出稼ぎに行く際は本番が当たり前の地域があるので注意が必要

風俗全般
hpgruesen / Pixabay

どこにでもある本番強要

ヘルスで働いたことのある人は誰でも本番を強要されたことがあるのではないでしょか?
お客さんと密室で性的なサービスをするのでよく聞く話です。
しかし、通常のお店では本番行為を禁止しているので、女の子が断ればそれで済む話です。
デリヘルを利用する上で「本番行為NG」とうたっているお店がほとんどです。
本番はNGとお客さんもわかっているにも関わらずなぜ本番行為の強要はなくならないのでしょうか?
それは、実際に本番行為をしてしまうデリヘル嬢の存在があるからです。
真面目に働いている人には非常に迷惑な話ですが、様々な理由で本番行為をしています。
その理由はなんでしょうか?
指名客を取りたいがためにお店に内緒で本番行為をする、お店を通さずに個人的にお金が欲しいから本番行為をする、顔がタイプだから本番行為をする、なかなかイってくれず顎が疲れるので本番行為で早く済ませたい、顔がタイプだった、など様々な理由があります。
これらは全てデリヘル嬢本人の意思ですが、中にはヘルスであるにも関わらず、本番行為が当たり前のお店があるのです。

本番が当たり前のお店の見分け方

虫眼鏡本番行為をしたくないからヘルスにしているにも関わらず、本番をさせられては意味がありません。
ではどのようなお店に行くと本番をさせられてしまうのでしょうか?
ここでは注意点と見分け方をご紹介します。
まず一つ目は出稼ぎ先のヘルスの周辺にソープがあるかどうか、です。
ソープがない場合、ヘルスでもお客さんに本番をさせられることがあります。
それはお店も容認の上なので断りにくくなってしまいます。
お店の人も本番があるということを面接時にさらっと伝えて終わりにするケースが多いので注意しましょう。
そして、ソープが周辺にないという状況は田舎に行けば行くほど起こり得ることです。
地方でも、名古屋や福岡、札幌の繁華街では可能性が低いですが、繁華街ではない地域でヘルスをする場合は条件などをしっかりと確認しましょう。
次に、募集条件がやたらと良いことです。
バックが高い、時給もしくは日給が高すぎるという場合は本番がある可能性が考えられるので、こちらも条件にばかり食いついてしまうと騙されてしまうので事前に条件を確認したり、地方なのに条件が良すぎるお店は避けることが賢明です。
高級店でもないのに給与が高い場合は本番のお金が含まれている可能性がありますし、お客さんも本番交渉をせずに本番行為ができるので人気店となっています。

地域ごとに決まりや風習があるためオススメは大手チェーン

Ok前項で本番ありのお店の特徴を紹介しましたが、地域ごとに決まりや風習があるため、自分がどのエリアで働くのかしっかりと考えることが大切です。
バレたくない、まとめて稼ぎたいという理由から好条件に食いついてしまったり、できるだけ知人がこなそうな田舎ばかり選んでしまうと働いてからのギャップについていけず、途中で戻ってきてしまうことにもなりかねません。
不安な場合は働くことを検討しているエリアの風俗店の数や風習を事前に調べておきましょう。
一番安心なのは大手のグループ店で地方にもお店を持っているところではないでしょうか。
大手である分、あまりに違う条件で働かせることができない、お店のイメージを壊せないなど、お店側が気を使うこともあるからです。
個人経営のお店に行ってしまうと内情がわからないですし、地方になればなるほど、その土地の情報は収集しにくいものです。
その点からも大手のグループ店は地域によってサービス内容が大きく異なることもないので安心と言えるでしょう。
また、地方で本番があるか不安な場合は、大手の他に箱型のヘルスで働くこともオススメです。
ホテルに出向いて相手をするよりも、店員が常駐しているは有店舗型のヘルスにすることで不安も少しは解消されるのではないでしょうか。
全国にチェーンを持っているお店と合わせて探してみるのも一つの手段です。
出稼ぎに行ってしまってから条件が合わず戻ってくることのないように、ネットの募集条件などを鵜呑みにせず、電話などでしっかりと確認を取りましょう。

友達との応募で不安を減らす

ヘルスは人に知られたくないという人も多いですが、中には友達同士で面接するケースもあります。
出稼ぎで知らない土地にいくのであれば尚更一人では不安なことも多いと思います。
しかし、友達と一緒に行くことでお店の雰囲気や条件面の交渉も心強くなりますし、仕事が終わったあとに観光するなど、楽しい思い出も作ることができます。
また、地方に出稼ぎに行く場合に宿泊する場所はホテルの個室でないこともあり、一軒家のような場所で出稼ぎにきている女の子達が共同生活を送ることもあります。
その場合、短期間とは言え人間関係がうまくいかずに出稼ぎを途中でやめて戻ってくる人も少なくありません。
人間関係の面でも友達と一緒に行くことで仲間ができ、ストレスや辞めるリスクは軽減されるでしょう。
ただし、友達と同時に応募する場合の注意点もあります。
次にその注意事項を記述します。

友達と一緒に応募することの注意点

注意 マーク前提として、友達と一緒に応募しても必ずしも二人とも採用されるとは限りません。
容姿も雰囲気も何もかも同じではないので、当然のことです。
また、二人ともお店の雰囲気にマッチするかどうかももちろんお店によって判断が異なります。
仮に二人とも採用された場合も同じ金額の保証が出るとは限らないので注意しましょう。
どちらも申し分のない容姿であれば別ですが、友達のどちらかがポッチャリしている、容姿が劣るという場合は同じ金額で働くことは難しいです。
その場合は一旦二人とも不採用にした上で後日、採用する一人にだけ連絡することがほとんどです。
保証の金額を同じにすることでお店側も採用しにくくなりますので、容姿があまりにも違う友達とは応募しないのが無難です。

出稼ぎに行く時は電話で確認するのが一番

地方に出稼ぎに行く場合、知らない土地で一人で頑張ることは非常に大変なことです。
特に短期間で集中して働くため、体力的にもかなりハードな仕事になります。
そんな中で条件と違うことをさせられたり、交通費をかけていったのに戻ってくることになるなんて割に合いません。
そうならないためには、事前にお店に諸条件を必ず電話で確認してから行きましょう。
そして、ソープが近隣にないような地方のヘルスにはいかない、あまりに高待遇な条件のところは本番があるかもしれないと警戒する、この2つは最低限守ったほうが良さそうです。
それでも不安な場合は一緒に働ける友達と応募してみるのも一つの方法ですが、容姿が違う友人同士で同条件の保証を希望した場合、二人とも採用されなくなる可能性があることも理解しておきましょう。
せっかく地方まで出稼ぎに行くのですからトラブルなく、出稼ぎ期間を終えてしっかり稼ぎたいですよね。
注意点を参考にして頂き、お店とのトラブルなく出稼ぎで働いて欲しいと思います。
悪徳な店舗は複数あるため、そういった店舗の犠牲にならずに働きたいものです。
ただし、いくら優良店に勤められたとしても、出稼ぎ先で勤怠が悪い、素行や態度が悪い場合はクビになる可能性も充分にありますのでせっかく地方までいくのであれば、自分の働き方にも注意しましょう。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました