ピンサロではお客さんのアレをおしぼりで拭くだけでサービスする

ピンサロ
2905102 / Pixabay

ピンサロの具体的な仕事内容は?

ピンサロとはピンクサロンの略称のことです。
風俗業界未経験の方にとっては一見サロンと聞くとオシャレなイメージを持ってしまうかもしれません。
しかし、実際は薄暗い店内でボックス席、もしくは薄い仕切り一枚の席が並んでおり、
その中で接客を行うことになります。
ピンサロでは突然性的なサービスをわけではなく、アルコールやソフトドリンクを提供しながらサービスを行ないます。
また、個室ではないので何かを強要されるリスクもすくないこと、お客さんの回転率が非常に早いため、効率よく稼げるというのがメリットになります。

お客さんは来店した際に黒服に指名の子がいるかどうか確認されます。
指名がない場合も好みのタイプ(巨乳やスレンダーなど)があれば、近しいキャストをつけることになります。
そしてお客さんnが席に案内されたらキャストが席につき、挨拶をしながらお酒を飲んだり会話を楽しみます。
その後お客さんとキスをしたりと本格的な接客に入ります。
お客さんのアレをおしぼりで拭き、手コキとフェラが始まります。
最終的には口に出してもらいサービス終了です。
以上が一通りの接客の流れになります。

オナクラ・ヘルス・ピンサロの違い

質問実際に仕事をしないと、オナクラ、ヘルス、ピンサロって何が違うのかわかりませんよね?
ここではそれぞれの仕事を説明していきます。
まずはオナクラです。
オナニークラブの略称で、お客さんのオナニーを見てあげる、というのが仕事内容です。
一般的な風俗業界とは異なる、特殊なサービスですね。
触られることも性的なサービスを要求されることも、もちろん本番を強要されることもありません。
ただ、お客さんのオナニーを見れば良いのです。

オプションで「つばを垂らす」「割り箸で挟む」などニッチなサービスを提供する店舗もありますが、基本的にお客さんのアレを触ることはありません。
また、女の子がサービス提供をするわけではないので価格も安く、リピート率が高いのも特徴です。
ただし、客単価が安いということは女の子がもらえる給与も低いということになりますし、見てるだけでお金がもらるということは、容姿もそれなりに重視されるので入店までのハードルは高いかもしれません。

次にヘルスです。
ヘルスと一言で言っても種類は多く、店舗があって店内でサービスするケース、ホテルなど指定した場所に女の子を呼ぶデリヘル(デリバリーヘルス)などがあります。
いずれにしても、本番はしないのがヘルスになります。
サービス内容は手コキ、フェラはもちろん、素股や全身リップなどがあり、オプションでバイブやローターを使用するケースもあります。
店舗によってはアナルを舐めるオプションがある場合もあるので入店前にチェックは必須ですね。
本番はないものの、個室であるケースが多い、全身を舐めたりおもちゃを使用するケースがあるのでピンサロよりハードルは高いと言えそうです。

病気が心配…清潔な職種はどれ?

ウイルスオナクラはお客さんのオナニーを見るだけなので、もちろん不潔で病気になる可能性はありません。
そして、ピンサロもサービス前にシャワーを浴びたり、しっかりお客さんの体を洗ったあとでサービスがはじまるので、ある程度病気は避けられそうです。
そんな中で、ピンサロはおしぼりでお客さんのアレを拭くだけでサービスしなければいけないので一番病気のリスクが高いと言えます。
コンドーム着用必須のお店もあれば、そうでないお店もあるのでこちらも入店前に必ず確認しておくべきでしょう。
夏の暑い日に汗だくのお客さんが来店しておしぼりで拭くだけでサービスを始めるなんて耐えられないですよね。

そして性病を持っているお客さんのアレをおしぼりで拭くだけで口に含むなんてもってのほかです。
フェラをすることで性病に感染するリスクは男女ともにあります。
女性は咽頭淋病、咽頭クラミジア、咽頭梅毒が主な病気です。
男性は淋病、クラミジア、ヘルペスです。
お互い性病を避けるためにもコンドームの着用は絶対にしたいものです。
これらのリスクを考えると、オナクラ、ヘルス、ピンサロの順に性病のリスクが高く、清潔な接客からはかけ離れていくのではないでしょうか。

ピンサロでキツイことってなに?

実際にピンサロで働く場合にキツイことって何でしょうか?
もちろん個人差はありますが風俗業界でもピンサロはキツイという声がよく上がっているようです。
やっぱり、おしぼりで拭くだけでサービスをしなければいけないことが一番キツイことのようですね。

また、回転率が良いため、お店がこんでいれば、出勤中はずっとフェラをしていなければならないですし、自分の体も触られることになります。
回転率が高い割に時給がキャバクラと変わらないお店もあるようなので、割に合わない、体力的にしんどいと感じる女の子も少なくありません。
「だったらソープのほうがいい」「キャバクラのほうがいい」と、ピンサロで働いてから別のお店に移るケースもあるようです。
また、お客さんにとっても利用しやすい価格帯のため、客層が悪いお店もあり、本番強要されることもゼロではありません。
入店した女の子の入れ替わりも激しいお店が多いので、コンドームの着用、客層、女の子の定着率もリサーチして入店するのがおすすめです。

ピンサロって安いっていうけど料金の相場はいくら?

お金ピンサロは安い、悪質、不潔などのイメージが先行しており、ネットでもそのようなワードを多く見かけます。
では実際に料金の相場はいくらくらいで、女の子はどれくらい稼げるのでしょうか?
料金については地域によっても大きく差がありますが、東京都内の場合は6,000円~9,000円程度が平均相場のようです。
そして女の子の時給ですが、2,500円~4,000円程度が相場のようです。

もちろんこれより低いお店も高いお店もあり、あくまでも平均相場ですが、都内近郊のキャバクラと時給がそんなに変わらない印象を受けますね。
お店によっては本指名のバックやドリンクバックなどもあるため、指名が増えれば増えるほどバックされる金額や、時給アップが見込めそうです。
ただ、営業時間が長くなく、指名もそんなに取れない場合は月給で考えると昼間働くOLとさほど収入は変わらないかもしれませんね。
本業というよりは副業に適しているのではないでしょうか。

リスクと効率を天秤にかける

何度も記述していますが、ピンサロはアレをおしぼりで拭くだけでサービスをします。
お客さんを選ぶことももちろんできません。
性病のリスクもあります。
すべての店舗がコンドーム着用ではありません。
時給の相場も風俗の中では決して高いとは言えません。
ただし、お客さんの回転が早い分、いろんなお客さんに出会える機会も多いので
頑張り次第で指名を取れる可能性も高くなります。

ドリンクバックや指名バック、結果に応じて時給アップをしてくれるお店を選べば効率よく稼げる職業ではないでしょうか。
せっかく効率よく稼いでも性病に感染して治療費のためにお給料が飛んでしまっては元も子もありません。
効率よく稼ぐということは、自分自身の体を守るということにもなりますので、コンドーム着用の有無、頑張りに応じた給与体系など確認してから良いお店に入店してほしいと思います。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

ピンサロ
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました