本指名を増やす近道は恋人接客!風俗嬢必見のテクニックとは?

本指名を増やすには「恋人接客」が絶対に近道です。
恋人接客とは読んで字のごとく、お客さんと恋人のような雰囲気で接することです。
風俗嬢にとっては必須テクニックになるかもしれません。
恋愛感情があるように振舞うのではなく、「恋人のような甘い雰囲気」をベースに接することを指します。
本指名を増やそうと思ったら、プレイ中以外にも擬似恋愛体験のような「おまけ要素」も必要になってきます。
お仕事感が強い風俗嬢よりも、まるで恋人との一時を与えてくれる風俗嬢のほうが人気あります。

お客さんに「また、会いたいな」と印象付ける接客こそ恋人接客の目指すところです。
しかし「恋人のように」と言っても、色々なテクニックがあります。
本文中ではこれらのテクニックについて説明していきます。
具合的には、

  1. 雰囲気作りは笑顔から始める
  2. キスを工夫してみる
  3. 目をみて会話する
  4. 恋人のような口調にする
  5. ボディタッチをさりげなく行う
  6. ギュッとするタイミングを計る
  7. 見送りのときに印象付ける

以上のテクニックについて述べていきます。

雰囲気作りは笑顔から!一緒にいることが嬉しいと伝えよう

笑顔 女性女の子が笑顔で接してくれることを、嫌がる男性はいません。
たとえ「フリ」であったとしても、お客さんは「嫌われてはいないな」と安心できます。
恋人のような雰囲気作りは、笑顔から始まります。
特に付き合い始めのころの、一番楽しい時期を意識しましょう。
会話中も笑顔で聞いてくれると、お客さんは嬉しいものです。
会話が苦手でもいい雰囲気を作っていけます。

お客さんに会った瞬間から笑顔で対応して、「あなたに会えて嬉しい」という雰囲気を作っていきましょう。
過剰な恋人演技をするよりも、まず笑顔を心がけることが大事です。
お客さんからの印象をプラスにする、なによりのテクニックと言えます。

キスをしよう!口以外もおすすめ

恋人ならキスをしますよね。
甘い空間には必要不可欠とお客さんは考えます。
しかし、「行為はいいけど、キスはちょっと……」という風俗嬢がいるのも分かります。

口にキスが苦手でも、工夫したキスでいい印象を与えられます。
他の人があまりしないような、おでこやまぶたへのキスはどうでしょう。
あるいは、背中側なら首筋や肩とかへのキスです。
キスをするタイミングも工夫できます。
例えば、シャワー中のキスは予想外でしょう。

口にキスをすることに抵抗がない人は、軽く触れるようなキスも使ってみてください。
口へのキスが苦手な人でも、会った瞬間と見送るときは極めて効果が高いので、考えてみてください。
擬似恋愛体験はキスがなければ片手落ちです。
常に意識しましょう。

お客さんの目を見て会話しよう

目目を見て会話することは、親しさや、距離の近さの表れです。
目を見て「会えて嬉しい」と伝えたら、お客さんの印象は完璧なものに近づくでしょう。
お客さんの目を見ないで会話をする風俗嬢もいますが、好印象は得られません。
お客さんの方から見れば、会話中に目を合わせていると「ドキッ」と照れたりするかもしれません。
あまり食い入るように見ては逆効果ですが、「ドキッ」とさせる程度なら好感を与えます。

風俗に来るお客さんの中には、愚痴を聞いてもらいたい人もいます。
そのため、聞き上手のほうが印象はいいです。
笑顔で親身に話を聞いてくれたら、次も指名したいと考えるのは自然のことです。
この時も不自然にならない程度に、相手の目や顔を見つめていると好印象です。

ただし、お客さんは前提として性的サービスを受けに来ています。
たとえ、どれだけ恋人らしい会話ができても、会話を長引かせすぎてはいけません。
お客さんの心の動きを読んで、タイミングを計ってあげましょう。

恋人っぽい口調で話そう

お客さんと風俗嬢の仕事としての関係を前面に出した口調よりも、恋人のような対等に近い口調がおすすめです。
礼儀正しいプロフェッショナルな風俗嬢を望むお客さんもいるとは思いますが、今のトレンドはより気さくな接客となっています。
他人行儀な言葉遣い、特にきっちりとした敬語は恋人接客には馴染みません。
バイト仲間同士で使うような砕け気味な敬語や、完全に気安い言葉遣いが望まれます。
お仕事を感じさせないようにし、距離の近さを印象付けましょう。

ボディタッチはさりげなさ重視

常にお客さんとさりげなく触れている状態にいましょう。
手を軽く重ねられつつ、会話に相槌を打たれると、お客さんは当然いい気分になります。
もちろん、あまりにもわざとらしい触れ方は、いかにも「接客」という印象を与えてしまいます。
欲しているのは恋人らしさです。
自然に触れあえる距離にいる」ことや、「自然に触れあえる関係」を演出しましょう。
逆にお客さんが距離をつめてきたときに、引いてしまわないようにしましょう。
思わず離れてしまうと、せっかく作ってきた甘い雰囲気が壊れてしまいます。

また、ボディタッチとは少し違いますが、部屋への移動やシャワーへの移動の際には、手を重ねることを忘れないようにしましょう。
女の子からさりげなく手を取ってくれると、お客さんは嬉しく思うでしょう。

ギュッとすることは必殺技と考える

ボディタッチをさりげなく行った以上は、「ギュッ」と抱きつくことは特別な行為になります。
身体的にも感情的にも、お互いの距離が近づいたという印象を与えるためのテクニックです。
後ろから「ギュッ」とされたら、「彼女のほうから大胆に動いてくれた」、「自分のために抱きついてくれた」と思うことでしょう。
シャワー中などは思いがけないタイミングなので、不意打ちチャンスにしやすいです。

会話につまりやすい瞬間にも効果的かもしれません。
会話がなくても「ギュッ」と抱きつかれて、「安心する」とか「落ちつく」とか言われたら悪い気はしません。
女性から距離をつめる行動をしてくれることは、お客さんにとっては嬉しいものです。

見送りのときも恋人らしくしよう

恋愛プレイ終了後や見送るときに敬語に戻さないでください。
甘い雰囲気が壊れます。
最後まで擬似恋人と過ごす時間を演出しましょう。
また、あくまでも重要なのは恋人らしさです。
恋人はお辞儀をするような関係ではありません。
見送りのときは特に、お客さんと風俗嬢の関係に戻りやすいです。
最後まで恋人っぽく分かれましょう。
丁寧に深くお辞儀をするよりも「また、会いたい」と言葉で伝えたほうが効果的です。
ここで、「ギュッ」とするのも効果的です。

恋人接客は愛想の良さが最重要

これまでみてきた恋人接客は、どのテクニックもお客さんに愛想良くすることが基本になっています。
愛想がいい態度を取られて、照れることはあれ、不快に思うお客さんはいません。
基本は笑顔を絶やさないことです。
「あなたと一緒にいることが楽しい」と雰囲気で伝えます。
さらに、プレイ中以外のボディタッチやキスというおまけで、恋人同士のような甘い空間や雰囲気を作りましょう。

ただし、あくまでもお客さんが求めているのは、性的サービスであることを忘れてはいけません。
時間稼ぎのように思われないよう注意しなければなりません。
恋人接客はプレイ中以外のおまけと考えてください。
付加価値で指名の割合を上げようというのが、本来の目的です。

最後になりますが、重要な注意点です。
恋人接客の有用性をお伝えしてきましたが、あくまでも接客の範囲です。
「恋人に会っている気分だ」と思われることは狙いですが、「恋人になってくれ」と言われることは違います。
勘違いしたお客さんにはしっかりと対応しましょう。
へんな要求に応えるとトラブルへ発展してしまうこともあります。
お客さんとの距離は必ず置くようにし、自分だけでどうにもならなければ周囲に助けを求めましょう。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました