか風俗業界に戻ってきてしまうことがあります。
いわゆる出戻り風俗嬢です。
なぜ風俗嬢は出戻ってしまうのか?それは次のような理由が考えられます。

  • 風俗関係は給料がいい
  • 人間関係が気楽である
  • 金銭感覚が麻痺している
  • 特別な資格を必要としない
  • 元のお店に戻りやすい

上から見ていきましょう。
まずは、率直に言って風俗嬢は稼げます。
一般的な職種と比べると圧倒的に収入がいいでしょう。
一度、風俗嬢の高給待遇を覚えてしまうと、昼職の月収20万くらいでは満足できないでしょう。

お金給料と言えば、風俗嬢の給料は即日支払われることも魅力的です。
一般的な月給や週給が面倒に思う人もいるでしょう。
稼動した分だけすぐに手元に入るということが、散財に繋がりがちです。
また、風俗嬢の人間関係は気が楽な場合が多いです。
何よりも上下関係が希薄という独特な職場です。
少なくとも、一般の職場のように「上司がノルマを監督する」というようなことはありません。
お客さんとの関係も、個人のペースで接客できるので気持ちに余裕があります。
また、本来は長くいる業界ではなく人の入れ替わりが激しいので、同僚との関係も深入りする必要はないため気楽なものです。

風俗嬢をしていて一番怖いのは、金銭感覚の麻痺です。
風俗時代の高い生活水準を下げることができずに、借金、そして、返済のため風俗に出戻ると言うパターンは一定数確認できます。
狂った金銭感覚を正常にするのはとても困難です。

風俗嬢には資格を必要としないことが、出戻りの大きな要因となっています。
「稼げる業界に簡単に戻れる」となれば、人は簡単に流されます。
初期投資をはじめとしたコストがかからないのも大きいです。
最後に、飛んだ(=連絡なく勝手に辞めた)お店でも復帰しやすいことが、風俗業界の特徴です。
一度くらいの不義理は、また風俗嬢として働いてくれるなら見逃されます。
よくあることとして、あるいは最初からある程度は風俗嬢に飛ばれることを織り込み済みだからです。

風俗業界は年齢に比例して稼ぎづらくなっていきます。
その前にきっちり稼いで、セカンドキャリアの生き方を計画しておくことが必要です。
風俗嬢として、お金を稼いでおくことは悪くないです。
お金や居心地に囚われて、次のステップに進めないことが問題です。
戻ったらおしまい」くらいの気持ちで卒業しましょう。

しっかり貯金をして上がりましょう

貯金貯金しないまま上がってしまうと、出戻りの確率が上がってしまいます。
昼職に就けば、間違いなく風俗時代より収入は減ります。
不意の出費や自由になるお金の少なさから、「簡単に稼げる」風俗に戻ってしまいがちです。
繰り返しになりますが、「戻ったらおしまい」という想いが必要です。
最悪、だらだらと風俗嬢と昼職の出戻りループを続けることになります。

まとまったお金さえあれば、多少のイレギュラーや、見込み違いが発生しても昼職と生活を維持できます。
お金を持たないまま昼職に就くことは自殺行為です。
一発で確実に上がるためには、まず計画を立てましょう。
いくら貯めて昼職に就くのか。
あるいは、いくつまでに風俗業界を上がるのか。
そのために月にいくら貯めるのが最適なペースなのかを考えます。

目標金額を設定し、だらだらと続けず「スパッ」と辞めるべきでしょう。
500万の次は1,000万などと考えないほうがいいでしょう。
「稼ぎたいと思うだけ稼げる」と勘違いしてしまうと、上がりが遠のきます。
実際に稼げる金額なら目標金額に設定してもいいですが、無理のある金額を目指すのは辞めましょう。
抜け出せない風俗嬢の考え方です。

冒頭でも触れましたが、年齢とともに稼ぎ続けるのは厳しくなっていきます。
さらに、昼職の就職も若い方が有利です。
欲に目が眩み、上がるタイミングを逃すことにならないようにしてください。
手元に確実に貯金を作って昼職のセカンドキャリアを築いていきましょう。
仮に借金の返済が必要で風俗嬢をしていた場合も、返済終了後の生活のためにまとまった金額を用意することが出戻りしないあがり方の第一歩です。

金銭感覚のリハビリをしましょう

風俗嬢の金銭感覚は狂いがちです。
風俗業界を上がるまでにリハビリが必要かもしれません。
金銭感覚を今後の昼職の生活水準に合わせておくことが、出戻りしない上がり方に繋がります。
昼職の給料は風俗時代と少ないことが多いです。
風俗嬢で稼いでいた頃と比べ、自由にお金を使えずに不満を覚えることもあるでしょう。
そこで我慢できずに後先を考えないお金の使い方をしてしまうと、風俗業界へ出戻り一直線です。
金銭感覚と生活水準を一般に近づけなければ、本当の意味では風俗業界から抜け出せないと言えます。

風俗は稼動すればするほど、お金がその日のうちに手元に入ってきます。
昼職にあまり興味を持たずに働いていると、生活水準はどんどん上がっていきます。
衣服にはじめ、住居のグレードなどはすぐ上げてしまいがちです。
一般的な職業についている人も、何らかの事情で生活水準を落とそうとするときは、金銭感覚の是正に苦労します。
風俗というお金の流れが激しい業界で働いていたらなおさらです。
上に述べたように上がるための貯金目標金額を決め、節約することがまず必要です。

また、昼職に就いたあとに金銭感覚を是正するのではなく、その前、まとまった収入がある風俗嬢のときからリハビリを始めましょう。
徐々に生活水準をスケールダウン(一般的な水準へ是正)させていけばいいのです。
こちらもいきなり無理な目標を設定すべきではありません。

出戻りしない上がり方

上昇 グラフ風俗嬢のキャリアに区切りをつけ、次の昼職などのキャリアをスタートさせるためには、目標を決めて貯金することと、金銭感覚のリハビリが必要です。
貯金を作らず、なんとなく昼職へ就いて去っていく……。
これは風俗業界から抜け出せないあがり方です。
このパターンで出戻りしてしまう風俗嬢がたくさんいます。
貯金をしっかり作り、次のステップのために活かしましょう。
仮に借金返済のために風俗嬢をやっていた人も。
まとまったお金を作ることをおすすめします。

また、これからの人生は金銭感覚や生活水準を昼職の給料に合わせることを、しっかりと考えてください。
人よりも貯金がある余裕を背景に昼職のお給料で暮らしましょう。
風俗業界は入ることに関しては懐が広いため、簡単に風俗嬢になれますし、戻れます。
ゆえに抜け出せない風俗嬢が見かけられます。
出戻りと上がりを繰り返したり、ずるずると風俗嬢を続けたりしがちです。
稼げるときに稼ぎ、お金を作ったらスパッとやめることが必要です。
目標金額があれば生活水準や金銭感覚も狂いにくいので、貯金と金銭感覚のリハビリは出戻りしない上がり方のために両立すべきです。
もう戻ってこないという気持ちで、風俗嬢から上がりましょう。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました